×
事故

【衝撃映像】グリーンピア大沼11歳ゴーカート突っ込み男児4人重軽傷、名前や身元は誰?原因は踏み間違いか

9月の3連休1回目の日曜日となる9月18日、北海道森町にある宿泊施設「グリーンピア大沼」のイベント会場で、ゴーカートに男児4人がはねられる事故が発生しました。

このうち2歳の男児が意識不明の重体となっており、楽しい休日が一変した事故の原因は何だったのか、、

吉田成那くん(2)死亡 ゴーカート事故 函館地区オールトヨタ2022クルマファンFESでの惨劇9月18日午前、北海道の森町にあるグリーンピア大沼で開かれていた車のイベントで、女の子(11)が運転するゴーカートが見物客に突っ込み、はねられた子ども3人が軽傷。函館市の吉田成那くん(2)が頭を強く打ち意識不明の重体となっていましたが、19日午前に搬送先の病院で死亡しました。...

グリーンピア大沼のゴーカート事故で2歳男児が重体

事故がおきてしまったのは、2022年9月18日(日)の午前11時45分ごろとされています。

現場となったのは北海道森町にある宿泊施設「グリーンピア大沼」の会場で当時行われていた車のイベントによるゴーカートの事故でした。

「ゴーカートが暴走して、けが人が出ている」

11歳の女の子が乗っていたゴーカートがコースからはみ出してしまい、その際に男児4人がはねられるといった事態に。。。

この事故によって男児4人が重軽傷を負っており、とくに2歳の男の子はドクターヘリで病院に搬送されていますが、意識不明の重体となっています。

参照:女児運転のゴーカートがコースを逸脱 男児4人けが 2歳男児重体 アクセルから足を離さず直進して事故に

スポンサーリンク


事故の原因は踏み間違い、11歳女児運転

事故が起きた当時、自動車販売店が主催していた車に親しむイベントが開催されており、イベントに合わせてゴーカートの運転を体験するため設置された特設コースが準備されていました。
 
ゴーカートは11歳の女児が運転していましたが、このゴーカートはイベントのために用意されたもので、エンジンの排気量は200ccと大人がレースで使用するものであり、時速40kmは出る性能があったとしています。

事故の原因としてはアクセルとブレーキの踏み間違いとされており、大惨事となってしまった出来事に意識不明の重体となっている男の子の安否が気遣われます。

※3分間の周回時間を終えて、ピットレーンに入る予定が女児はアクセルを踏み込んだまま直進してコースを逸脱したことが原因とされています。

なお、ゴーカートを運転していた女児に怪我ないとしています。

 

グリーンピア大沼の現場はどこか判明

今回の事故がおきたのはグリーンピア大沼(キャンプ場からレストラン、プールや大浴場など多くのレジャーが楽しめる場所)に特設されたイベント会場でした。

グリーンピア大沼:北海道茅部郡森町赤井川

スポンサーリンク




函館地区オールトヨタ2022クルマファンFES

今回のイベントは函館トヨペットなどが主催であったようです。

参照:函館トヨタ
※すでにページが閉鎖されています。

 

負傷した男児の身元は誰?意識不明重体の安否は

この事故で怪我をしたのは4人の男児とされていますが3人は軽傷で、2歳の男の子が頭からの出血があり意識不明の重体となっています。

当時の事故を目撃した人は、ゴーカートは時速40kmは出ていたのではないか?といった証言がでており実際に最高速度はその程度は出る仕様であったようで、40kmはもう普通の車にはねられたのと同じ程度のもの。

それぞれの身元については詳しい情報がでておらず明らかになっていません。

 
イベントを行った函館トヨペット車両企画部長 坂上裕一
「ピットインする基本的に低速になる場所だったので、フェンスがない状況」

イベントを主催した自動車販売店
「けが人を出してしまい主催者として申し訳ない」

 

命に係わる事故、、ネットの声は

経験の無いであろう小学生が1人で運転してミスを起こさない保証はない。ミスを想定して、本人とコース周辺の安全性が良いか悪いかを判断しなければいけない。体験だけが目的のイベントならば、二人乗りにして、経験のある大人と乗るとかにすれば良かった。モータースポーツは、人間が発する力の何倍ものスピードと慣性力が出てしまうから、そこを先回りした対策が必要です。

公道での交通事故とは違い、事故を起こした車両に乗っていたのも、事故に遭ったのもどちらも子ども。被害に遭った子供と同じくらい、乗っていた子どもの気持ちも考えると、とても複雑です。イベントでの、大人が用意してくれた遊び場だから、安全で、まさか逸脱したその先に人がいるなんて子どもは思いもしない。その子がどんな運転をしていたのかより、逸脱したときに居たら危ない場所に人が入れるようになっていたことに問題があると思う。トヨタ側の動きに注目したい。

普通はコースに沿って古タイヤを並べるなどして、物理的に逸脱しないようにするはず。また子供を乗せるゴーカートは、大昔からスロットルにリミッターを付けて、一定以上の速度が出ないようにするものだと思います。小学生に運転させるなら、どんなミスや無茶をしても安全なようにすべきです。 起きたことは、一義的には施設管理者の責任。状況次第では、加害者・被害者双方の保護者の責任もあるかも知れません(立ち入っては危険なところにいた場合など)。

初心者の子供さんに乗らせるなら、紐に繋いだキルスイッチが絶対必要。大人でもパニック暴走があるくらいだから。よくあるレンタルの4スト(発電機等用エンジン)カートでも暴走し始めたら止められない。無知の主催者の安全管理がダメだったね。お子さんが助かることを祈ります。

運転って例えゴーカートでもそれだけ速度が出れば立派な車ですよ。運転免許取得している大人でさえ事故をおこしている人は居るのに。減速する場所であっても万が一のことを考えれば安全設備をもっと整えてイベントをするはず。見る側ももっと安全な場所から参加するなど、改善すべきところは多々あるでしょうね。運ばれたお子さんどうか助かって欲しい。

運転していた子がピットインする際、アクセルとブレーキを踏み間違えた、との事。普通のサーキットであれば防護柵の外に待ってる子達は居た筈だが、特設コースだった為に設置されなかったんでしょうね。明らかに運営側の安全管理が杜撰であった事が原因だと思います。意識不明になった男の子の命が助かる事と共に、事故を起こしてしまった子の心のケアもしっかりしてあげて欲しい。

吉田成那くん(2)死亡 ゴーカート事故 函館地区オールトヨタ2022クルマファンFESでの惨劇9月18日午前、北海道の森町にあるグリーンピア大沼で開かれていた車のイベントで、女の子(11)が運転するゴーカートが見物客に突っ込み、はねられた子ども3人が軽傷。函館市の吉田成那くん(2)が頭を強く打ち意識不明の重体となっていましたが、19日午前に搬送先の病院で死亡しました。...