×
事故

【閲覧注意】豊見城市ステーキ店でフランベ失敗5歳男児ら大火傷、、サムズアンカーインイーアス

ステーキ サムズアンカーインイーアス沖縄豊崎店

11月18日の夜、沖縄県豊見城市にあるステーキ店で、鉄板焼きのパフォーマンス「フランベ」の火が客として訪れていた男の子(5)とその父親に燃え移る事故が発生。

親子は顔などに大きな火傷を負って重傷となっています。

なぜこのような惨事がおきてしまったのか?

豊見城市のステーキ店でフランベの火が親子に燃え移る

この事故がおきたのは、2022年11月18日(金)の午後8時ごろとされています。

現場となったのは、沖縄県豊見城市にあるステーキ店「サムズアンカーインイーアス沖縄豊崎店」

当時、店内ではアルコール度数の高い酒を料理にかけて火をつける「フランベ」と呼ばれる料理の手法が披露されていましたが、その際に事故がおきてしまいました。

店の料理人が火をつけた瞬間、容器に入っていたお酒が客として訪れていた親子に燃え広がりました。

これにより、40代の男性とその息子(5)が手や顔などに大きな火傷を負い、病院に運ばれて治療を受けて命に別状はないとされていますが、負傷の度合いはかなりひどい状態となっています。。

鉄板焼き・フランベの火が燃え移り5歳男児が顔の下半分やけど 沖縄|TBS NEWS DIG

参照:ステーキ店で親子がヤケド 5歳児は顔に… “鉄板焼きパフォーマンス”失敗で

スポンサーリンク


事故の当時の映像が衝撃、フランベ失敗で炎上

事故が起きた当時の映像、撮影者(被害にあった男性)がTwitterにて11月21日にアップした動画に注目が集まっています。

フランベ事故後25分

一にも早く、後遺症や痕が残ることんかう、元のように回復されることが望まれます。

ステーキ店サムズアンカーインイーアス沖縄豊崎店

事故がおきたのは下記の場所にあるステーキ店であるようで、11月22日から24日までの3日間の休業に入ったとしており、運営会社は「被害にあわれた方には誠心誠意対応していく本当に申し訳ない」とコメントしています。

サムズアンカーインイーアス沖縄豊崎店
沖縄県豊見城市豊崎3−35 イーアス沖縄豊崎 2F

スポンサーリンク




フランベ失敗で大やけど、事故の原因について

今回の事故がおきた原因としては複数の要因があったようで、そもそも本来はステンレス製の容器に入れるべきだったアルコールがプラスチック製の容器に入っていたことから、運営会社側は「使用する容器が不適切だった」と説明しています。

また、炎が燃え広がった原因とみられるのは「手順の間違い」があったとされています。

料理人が本来入れるべきでないタイミングでアルコールを入れたため、炎が飛び散ったとみられていて、さらにブランデーをかける時は、客の方向にノズルを向けることはないとされています。

多くの不適切な状況が重なっての事故、一つ一つの要因が重なっていけば事故が起きるのは必然となってしまいます。

 
今回の事故に関して沖縄県警の豊見城署では次のように述べているようです。

「今回起きたことの詳細や原因については調査中で、示談が成立せず、もし被害届が出されれば、業務上過失傷害などを念頭に、受理をして捜査を進めます」

11月22日昼過ぎ現在は、被害者と店側で話をしている段階としています。

ステーキ店のフランベ衝撃事故にネットの意見

沖縄県警の豊見城署でも、「今回起きたことの詳細や原因については調査中です」としたうえで、「示談が成立せず、もし被害届が出されれば、業務上過失傷害などを念頭に、受理をして捜査を進めます」

こういう従業員を見ていると最近は安全ボケし過ぎて危険予知とか全く何も考えずに物事を平然と行う人が増えたと思う。公園でも子供が危険な事してても平気でスマホ見てる親もいるし、街中でも子供と一緒にいるのに危険な事を平気でやっちゃうような親も良く見かけるし、本人たちは危険とも思ってもいないんでしょうけど、周囲の方がヒヤヒヤするような事も多いと思う。

事故の動画と火傷の映像を見ましたが、従業員が鉄板の上でプラスチックボトルに入った油のようなものを勢いよく撒き炎が火事のように大きく燃え上がってました。火傷をした被害者の状態は水膨れで腫れ上がりとても痛々しく本当に可哀想です。とてもすぐに普通の生活に戻れるとは思えないくらい重症だと思いました。店側は損害賠償や治療費など、完治するまで全ての責任を持つ義務があると思います。

男の子の顔の下半分がただれてしまうほどなら、かなり激しく痛みもあると思う。座高が低いから炎に近かったのかと思う。アルバイト店員に任せていた事も問題だが、油を撒いて炎を立ち上げていた事など、フランベの本来の風味付けの目的を逸脱し、パフォーマンス重視でより過度な見せ方になっていたのだと思う。安全面での指導は徹底していたとは考えにくい。命に別条は無くても、火傷はすぐには治らないし、常にじんわりとした痛みが長く続く。その間、気を付けていないと後が残る事もある。店側には賠償責任とともに事故にしてしまった事に対する猛省をして欲しいです。

動画を見ると業務上過失傷害で警察が動く案件だと思います。普段から炎が上がっている所に油を注ぐやり方で何もなく、たまたま今回は事故に繋がったという事でしょうか。それとも油注入禁止なのにアルバイトの勝手な判断で油を注いで盛り上げようとしてなのか。とにかく警察が動いて事故原因を追究すべきですね。

塩コショウを空中で回転させキャッチしたり、炎を上げたり手さばきが鮮やかなパフォーマンスは凄いと思うけど危険ですよね。今回の事故は炎が上にあがるのではなく、被害にあった客めがけて吹き付けられるように大量に燃え広がっていて、男児の火傷は相当酷いと思われ胸が痛みます。アルバイトだと危機管理の徹底は難しいかもで、プラスチック容器のラム酒を鉄板の近くに置いて高温状態になっていたのかも知れない。手に持ったら急な熱さで手元が狂ってラム酒を客方向に勢いよく噴射してしまったのかも。鉄板と客席の間に透明のガラスのついたてでもあったら良かったのに。