×
事故

矢崎茜ちゃん死亡、増田哲也の事故現場どこか判明や横浜市港南区のネットカフェ駐車場3歳女児死亡の原因

8月20日の早朝、神奈川県横浜市にあるネットカフェ駐車場で、3歳の女の子と20代の母親が車にはねられる事故が発生。

この事故で、3歳の女の子が死亡しています。

楽しい娯楽の場であるネットカフェでおきた悲しい事件、、何が原因だったのか?

横浜市港南区のネットカフェ駐車場で3歳女児が死亡

この事故がおきたのは、2022年8月20日(土)の午前8時半ごろのこと。

神奈川県横浜市港南区にあるネットカフェ駐車場で3歳の女の子と20代の母親が、駐車するためにバックしてきた車にはねられる人身事故が発生。

この事故で、母親は鎖骨を折る重傷、3歳の女の子が別の車との間に挟まれて病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

警察は、車を運転していた増田哲也 容疑者(24)を現行犯逮捕しています。

スポンサーリンク


矢崎茜ちゃん死亡、ネットカフェ駐車場での死亡事故原因は何?

この事故の原因として、運転をしていた増田容疑者は車ではねてしまった2人と同居しており、当時一緒に車でネットカフェにやってきていましたが、車をバックでとめる際に車止めを越えて2人をはねてしまったとされています。

車の進行方向にちょうどいた理由は不明ですが、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は高齢者を中心に多発していますが、まだまだ運転が未熟だったのか最悪の結果に。。

 

横浜市港南区のネットカフェとはどこ?

事故がおきてしまったネットカフェの駐車場について、現場の情報は判明していませんが、近くの道路の色や駐車場の形状などから「快活CLUB 横浜芹が谷店」ではないか?といった声があるようです。(※未確証情報なので注意)

スポンサーリンク




増田哲也 容疑者の情報と事故被害の2人について

逮捕された増田容疑者に関して判明しているのは次の情報で、3人は同居をしていたようですが、増田容疑者と親子(夫婦)ではなかったようです。

-車の運転手-
名前:増田 哲也
年齢:24歳
性別:男
職業:不明
住所:不明
罪状:自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷):7年以上の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

-死亡した女の子-
名前:矢崎 茜
年齢:3歳
性別:女の子
死因:不明(全身への強い圧迫か)

-女の子の母親-
名前:不明
年齢:20代
性別:女性
負傷:鎖骨骨折の重傷

 

駐車場でおきてしまった死亡事故にネットの声は

辛いなぁ。お子さんが亡くなってこの2人は愛し合う関係でも悲しみを分かち合う関係でさえもいられないだろうね。踏み間違いだったんだろうか。でも最近運転が下手だなと感じる人が増えた気がする。駐車場では何回切り返すんだって思う人もいるし曲がる時も対向車がきてる中突っ込むくせに超スローモーションの人、中央線はみ出る人などが多くなった。友人の運転でさえ不安を覚える。免許もう少し厳しくした方がいいんじゃないかな…。

よく車の誘導をするのに車の後ろに立つ人がいますが、これはとても危ないです。私は誘導をしていただく人に後ろには立たないように言います。親切心でしていただいても命を守るためです。それから車の前後を通る人がいますが、これもとても危ない。子どもが犠牲になったこの事故はとても悲しいし、親が気をつけなければいけないと思います。

これは辛すぎる。今回の件とは違いますが、普段トラックを運転する仕事をしてます「歩行者優先なんだし止まるだろう」という考えの人が多くバックブザー音が鳴ってるにも関わらずトラックの後ろを通過する人間が多いです。基本的には歩行者が来たら止まって先に行ってもらうようにしてますが、右左を確認しながら障害物に当たらないように注意して後退してるため見てない反対側の死角から来られると反応が遅れる為非常に危険なので止めて頂きたいです。

前進もバックも進行方向にいてはいけないよ。このように操作ミスしたらひとたまりもない。出来れば横にいた方がいいんだけどね。駐車場での事故は統計的に見てもすごく多い。全国共通のルールではないし、歩行者通路が整備されているところも少ない。だから歩行者があっちからこっちから飛び出してくる。なのにスピード出して走る車の多いこと!ホント徐行しないと事故起こしてからじゃ遅いよ。歩く人も通路を渡る時は車が来ないか確認して欲しいね。

怖いですね。亡くなった女の子のことを考えると胸が痛みます。子供には駐車場では必ず手を繋ぐことを口をすっぱくして教えていますが、こうした運転操作を誤った事故では、正直親でも子を守りきれるかどうか不安になってしまいます。高齢者ドライバーだけではないですね。事故を防ぐ技術が進歩してくれることを願う一方で、ドライバーも歩行者も、ある意味事故は隣り合わせだと思って一層気をつけなければならないと感じました。