×
事故

飯田未希子さん死亡、西山禎の顔画像経歴!岸和田市荒木町「和食さと」トラック突っ込む事故原因や会社名

飯田未希子さん

1月7日の午前、大阪府岸和田市にある飲食店にトラックが突っ込む事故があり、近くで自転車に乗っていた女性、飯田未希子さん(43)が巻き込まれて死亡しました。

トラックを運転していた運送会社員の西山禎 容疑者(58)が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕されています。

死者を出すに至った大事故はなぜ起きてしまったのか?

岸和田市荒木町の飲食店にトラックが突っ込む

この事故がおきたのは、2023年1月7日(土)の午前10時半ごろのこと、現場となったのは大阪府岸和田市荒木町にある飲食店で通行人からの通報から判明。

「トラックが店に突っ込んでいる」

当時、国道26号線を北東に進んでいたトラックが信号機に衝突し、信号待ちをしていた自転者に乗っていた女性、飯田未希子さん(43)が巻き込まれました。

飯田さんは当初、頭などを強く打って病院に搬送されていて、意識はあり命に別条はないとされていましたが、後に死亡しており、死因は出血性ショックとされています。

大阪府警はトラックを運転していた枚方市走谷2丁目に住む運送会社員の男、西山禎 容疑者(58)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で逮捕し、容疑を過失致死に切り替えて調べるとしています。

参照:「和食さと」にトラック突入、巻き込まれた女性死亡 運転の男逮捕

スポンサーリンク


西山禎、トラック事故の原因について

この事故で西山容疑者が運転していたトラックは、信号待ちをしていた飯田さんを巻き込んだ後に、近くにある飲食店に突っ込んでいます。

店は営業前だったために客はおらず、店員なども巻き込まれずに済んでいます。

現場は国道26号沿いで、トラックは堺市方面に向かって北東に走っていましたが、片側3車線の車道を左側にはみ出し、歩道や花壇を乗り越えて店舗出入り口のガラスドアにぶつかって停止しました。

西山容疑者は「事故を起こしたことに間違いありません」と容疑を認めていますが、事故の原因についてはまだ捜査中のようです。

考えられる原因としては、脇見運転や居眠りなどの可能性がありますが、病気による体調不良なども。

事故現場は岸和田市荒木町「和食さと」

事故がおきたのは下記の場所にある交差点でした。

和食さと 岸和田荒木店:大阪府岸和田市荒木町2丁目

スポンサーリンク




亡くなられた飯田未希子さんについて

事故に巻き込まれて死亡した飯田さんについて判明しているのは次の情報。

名前:飯田 未希子(いいだ みきこ)
年齢:43歳
性別:女性
職業:不明
住所:大阪府岸和田市
死因:出血性ショック死

西山禎の顔画像や経歴、運送会社どこか

逮捕された西山容疑者に悲して明かになっているのは次の情報。

名前:西山 禎
年齢:58歳
性別:男
職業:運送会社員
会社:不明
住所:大阪府枚方市走谷2丁目
負傷:軽傷
罪状:自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)
※7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

トラックの車体に「KⅡ NETWORK」記載があり、同名の大阪にある運送に関する会社の情報はありますが、サイト情報がエラーで見れなくなっているのは偶然なのかどうか。

交差点で起きた悲劇の事故、、ネットの意見は

私は業務でトラックに乗ることがありますが、トラックの運転席が高いので他の車を見下ろせます。運転中に携帯を操作している人が物凄く多い!同業のトラックドライバーが圧倒的に多く、その次は普通営業車、あとは主婦っぽい方かな。そのことは同僚とよく話すのですが、警察も次の手を打たないと全く取り締まれていない現実に気づくべき。

スマホ見てたのではという指摘も多いのですが、テレビ見てる輩もかなり多いですよ。通常は車両が動きだしたらテレビはキャンセルされる所、普通に市販されてるキャンセラー入れるか、自分で配線組み替えれば簡単に走行時でもテレビ見れますからね。あとは、他の人が指摘してる業務ドライバーの過重労働の他に、人手不足を背景にした、本来は業務ドライバーとしては不適な人たちのドライバー職への流入なども影響してるのでは?

バスの運転士です。こんなにも事故が多いのに、未だに携帯保持しての運転が多い。中には携帯を保持していなくても、携帯を台の上に乗せて携帯画面を見ている。信号が「青」になっても、携帯を操作して運転に集中していないので発進しない。ここまでになったら病気の一種「携帯依存症」ですね。歩きながらスマホ、食べながらスマホ、自転車や車を運転しながらスマホ等、早く目的地に着いてからした方がゆっくり出来るのに。もっと取り締まりを強化してほしい。

車を運転する人は「ちょっと見るだけ」と思ってたり、歩きスマホの人は「人が避けてくれる」と思ってませんか。スマホ見ながらだと、コントロールが上手くいかず蛇行運転やウロウロ歩きで、スマホに夢中になっているので避けられずぶつかります。しかも自分に非があるのに謝罪せず、舌打ちや恫喝して謝罪させようとするので厄介です。この事故は居眠りかスマホを見ていた可能性がありますが、ただ交通ルールを守り、信号待ちをしていた女性が、交通ルールを守らなかったトラックドライバーにより命を落としたというのは、家族には悲しみより辛いことだと思います。「スマホ見ながら運転」ドライバーの人達は他人事と思わず、自分が加害者になるかもしれないと思い、スマホを見て運転しないで欲しいです。

こういう相手側の過失で突然巻き込まれる事故は被害に合う側としては避けようがなく、本当にどうしようもなくて、わけが分からないまま亡くなるところまで行ってしまう。交通事故の死亡者なんて、日常的に発生しているから、ああまたかぐらいにしか思わなくなって、ある意味感覚が麻痺してるところもあるけど、健全に暮らしている人が一瞬で命を奪われる。本当に理不尽でとんでもないこと。この人とは違うけど、今も話題にされることの多い高齢ドライバーの人とか認知能力が明らかに落ちた状態でよくこんな怖いものを運転できるなと思うし、考えただけでゾッとしてしまう。車を運転するということの責任、重さをもっと自覚しないといけない。

~こちらも読まれています~