×
事故

【衝撃映像】神埼市脊振町の事故でスクールバスの児童ら9人搬送!現場どこで安否は

神埼市脊振町

佐賀県神埼市脊振町で10月18日朝、スクールバスと乗用車が衝突する事故が発生し、児童生徒7人を含む9人が病院に搬送されました。

負傷者が多数出る事態となった事故はなぜおきてしまったのか?

神埼市脊振町でスクールバス事故児童ら9人搬送

事故がおきたのは、2022年10月18日(火)の午前7時半頃のこと、現場となったのは佐賀県神埼市脊振町の路上で、スクールバスと乗用車が正面衝突する事故が発生。

当時バスには小学生5人と中学生2人が乗っており、全員が病院に搬送されていて、うち3人が口や足などに怪我をしていますが重傷者はいないとしています。

また負傷者として、バスの運転手の60代男性と、乗用車の運転手である30代男性も搬送されていますが、こちらも重傷者はなしとなっています。

なぜ、このような事故がおきてしまったのか?

参照:スクールバスと乗用車の事故 小学生5人と中学生2人が病院に搬送

スクールバスと乗用車の衝突事故原因は何か

事故がおきた現場は山道のカーブとなっていて先が見えなかった可能性が考えられます。
※山間部を走る中央線のない県道。

現場映像を見る限りではすれ違えるほどの幅はありそうですが、カーブで一定のスピードが出ている状態であれば出会いがしらの事故の可能性もありそうです。

なお、スクールバスは脊振小学校と中学校の児童、生徒向けに市が市内のタクシー会社に委託しているもので、朝と午後の通学時間帯に3つのルート、それぞれ1本を運行しているとしています。

事故の原因などについては警察が詳しく調べるとしており、今回は軽傷で済んでいますが子供たちが多く乗っていたバスだけにより安全が求められます。

神埼市脊振町の事故現場はどこか

事故現場は神埼市脊振町の山道とのことですが、詳しい場所は確認中です。

負傷は脊振小中学校の生徒、安否について

事故にあったのはワンボックスタイプのスクールバスと乗用車。

スクールバスに乗っていたのは、脊振小学校の生徒5人と脊振中学校の生徒2人であったようですが、名前など詳しい情報は公開はされていません。

また、スクールバスの運転手は60代男性、乗用車の運転手は30代男性でした。

それぞれ、重傷者はおらず軽傷で済んでいるのは不幸中の幸いですが、子供たちに精神的なケアは必要と思われます。

神埼市スクールバスにおきた事故にネットの意見

スクールバスだからとといっても事故を起こす遭遇する確率は一般車と変わらない。飲酒運転や危険運転等以外は特別視したりすることはナンセンスだと思う。置き去り事件の様な明らかな過失事故とは違うのだから。誰が運転しても事故を完全に防ぐ事は出来ない。逆にスクールバスであるから被害が少なかった可能性もあるし。事故原因等が調べられとハッキリしてくるだろうが、スクールバスの運営事態を無差別に攻撃する段階ではないと思う。

スクールバスにはシートベルトもチャイルドシートの義務もないけど簡易的な物でもいいからシートベルトは必要なんじゃないかな。シートを衝撃吸収材とかで作る義務はあるけど園児が飛ばされたら意味がない。シートベルトの義務がない理由も自分で脱着が困難とか色々あるけど、事故の時の被害軽減の為にもシートベルトを付けて欲しい。

車の衝突した部分を見ると正面からぶつかっているようだから、どちらかが車線をはみ出してきた感じがする。スクールバスの運転はタクシー会社に委託しているようだし、プロドライバーだから旅客用の運転には慣れているはず。なので現時点でどちらに非があるとはいえない。相手が車線をはみ出してきたのなら、衝突を防ぐのは難しかったかもしれない。

これは正面衝突ぽいので 論外だと思いますが、スクールバスはわかりやすく色や模様を全国で統一して、スクールバスと一般車との車間距離や停止義務、通行してる旨の道路標識など 皆がスクールバスが来たら注意を向けるような法制化した方がいいと思う。

今、写真だけで原因を推測しても仕方ない。現場検証やドラレコ等の映像を警察で確認し判ることでしょう!先日もバス横転事故がありましたし…幸い重傷者がいない分、不幸中の幸いでしょう。ただ、子どもたちが車社会に恐怖を抱いたり、トラウマになる方が心配です。心のケアをしっかりお願いしたいですね!