×
事故

吉田成那くん(2)死亡 ゴーカート事故 函館地区オールトヨタ2022クルマファンFESでの惨劇

9月18日(日)北海道、森町で行われた車のイベント会場で、女の子(11)が運転していたゴーカートが子供達のグループに突っ込んだ事故。

事故の翌日となる19日、意識不明の重体となっていた男の子(2)が死亡したことが明らかになりました。

楽しい休日が命を失う惨劇の舞台となってしまったその原因は、、

北海道イベントのゴーカートで2歳男児が死亡

この事故がおきたのは、9月18日(日)の午後11時45分ごろのこと。

北海道森町にある宿泊施設「グリーンピア大沼」の会場で、車のイベント「函館地区オールトヨタ2022クルマファンFES」が行われていました。

その中の催し物の一つでゴーカートに乗って会場内(専用コース)を走れるものがありましたが、悲劇の事故はそこでおきてしまいました。

当時、女の子(11)が運転するゴーカートがコースを外れて見物客の子供ら5人に突っ込み、3人が軽傷、1人が意識不明の重体となっていましたが、函館市に住む吉田成那くん(2)が19日の午前に死亡しました。

事故直後、血まみれになった吉田成那くんをAEDによる心臓マッサージが行われるなどしていましたが、、

参照:ゴーカート事故で重体だった2歳の男の子が死亡 北海道・森町

スポンサーリンク


ゴーカート運転の11歳女児、事故前にパニックか

今回の事故に関して、運転をしていた女児(11)がアクセルをブレーキの踏み間違いによって事故がおきたと考えられています。

イベントを主催した新千歳モーターランド・九谷田聡さん

「通常はアクセルを離してブレーキを踏んで減速しないといけない場面なんですが、アクセルを踏みっぱなしになっていたという状況ですね。(女の子は)なんかもう混乱していたという状況で、なんとか止めようとして必死に努力したんですが止められずに、という状況です」

 
踏み間違いによる死亡事故は大人でも起きている事故。

当時ゴーカートは低速と高速の2種類があり、女の子が乗っていたゴーカートは時速40kmで見物客に突っ込んだとされています。

事故が起きたのはゴール(ピットイン)の手前で、見物客の前には頑丈なブロックではなくコーンとポールのみが置かれていて、こうした事故が起きることを予想していなかった作りに疑問の声も出ています。

※飛び出しを防ぐ目的で設置されたものではなかった。

 

グリーンピア大沼の事故現場はどこか特定

今回の事故がおきたのはグリーンピア大沼(キャンプ場からレストラン、プールや大浴場など多くのレジャーが楽しめる場所)に特設されたイベント会場(普段は駐車場?)でした。

グリーンピア大沼:北海道茅部郡森町赤井川

スポンサーリンク




函館地区オールトヨタ2022クルマファンFES

今回のイベントは函館トヨペットなどが主催であったようです。

参照:函館トヨタ
※すでにページが閉鎖されています。

 

吉田成那くん(2)が死亡、血まみれで救命も

死亡した吉田成那くんは、当時頭などから出血して血まみれの状態でAEDによる心臓マッサージがされていたとされています。

現場からはドクターヘリによって緊急搬送されて治療が行われていましたが、、、

名前:吉田 成那(よしだ せな)
年齢:2歳
性別:男の子
住所:北海道函館市
死因:不明(衝突による負傷原因か)

 
また、ゴーカートを運転していた女の子については下記の状況だったようです。

名前:不明
年齢:11歳
性別:女の子
負傷:目立った外傷はなし
※11歳で死亡事故を起こしてしまったため十分な精神的なケアは必要と考えられます。

アクセルとブレーキの踏み間違いで、衝突時までアクセルがべた踏みだった(パニック状態だったと思われる)とされています。

乗車前には講習を行っていたということで、身長をクリアすれば高速のカートも運転が可能だったとされていますが、40kmのスピードが出る乗り物に11歳で乗って(安全の配慮がされていない状態で)の事故、、当時の状況に疑問の声が出ています。

 

わずか2歳、、イベントでの死亡事故にネットの反応は

販促用のイベントで死傷者を出してしまった点は主催者側企業の責任だと思う。コースの設営や参加者、見学者の待機場所の設置場所、当日の路面状況を知ると、とても昨日開催するには安全対策が取られていたとは思えない。亡くなった子供や事故で巻き添えになった方々、運転操作ミスを起こした子供含めて被害者に感じてしまう。本来であれば楽しいはずのイベントがこのような結果になったのは主催者側の安全意識の低さだと思う。罪深い。

問題は、「ちゃんとしたクローズドコースではないこと」、「観客者(見学者)の安全が確保できていなかったこと」。ちゃんとしたクローズドコースであれば、素人の11歳の子供がカートを走らせることに問題はない。その場合、自身の単独クラッシュ等の事故により負傷したり、他者との事故で負傷しても主催者や事故相手に保証を求めない念書にサインが必要。

これは全て安全管理を怠った大人達の責任です。カートを運転していた子はパニックになってしまったのだろうけど、主催側は最高速度でコースアウトしても安全を担保しなければならなかった。コースの映像を見ましたが、カートの勢いを止められる様な壁も緩衝材は見受けられませんでした。ラジコンカーのレースならこれでいいと思いますが、そこそこの重量と速度が出るカートのコースとしては、危険性を全く想定していなかったと思われます。大人達は断罪されなければなりませんが、カートに乗っていた子を全力で守ってあげて欲しいと思います。亡くなられた子とご遺族に、謹んでご冥福をお祈り致します。

せっかく楽しい連休だったはずなのにこれは悲しいね。被害者はもちろん11歳の女の子も心配です。施設にあるゴーカートやった事あるけど普段車に乗りなれてる大人でも緊張してアクセルとブレーキ合ってるか不安になったし踏み込みも硬かった。むき出しだから体感速度も早く感じるしみんなが見てる緊張もあった。40キロ出てたって事はきっとブレーキを踏んでるつもりで思い切りアクセルを踏み込んでたんだろうなって想像できる。素人の私でもそんなの想像できるし主催者側の管理体制が甘いと思う。固定ですっぽり覆う高さのクローズドレーンを作るべきだったし突っ込んだら動くクッションとか意味無いし危険は想像出来たはず。

【衝撃映像】グリーンピア大沼11歳ゴーカート突っ込み男児4人重軽傷、名前や身元は誰?原因は踏み間違いか9月18日の午前、北海道森町の「グリーンピア大沼」で11歳女児の運転するゴーカートがコースを逸脱し、男児4人がけがをしました。このうち2歳男児が意識不明の重体です。...