×
MENU
事故

特急やくもの人身事故、死亡は出雲市に住む31歳女性と判明!名前や事故現場や原因について

特急やくもの人身事故

1月2日の午後、島根県松江市竹矢町を走るJR山陰線の線路内で、女性が出雲市発の岡山行き、特急やくも(7両編成)にはねられて死亡する人身事故が発生しました。

年明け早々の人身事故、その原因は何だったのか?

松江市竹矢町の線路上で人身事故、女性が死亡

この事故がおきたのは、2023年1月2日(月)の午後2時5分ごろの事。

現場となったのは島根県松江市竹矢町の線路上で、当時JR山陰線の列車「特急やくも」が走行中に、女性と接触しました。

当時、特急八雲は松江駅~東松江駅間(島根県松江市)を走っており、出雲市駅発・岡山駅行きでした。

運転士が線路に入る人に気付き急ブレーキしたが間に合わず、女性は死亡しています。

参照:ブレーキ間に合わず 特急にはねられ女性が死亡、帰省客ら1000人に影響

スポンサーリンク


死亡女性の身元判明で事故原因は

この事故で亡くなったのは、島根県出雲市居住の女性(31)と判明したことが1月5日に発表されました。

列車の運転士によると「進行方向左側から人が進入した」ということで、非常ブレーキを使用するも及ばず、接触したとされており、飛び込み自殺であったと考えられます。

この事故で松江~米子駅間の上下線で運転を見合わせましたが、午後3時36分に運転が再開、出雲市駅~米子駅間で普通列車2本が運休するなどし、約1,000人に影響が出ました。

また事故当時、特急列車には乗客181人と乗務員3人が乗っていましたが、怪我人はいませんでした。

事故現場は島根県松江市竹矢町内の線路上

事故がおきたのは下記の場所にある線路上だったとされています。

スポンサーリンク




新年早々におきてしまった飛び込み自殺にネットの声

親族に自殺した者(コロナ前)、近所の人が飛び降りで未遂(コロナ禍)という人がいますが、止めるってかなり難しい事ですよ。自殺するその瞬間に止めない限り無理です。本人はもう頭の中は自殺するということしかないのです。ついさっき見かけた、話したばかりなのにの次元ではないです。相談するしないとかもまた違う。本人は相談できないんです。何をどう相談すればいいのかさえも分かっていないと思います。いかに周りが気づいてあげられるか…自分の経験から思いました。

地方でも最近は人身事故増えている気がします。本数も都会と比べて少ないと思うので、酔っ払いなどの不注意によるものはかなり少ないのではないでしょうか?。自分も、こんなゴミゴミした都会を抜け出し、遊ぶ所は少なくても、地方でノンビリ過ごしてみたいと思う時あるけど、どこへ行っても、死ぬ程辛い悩みを抱えて生きている人がいる事は、変わらないんだろうね。この国に安住の地はあるのかな。ないような気がします。

鉄道の人身事故はホームで突き落とされたとかでもない限り、全く同情できない。例えばそれで列車が遅れてビジネスや受験、就職試験などをフイにするようなことがあれったとすれば、それこそ○にたくなるだろうに。

やはり他人に迷惑を与えてるしかない。辛くても、辛いからこそ、自分の事だけじゃなく、少し、ほんの少し他人への気持ち、思いやりを考えてみたら、何か自分の考え方や、物事の捉え方、主観が変わり、何か良い方向に向かう考えや、変わらなくても委ねる悟りが浮かぶのかもと思うが、これは、冷酷な考え方なのかなぁ。

当該列車に乗車してました!当該列車は特急やくも20号、松江駅を出発して間もなく警笛と共に急ブレーキがかかりました!1時間以上、駅間で止まったままで、15時半前に運転再開し、岡山駅に80分遅れで到着しました!乗り継ぐ予定だった新幹線に乗れず、後続の便に乗って帰りました!

長男が電車の運転士をしてます。コロナ禍以降、毎日のように人身事故があるので踏切や駅の通過時のストレスは半端ないってボヤいてます。事故当事者の運転士も、ストレスやトラウマ、フラッシュバックで不眠症やうつを発症して配置転換や退職をする人も多いと聞きます。自分勝手な行動で他人の生活を崩壊させないで欲しい。