×
MENU
自殺

【閲覧注意】阪急宝塚線の岡町駅で男子高校生(15)飛び込み自殺!名前や学校、防犯カメラに映像

岡町駅飛び込み自殺

11月12日の朝、大阪府豊中市中桜塚の阪急宝塚線、「岡町駅」で電車に男子高校生(15)が飛び込んで死亡しました。

人身事故の影響で、上下71本が運休。最大約1時間半の遅れが出て、約2万5千人に影響しました。

阪急宝塚線の岡町駅で飛び込み自殺

この事故がおきたのは、2022年11月12日(土)の午前7時半ごろのこと。

現場となったのは、大阪府豊中市中桜塚を走っている阪急宝塚線の「岡町駅」でした。

当時、宝塚発で大阪梅田行きの急行電車(8両編成、乗客約450人)に、駅のホームから線路で飛び込んだ男性が衝突しました。

電車にはねられた人物は、所持品などから市内に住む男子高校生(15)とされており、病院に搬送されるも死亡が確認されています。

参照:阪急岡町駅で人身事故 ホームに飛び込む男性と接触 2万5千人に影響

スポンサーリンク


岡町駅、飛び込み自殺の現場画像が衝撃

阪急宝塚線の岡町駅はどこか

岡町駅:大阪府豊中市中桜塚1丁目1

スポンサーリンク




死亡の男子高校生の名前や身元について

死亡した男子高校生について、名前や詳しい身元については公開がされていません。

こうした自殺の場合に関しては未成年など関係なく、名前などが公表されないままになることも多いです。

ただ、飛び込み自殺などを防ぐためには、きちんと公表をしてその背景や、その後にどうなったのか(賠償金など)を詳しく伝えるべきだとした声も出ています。

名前:不明
年齢:15歳
性別:男性
職業:高校生
学校:不明
死因:不明

高校生の飛び込み自殺にネットの意見は

逃げてもいいと言うけれど、実際逃げる場所ってあるのかな学校を休んだら、親に学校に行くよう言われるかもしれないし、休んでいいよって言う親でも、不登校を自身で申し訳なく思うかもしれない。いじめからは逃れられても、心苦しさからは逃れられなさそう。早急に、こどもシェルターを国が作ったらいい。家から離れることで、知人から離れて、雑音も気にせず、
心機一転やり直せる場を、ただ逃げてじゃなく、場所も提供してあげたい。少子化もあるけど、そもそもかけがえのない命。悩みに悩んで、痛みを知った彼らを失うのはあまりに惜しいです。

とても悲しい。。生きづらい時代になったのだと思います。まずスマホ、パソコンが人に入り込んだ。中年以降の世代は若い頃は携帯電話もなく、他人とのコミュニケーションの仕方が今とは全く別物だった。スマホは今更無くならない。今も1人で苦しんでいる若い子がいるかと思うと辛いです。私の出来ることは何なのか、、おばちゃんも考えながら生きるから周りの大人を信じてみて欲しい。

本日、子供の大学受験の日でした。第一志望です。充分な余裕を持って出たにも関わらず、間に合いませんでした。救済があるかどうかは後日連絡が来ます。亡くなられた方にはお気の毒と思います。が…。戦いもせずに不可抗力でチャンスを奪われた人もいるということを知ってほしいです。

会社の昇格面接と実技試験が予定されていました。とても時間に間に合わず、連絡を入れて後日に再実施ということで事無きを得ましたが、私のように人生がかかった予定がある人も他にいらっしゃったと思います。他人様の迷惑を考える余裕は無いのだろうとは思いますが、まったく関係の無い他人様の人生を狂わすことだってあることをわかっていただきたい。本当に迷惑です。

いい時代なのか…便利すぎて辛い時代なのか…SNSやネットが普及になり、良いことも、悪いことも、さまざまな事が瞬時に分かる。今の子供達は明らかにネット時代に生きてる。正直子供がどんな人と繋がってるか分からない。親に話せない、話したくないことも、呟けば誰かが反応する。どんな事があったのか分からないけど、自分から命を絶つことだけは思い留めてほしい。辛かったら逃げていいんだよ。

人身事故の件数というのは、どんな世の中になろうと一定数あるわけですが、問題となるのは件数の推移です。コロナ禍に入って以降、若年者の件数が顕著に増えているし、年齢層全体的にも増えている。世の中の生きにくさを感じる人たちが増えてることを表す指標のひとつではないかと思います。