×
MENU
事故

山口祐紀さん800kg鉄板に挟まれ死亡!臼杵市の自動車検査機器製造工場ユーテックどこか判明で事故原因

ユーテック

11月9日の朝、大分県臼杵市にある自動車検査機器の製造工場内で、作業をしていた男性会社員の山口祐紀さん(25)が重さ約800kgの鉄板の下敷きになり死亡する事故が発生しました。

死亡事故はなぜおきてしまったのか、、

臼杵市の機器製造工場で作業員が鉄板に挟まれ死亡

この事故が判明したのは、2022年11月9日(水)の午前8時50分ごろとされており、現場となったのは大分県臼杵市にある機器製造工場内でした。

当時、工場内で作業をしていた男性会社員の山口祐紀さん(25)が重さおよそ800kgとなる鉄板の下敷きになったと通報があったことから判明。

山口さんは鉄板と機器の間に挟まれた状態で、駆け付けた消防によって意識不明の重体のまま市内の病院に搬送され治療を受けていましたが、事故から2時間後となる午前10時40分死亡が確認されました。

なぜこのような事故がおきてしまったのか、、

参照:800キロの鉄板と機器に挟まれ死亡 自動車検査機器製造工場で作業中の男性

スポンサーリンク


事故当時に作業フロアには山口さん1人、、

事故で亡くなった山口さんは当時、設計図に基づいて鉄板を加工する作業をしていましたが、前に立てかけていた鉄板が倒れ、鉄板と背後にあった機器の間に挟まれています。

作業をする際にはクレーンを使って持ち上げ、台座に固定していましたが、何らかの原因で台座から外れ倒れたとみられています。

また、この作業を行う際は同じフロアに複数人いることになっていましたが、事故当時に山口さん1人しかいなかったとされています。

事故原因については明らかなになっていませんが、別の人がいれば異変にいち早く気付いて事故を防げた可能性も。。

事故現場は臼杵市の機器製造工場、ユーテック

事故がおきたのは下記の場所にある「自動車検査機器 製造工場」でした。

(株)ユーテック:産業用機器製造業者(大分県臼杵市稲田1377−1)

スポンサーリンク




亡くなった山口祐紀さんについて

死亡した山口さんについて判明しているのは次の情報。

名前:山口 祐紀(やまぐち ゆうき)
年齢:25歳
性別:男性
職業:会社員
職場:株式会社UTEC
住所:大分県臼杵市福良
死因:圧死か

工場内での死亡事故にネットの意見

仕事に慣れてくると一人でもできるんじゃないかと思ったりすることがある。工夫すればできるだろうとか時間をかければできるだろうと安易に考えて行動してしまうこともある。それが稀にこういった事故を起こす時もある。この件がどのような環境だったかは分からないが、事故当時は一人だったのは事実みたいなので、本人は勿論だが周囲の人達も注意が足りなかったんだろうと想像する。安全より優先すべき事項はないので気をつけたいと思いました。

鉄板が倒れるというのがまずわからないな。鉄鋼関連でこういう作業をするときは、基本的に鉄板の側を最初に倒しておいて上から作業員が加工するか、縦置き作業をするなら倒れないように最初に固定する。ワンオペ以前に重量物の加工の基本はそれが動かないように固定するか最初から最も安定する形に置くか位置を調整するにしても、倒れないように準備するのは基本中の基本。鉄板が倒れると言うこと自体が安全作業の観点からしておかしい。

まだ他の作業員が来ない内にして置く事でもあったのだろうか。何らかの事情があるのかと思うが、多分他の人達はこの単独の作業は認知していなかったと思う。どのような経緯があっても、危険を伴う作業は情報の共有や協力体制は必要だと思う。まだお若いのに、工場側から見ても貴重な戦力だったと思う。だがどんなに悔やんでも、非常に残念な結果になってしまった。

鉄板を立てかけていたというのは理解できない。800kgもの鉄板を加工するなら作業台の上に置いて上から加工するのが通例。仮にどうしても立てかけた鉄板を加工しなければならないなら、倒れたときに作業者を保護するための枠構造の治具を設置すべきだろう。安全意識が希薄だったことは間違いない。

最近多いのか昔からあるのかはわからないけど、こういう工場での悲惨な事故のニュースが多いような気がします。そういったものを流さずに次の事故防止につながるように改善してほしい。国としても少子化、人材不足の現代で、こういった事故は一件でも減らすべきと思うので、事業者に改善を求めてほしい。

経費削減、人員削減、安全軽視、省略行為などが積もりに積もって起こるべくして起こった感じですね。面倒でも鉄板の転倒防止を行い、仮に転倒防止用のチェーンが剪断しても転倒しないように二重のワイヤーロープを張り、複数の作業員で作業させ、さらに複数の作業員の監視人も付け、労働者の安全意識と意欲向上のために今の倍の給料を払えば事故は起きなかったと思います。コストを下げれば下げるほど人命が失われるんだと思います。