×
事故

丸山明さん飼っていた熊に襲われ死亡、、クマの画像や現場どこか判明で原因は。松本市五常

丸山明

11月28日の午前、長野県松本市五常にある住宅付近で、飼っていたクマに飼い主の男性が襲われ死亡する事故が発生しました。

死亡したのは松本市の丸山明さん(75)

20年以上ともに暮らしてきたクマ、、その最期が惨劇となってしまった理由とは。。

松本市五常で飼いクマに襲われ飼い主の男性死亡

この事件(事故)がおきたのは、2022年11月28日(月)の午前9時20分ごろ、長野県松本市五常に住む丸山明さん(75)歳が飼っていたクマに襲われ檻の中で倒れているのを家族が見つけて通報したことから判明。

「飼っていたクマに襲われた」

丸山さんは市内の病院に運ばれましたが、その後に死亡が確認されています。

小熊のころから20年以上飼っていたとされているクマ、なぜ飼い主を襲ったのか?

20年以上飼っていたクマに襲われる 飼い主の75歳男性死亡

参照:飼っていたクマに襲われ飼い主の75歳男性が死亡 20年以上飼育 クマは射殺

スポンサーリンク


ツキノワグマを猟銃で射殺!事故の原因

丸山さんを襲ったクマは、体長約1mの雄のツキノワグマで、丸山さんが倒れた後も周りをうろついていたことから、猟友会が射殺しています。

丸山さんは全身にかまれたり、ひっかかれたりした傷がありました。

クマは人に危害を加える恐れがある「特定動物」に指定されているため、飼育には特別な許可が必要で得、保健所から許可を得て20年ほど飼育していて、2022年5月には檻の施錠などの検査を受けていて、問題はなかったとしています。

なぜ襲われたのか?といった原因についてはまだ明らかになっていませんが、おとなしくて直接触れあえる状態だったのかなど、事故がおきてしまった原因の究明が進められています。

松本市五常、熊に襲われ死亡の事故現場

事故がおきたのは下記の場所にあった檻の中であったようです。

なお、熊を飼うことになった経緯として次のようなものがあったようです。

「山へ仕事に入ったらはぐれた子グマがいましてね。あくる日行ったらまたいたんです。『こんなことしとけば死んじゃうから』ってうちに持ってきた。それで飼い始めた。普段凶暴なところはなかった。かわいがっていた」

スポンサーリンク




死亡した丸山明さんについて

名前:丸山 明
年齢:75歳
性別:男性
職業:無職
住所:長野県松本市五常
死因:不明(噛み傷や引っかかれた際の傷によるショック死か)

ペットの熊に襲われて死亡、、事故にネットの声

つきあった年数も深い信頼関係も、「発情期だから」「冬眠前だから」など生命活動のサイクルを理由に、一瞬でぶっ飛ぶのがゾウや熊や猪など危険野生動物。飼育は厳格なルールを守らないと命がなくなる。熊牧場やぞうの国はしっかりしているけれど、個人で飼うのは難しいのでは。ダブルチェックも欠かせない。「信頼関係」があるから、とつい油断することがなければ良いだろうけど。危険野生動物との信頼関係は、薄氷を踏むようなもの。もうこんな事件、起きてほしくない。

昔、弱っていた子熊を可哀想に思い、飼っていたのかも知れないね。県に許可も得て、檻も問題ないとの事。でも、やはり男性に慣れていたとはいえ、猛獣なので、いつ野生の血が騒ぐかわからない。本来は野生動物なので、20年も檻に閉じ込められていたら、ストレスはかなりのものだったかと。男性を襲ったあと、逃げずに付近をウロウロしてたのだから、どうしていいか分からなかったんだね。20年も檻で飼われていて、いきなり主人を襲い、危険だから撃たれたのは仕方ないが、何とも両方にとって切ない結果になってしまった。男性と飼い熊の冥福を祈ります。

20年も一緒にいれば飼い主側は心許すしまさか襲われると思わないよなぁ。ただ動物側も年齢を重ねれば普通に認知症とかなるからね。人間でもどれだけ信頼し合ってても親子でも認知症になれば存在すら忘れられる時はあるし動物だと尚更でしょう。どのような飼育環境だったかも分からないですが熊も射殺されたとのことで大きい動物を飼っている人は教訓にするしかないですね。

田舎では昔は子熊を飼っていたという家はまああったように思う。ただ飼うのは子熊の時だけで、ある程度大きくなってしまうと処分されたかなにかしたはずなので、大人の熊になるまで飼っているのはかなり珍しいと思われる。飼うと言っても完全に鉄格子の折の中でないとダメだし、熊にとっては一方的な監禁でしかない環境だ。このケースは、悪い言い方をするが、飼い主以外に被害が出る前に処分された、それだけが幸いだったと言えるだろう。

熊の寿命って長いと25年くらいみたいだけど、犬や猫も長寿になるほどに目が見えなくなったり、耳が遠くなったりして神経質になったり、認知症で大人しかった子が凶暴に…ってこともある。熊がそうなれば人間の力ではどうにもならないと思う。20年も面倒見ていたのだからきっと愛情も違いにあっだろうし、だからこそ余計に悲しい結末だと思う。