冠婚葬祭

葬式を欠席する際の正しい断り方とは?状況別の対応とマナー

冠婚葬祭は誰もが必ず一度は出ることになるもの。

しかし、結婚式などや事前にわかっているものとは違い、突然の訃報を受けて葬儀の日程を確認すると、他の予定が入ってしまっていたりと都合が合わなくて困ってしまう場合もあると思います。

それが通夜であれば参列はできなくても「告別式」への参列が可能であれば良いですが、告別式に参列できないとなるとお断りをするしかなくなりますが、その際にどのようにお断りをいれればよいのか?と悩んでしまうのではないでしょうか。

今回、葬儀に関するお断わりの仕方について調べてみました。

用件が重複した際の優先順位は?

冠婚葬祭においては、基本的に「慶事」である結婚式よりも「弔事」である葬儀が優先されます。

この理由としては、結婚式はその際に出ることがかなわなくても、その方には今後も会うことが可能ですし、後で埋め合わせをすることができますが、葬儀というのはどのような人でも一生に一度きりのものです。

そのため、故人に別れを告げる最後の機会として、慶事より弔事が優先されるというのが一般的な見解になります。

 

ただし、上記はあくまで故人との関係が親密であった場合に適用されるものです。

そのため、重なった用件の重要性によってはそちらを優先することもやむなしです。

例えばあまり親交のなかった知人であったり、地方であれば近隣に住んでいた方の葬儀へ参加するといったこともあると思いますが、そういった方の「弔事」と自分の身内の結婚式といった「慶事」が重なってしまった場合には、やはり身内を優先するのは仕方がないことだといえます。

そういった場合には欠席の旨を伝えて参加をお断りをしましょう。

注意点としては慶事を優先して欠席をする場合には慶事である事を理由にお断りを伝えるのはだめです。

スポンサーリンク


葬儀を欠席する際のお断りの伝え方

葬儀を欠席することが決まった場合のお断りの伝え方にもマナーがありますので、その方法を簡単にまとめていきます。

・なるべく早く連絡をする。
葬式に参列ができない場合は、できるだけ早くに欠席する旨を伝えるのがよいです。
これは、親族が出席する人数の想定をして準備を進めているためで、予想外の人数が参列するとその準備が必要となってしまうため、相手への気遣いも込めて早めにお伝えしておきましょう。

・可能であれば直接伝える。
欠席をの連絡をする際、親戚や友人、親しい知人のお葬式であれば電話やメールといった手段で直接の連絡をしましょう。
あまり親しくない方の葬儀である場合は、手紙や葉書などで連絡をするのでも問題はありません。
※届くまでに時間がかかるので早めの連絡を

状況別による参列と対応方法

その方の状況にもよりますが通常、結婚式は1日で終わるものが多いため、お通夜または告別式のどちらかに参加をするということは可能です。

結婚式や他の重要な用事と重なってしまったのが「お通夜」の場合は、翌日の告別式に参列をすれば失礼にはなりません。

逆に告別式と用事が重なってしまった場合には、お通夜に参列をするのもよいです。

ただ、近年は結婚式も葬儀も遠方の方のものに出るといったことが増えているため、移動の時間によっては参列が難しい場合もありますのでその場合はお断りの一報を早めに入れておきましょう。

お通夜は参列、告別式は欠席の場合

お通夜の参列に関しては注意点があります。

お通夜というのは「近しい人や身内のみで行いたい」
といった先方の希望があることもありますので、お通夜の参列に関しては事前に親族の方に確認を入れてから行きましょう。

確認先としては、訃報を受け際の連絡元か告別式を行う葬儀社に連絡をして、お通夜はいつ、どこで、何時から開始されるのかを確認しましょう。

連絡が取れた際には、
「あいにく諸事情により告別式に参列できませんので、お通夜には参列させていただきます。」
といったことを一言、挨拶として伝えておけば問題ありません。

※諸事情として理由の詳細を述べないのが重要です。

告別式は参列、お通夜は欠席の場合

告別式への参列が可能であればお通夜に出席できなくてもとくに挨拶などは必要ありません。

葬儀の重要度としてはお通夜よりも告別式のほうが重要視されるものですので、告別式に参列できる場合は問題ありません。

お通夜、告別式のどちらも欠席の場合

訃報を受けとった際にすでに参列ができないことがわかっていれば、その場でお断りを伝えましょう。

「申し訳ありません。当日はあいにく諸事情により参列できません」

訃報を受けた際にすでに判っているようであれば、その場で
「申し訳ありません。当日はあいにく諸事情により参列できません」と
一言添えた方が良いでしょう。

また、その方がとくに親しくしていた間柄の場合は、「通夜振る舞い」や「精進落とし」といった食事などの場が設けられている場合があるので、早めにお伝えしておくことで先方への負担を少なくすることができます。

▼お断りの際の参考文章

お忙しいところ恐れ入ります。〇〇です。

〇〇様のご逝去の知らせを伺いましてご連絡いたしました。

本来であればご焼香にお伺いすべきところ、やむを得ない事情がありお伺いできそうにありません。

心身共におつらいかとは思いますが、どうかお体を大切になさってください。

〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※こちらは一例の文章なので親しい間柄であれば、失礼にならない程度に少し口調を崩したりして伝えても問題ありません。

スポンサーリンク


香典、弔電、花輪を出す

葬儀への参列ができない場合に、「香典」や「お花」、「花輪」を出したり、弔電を打つという方法もあります。

特に親しい人であった場合には参列のお断りと一緒に「香典」を出しておきましょう。

また、後日に改めて故人の自宅を訪問し、仏壇等に手を合わせさせていただ場合には事前連絡をして伺う事がマナーですので気をつけましょう。

※玄関先でお悔みの言葉を述べ、香典を渡して親族の方から「入ってください」と促された場合のみ、お邪魔して手を合わせさせていただきます。

最後に

葬儀というものは予定できる物ではないため、突然の訃報で参列ができないといったことも仕方がありませんが、こうしたお断りの仕方ひとつで、先方にも失礼にはなりませんので社会人のマナーとして覚えておくと役立ってくれると思います。

×