その他のニュース

コルク狩り!バイク用ヘルメット強奪の少年は誰?名前や画像は?暴走族・ヤンキーご用達コルク半とは何?

神奈川県で、男性を脅してバイク用のヘルメットを奪ったとして、高校3年生の少年(18)とアルバイトの少年(17)が恐喝の疑いで逮捕されたことが判明しました。

この事件はヘルメット強奪事件として大きな話題となり、多くの人達に注目されています。

少年達はなぜそのような愚かな行為をしたのか?今回はこの事件について調べてみます。

スポンサーリンク


神奈川県川崎市高津区でヘルメット恐喝事件

事件が起きたのは2020年5月17日の午後9時すぎのこと。

高津区内の路上で会社員男性(22)が、少年らから因縁をつけられて、バイクのヘルメットを奪われました。

この事件で逮捕されたのは、川崎市高津区に住む高校3年生の少年(18)と川崎市多摩区に住むアルバイトの少年(17)の2名。

逮捕後の供述では「譲ってもらっただけ」と容疑を否認しているとされています。

スポンサーリンク

バイクのヘルメットを強奪した理由は?コルク半とは?

少年らが奪ったヘルメットは、「コルク半」「半キャップ」などと呼ばれるヘルメットで、内側の緩衝材がコルクで出来ていることに由来するものであり、価格も1万円以上するものが多いようです。

都内では2019年にも少年らが「コルク半」を奪い取って暴行を加える「コルク狩り」と呼ばれる事件が相次いで起きており問題視されています。

このコルク半と呼ばれるヘルメットは、80年代の暴走族などが好んでかぶっていたようで、それらが現在にも受け継がれており、自分達以外のものがかぶっているのが許せないといった主張をしているようです。

▼逮捕の少年の主張

「この辺の地域をコルク半で走るのに、毎月3千円を上納しなきゃいけない」
「自分たちも(3千円を)払っているので、そのルールを守らせたかった」

▼捜査関係者のコメント

「(コルク半は)昔から暴走族のステータス。地元の若者同士のルールなのではないか」

スポンサーリンク




ヘルメット強盗の少年の名前や顔画像は?

逮捕された2人の少年ですが、名前や顔画像などは判明していないようです。

未成年のため少年法などで非公開となっているようですが、また出てきても同様の犯罪を犯す可能性は高く、こうした犯罪が減らない背景には処罰の甘さが指摘されているため、さらに厳しい罰則が必要と思われます。

名前:不明
年齢:18歳
職業:高校3年生
住所:川崎市高津区

名前:不明
年齢:17歳
職業:アルバイト
住所:川崎市多摩区

▼罪状:恐喝
10年以下の懲役に処する

スポンサーリンク




コルク半強盗事件にネットの反応は?

>そのルールを守らせたかった
暴走族とかヤンキーって親や教師のルールには反抗するのに、なぜ先輩ヤンキーのルールには従順なんだろ?自由になりたいのにより不自由な道に進んでいる。

上納した3千円がどこに行っているのか書かれていないが、反社会勢力に行っている可能性が高い、この辺りを追求してほしい。

警察の出番です。取り返しがつかなくなる前に、捕まえてあげて下さい。矯正施設でみっちり鍛えてあげてください。これから先の人生がながいので、心を入れ替えてください。

全く意味がわからないルールだ。記事ではサラッと流しているが、上納だって実質恐喝でしょう。警察も、いずれはしっかり取り締まるんでしょうね。

意味不明なルールを少年のような気持ちで信じ込み、間違ったことがかっこいいと自己満足に浸り、、、。考え方を改めさすには相当な期間と労力必要。はたしてそこに価値があるのか。

上納金が反社会勢力に流れているのでは?元締めを徹底的に調べましょう!

~こちらも読まれています~