×
MENU
事故

峯元盛文さん死亡の現場どこか特定!4歳孫助けて力尽きる、、宇多津町瀬戸大橋近くの岸壁

8月27日(土)の午前、香川県宇多津町の海側にある岸壁から、海に落ちた孫を救出しようとした高齢の男性が溺れて死亡しました。

孫を助けて命を失ってしまった男性、、当時何がおきていたのか?

宇多津町、瀬戸大橋近くの岸壁で孫と祖父が溺れる

これは、2022年8月27日(土)の午前9時40分ごろに、香川県宇多津町の漁港近くにある岸壁でおきていました。

「男の人が海に飛び込んだ」

当時、6歳と4歳の男の子と祖父の3人が釣りをしていましたが、4歳の男の子が誤って海に落ちたため、祖父が助けようと海に飛びこんだとされています。

祖父は孫を助けて岸壁付近にある階段近くまでなんとかたどり着きましたが、そのまま力尽きてしまし近くにいた人によって救助されましたが、その後に搬送された病院で死亡が確認されています。

助けられた男の子は、階段近くまできていたためその後に自力で登って無事でした。

参照:釣りをしていた4歳男児が誤って海に転落、助けようとした66歳祖父が死亡 香川県宇多津町

スポンサーリンク


宇多津町、瀬戸大橋近くの岸壁から転落溺れて死亡の現場

香川県綾歌郡宇多津町

 

祖父、峯元盛文さんが孫を助けて死亡、、原因は

この事故で無くなったのは、町内に住む峯元盛文さん(66)で、峯元さんは助けられたときにはすでに心肺停止の状態で、病院に運ばれましたが約1時間後に死亡が確認されています。

事故がおきたこの場所は地図からみると転落防止などのものはないため、小さな子供連れてさらに2人を連れての釣りは少し危険な場所であったと考えられます。

こうした場所ではライフジャケットを着ておくことや、また浮き輪など緊急の際に救助できるものを準備して自ら助けに行くのではなくそうしたものを投げて助けるのが良いとされていますが、水場で遊ぶ人達の大半は「面倒だから」でそれらを準備することはありません。

水場で遊ぶ際、もしもの事故に備えていれば、、後悔してもすでに遅く。。

スポンサーリンク




峯元盛文さんの情報について

死亡した峯元さんについては次の情報が判明しています。

名前:峯元 盛文
年齢:66歳
性別:男性
職業:不明
住所:香川県宇多津町
死因:溺死

※当時一緒にいたのは、6歳と4歳になる孫の男の子

 

続く水場での死亡事故にネットの声は

おじいちゃん、お孫さんが助かったのを見届けて力尽きてしまったのですね。きっと嬉しかったし、ホッとしてしまったのだと思う。最近、共働きの家庭も多いし、おじいちゃん、おばあちゃんが若いのもあるけど、結構この夏休み、子供を連れたじぃじやばぁばを見かけました。別にそれ自体が悪いことでもないし、親が見れないときに頼るところがあるというのは、子育てしやすい、とてもいい環境だと思う。子供も嬉しいしね。だけど、一人で複数人連れてたりするのを見ると、やはり少し心配になる。

ライフジャケットとか1人で2人を見てたとか、立ち入り禁止だったとか 色々あると思いますが、おじいちゃんはたただ可愛い孫達に楽しい時間をと思って連れて行ったのでしょう。批判は色々あると思いますが、自分の命をかけて孫を助けた行為を今はたたえてあげたいと思います。おじいちゃんはこれからも天国でお孫さん達を見守って行くと思います。悲しすぎる事故です。ご冥福をお祈りします。

お子様、助かって良かった。ですが、辛辣な意見を申し上げますが、幼児2人を、大人1人で海や川に連れて行くのは、自分は絶対にしないし、させないです。親であっても、ましてや祖父母なら尚更、、、。最低でも、子供1人に大人1人。大人の数が上回る事はあっても、その逆は、、、 子供のうち1人が突発的に走り出したりした場合、もう1人から目を離す事になりますし、私自身口うるさい母親で、神経質すぎる、と親から言われますが、子供の命は何より大事だから。

力尽きて亡くなったお爺さんはとても可哀想ではあるけれど、孫を助けることが出来て本望だと思う。もし孫が溺死とかだと、生きていくのがとても辛かっただろうに。お孫さんには勇敢なお爺さんだったと胸をはって教えてあげて欲しい。ご冥福をお祈りします。

おじいちゃんには申し訳ないが、4歳と6歳の二人を一人で面倒見るのは無理だと思います。まして防波堤などの目の前が海のような所は…4歳ぐらいの子供は突発的にダッシュしたり、周りを見ずに行動する代表格だと思います。今年の夏も沢山の水難事故が起きてますが、少し考えたり注意する事で防げた事故はかなり多いと思います。