その他のニュース

青島知紀の顔画像は?甲府警察署の居眠り警察官は誰?取調中に脱走!その原因は?

驚きの出来事が発生していました。

山梨県甲府市にある甲府警察署で6月20日に容疑者の男が逃走する事件が発生していたことが判明し、大きな波紋を呼んでいます。

当時、どのような状況にあったのか?

今回はこの出来事について調べてみました。

スポンサーリンク


甲府警察署から取り調べ中の容疑者が逃走!

この事件があったのは、2020年6月20日(土)の午後1時ごろのこと。

甲府警察署で、タクシーを無賃乗車して現行犯逮捕された青島知紀 容疑者(45)が、警察署で取り調べを受けていた際にその事件はおきました。

当時、青島容疑者は取調室の中で昼食を食べていたとされていますが、その際に監視をしていたとされる警察官が居眠りをしていたようで、そのすきに取調室から脱走しました。

青島容疑者はおよそ20分後に、甲府警察署からおよそ100メートル離れた甲府市役所のトイレで、身柄を確保されています。

青島知紀は愉快犯?

逮捕された青島容疑者は、当日午前4時半ごろに甲府市のJR甲府駅北口で、料金を払うつもりもないのにタクシーに乗車。

最初に「北杜市の方へ行ってください」と伝えた後「北病院に行ってください」「県立中央病院に行ってください」などと行き先を変えつつタクシーで走り回り、最後は「甲府署に」と指定して午前6時45分ごろに警察署までタクシーを走らせました。

到着後、代金約2万2000円を支払わないため、タクシーの運転手が警察署に到着した後、被害を直接申告し、詐欺容疑で現行犯逮捕となりました。

青島容疑者はタクシー料金を支払うための金銭を持っていなかったと思われ、市内を無駄に走り回らせたのは完全に愉快犯であったと思われます。

スポンサーリンク

脱走の原因は警察官の居眠り?

今回の原因は居眠りで監視の目がなくなった隙に起きたものであるとされています。

その状況から監視は一人で行われていたと思われますが、勤務疲れなどがあったのでしょうか。

地方の警察署など人手不足の場所は超過勤務などが増えているといった情報もありますが、そうした背景も関係しているのかもしれません。

ただ、犯人の逃走によってより凶悪な犯行につながることもありそこは責任を持った対応が必要です。

取調室にカギをかけるなどするだけでも、十分な抑止にはなると思うのですが気が抜けていたのでしょうか。

※追加情報※通常は扉を施錠しているが、当時は鍵がかかっていなかったようです。

スポンサーリンク




容疑者脱走の甲府警察署と確保の場所はどこ?

甲府警察署と甲府市役所は道路を挟んですぐ目の前にあります。

遠くまで逃げずに目の前の市役所に逃げ込んだのは灯台下暗しを狙ったのでしょうか?

何にしても別の犯罪を犯す前に逮捕できたことは幸いです。

スポンサーリンク




青島知紀の顔画像や情報は?

青島容疑者に関する情報として、顔画像などは現在のところ公開されておらず、SNSなども行っていなかった可能性が高いです。

ただ、今回の犯行は愉快犯的なものである可能性があり、再犯などの可能性を考えると画像の公開をして周囲への注意喚起が必要と思われます。

名前:青島 知紀(あおしま とものり)
年齢:45歳
職業:無職
住所:不定

▼罪状:詐欺(無賃乗車)

またしても無職の人物による犯行、、その行動からは逮捕されるために犯罪を犯したと思われますが、しかしそうであれば脱走をした意図が不明で、罪を重ねるために脱走をしたのでしょうか?

どちらにしても迷惑な行為であり、こうした逮捕されたいがために犯罪を犯す人物が増えており、治安の悪化などが懸念されます。

スポンサーリンク




甲府警察署から取り調べ中の容疑者が逃走!

警察官の方は十分休息が取れているのか?逃走のニュースを聞いたときは心配したが勤務状況も気になった。市民を守るならまず体調管理もしっかりと。

監視がなくても逃走が出来ないようにしとくべきなんじゃない?で、その上で監視する人間がいないといつまでも警察からの逃走は無くならないと思う。

監視役の警察官1人の問題として片付けるのではなく、もし監視役の警察官が急病等で意識を失ったとしても犯人に逃げられない2重3重の体制を構築し、再発防止して欲しい。

タイムカードもなく、ろくに休憩も取らせないから無理がかかってるんじゃないの?公務員は構造的にオペレーションに問題がある。
民間には30分オーバーでも超過勤務出せと騒いでる、労務局は自身の職員管理は出来てるの?

夜中に逮捕する案件があったりすると、書類作成なんかでほぼ完徹状態になるらしい。
そのあと朝から本格的に取り調べをする時に、そのまま完徹の非番勤務員が監視役で立ち会わされることも多々あると聞いています。
逃げられるのは勿論ダメだけど、こんな過酷な勤務状態をそもままにしておいていいのかとも思う。

~こちらも読まれています~
×