その他のニュース

脱走再び!大井競馬場の馬の名前はサルダーナ号、場所はどこ?運河遊泳中の目撃証言多数!

東京の大井競馬場から馬が逃げ出し、近くの運河を泳いでいる姿が目撃され話題となっています。

大井競馬場では先日も馬が脱走をしたばかりであり、立て続けの脱走劇に注目が集まっています。

今回は、この脱走事件について調べてみました。

スポンサーリンク


大井競馬場から競走馬が脱走!運河を遊泳

事件があったのは2020年6月20日(土)の午前8時10分ごろのこと、東京都品川区にある大井競馬場から馬が逃げ出す騒動がありました。

近くの運河を馬が泳いでいる姿が目撃されており、その姿がSNSなどで拡散され多くの人がその姿を目撃していたようです。

事件発生から約20分後、馬は対岸まで泳いだところを関係者が捕獲しており、この騒動による怪我人はいないものの、馬はケガをしているとのことで治療中といった情報が入っています。

スポンサーリンク

大井競馬場脱走の馬の名前は?サルダーナ

今回、大井競馬場から脱走したのは競走馬である「サルダーナ」号であるようです。

体重約480キロにもなる巨体ですが、脱走の原因は何かに驚いて厩舎に隣接する防潮堤を跳び越えて、そのまま運河に入ったとされています。

スポンサーリンク




ネットでは大井競馬場の管理体制に疑問の声

中央競馬には「プール調教」というのもあって基本的には馬は泳げるのは知っているけどねえ。(但しカナヅチもいるらしい)しかし、大井競馬場の管理体制は大丈夫か?

馬も余程暑かったのか、何故立て続けて脱走騒ぎになるのか不思議。今迄と馬の管理体制が変わったのですかね。馬も疾走して人にぶつかったりすれば危険ですからね、管理体制を厳重にして欲しいですね。

笠松は脱走した馬が交通事故を起こしたから開催自粛したけど今回は自粛の必要無さそうだね。ただ、保守点検は必要。続けて2件も脱走事故を起こすなんて許されない。

馬は悪くないです!大井競馬場の管理体制です!馬もなにかあれば被害者です。しっかりしてください!!

泳いじゃったか。馬だって、人間を乗せてケツを叩かれ走らされるだけではストレスがたまると思う。偶には囲いの外に出て泳ぎたくなることもあるでしょうね。

この前も脱走騒ぎがあり、交通事故になっていた。大井競馬場の管理体制に問題があるのは明白です。

~こちらも読まれています~