×
事故

【衝撃映像】佐々木楓くん死亡、栗原市築館ため池で小学生溺死なぜ?現場どこか判明、築館総合運動公園

4月5日(火)の午後、宮城県栗原市にあるため池に小学生が落ち、小学生2のうち1人が心肺停止の状況となり、その後に死亡しました。

幼い命が失われた事故、、なぜそのような状況になったのか?

栗原市築館字荒田沢のため池に小学生が転落

この事故は、2022年4月5日(火)の午後4時20分ごろにあった通報から判明。

「小学生が池に落ちて溺れている」

現場となったのは宮城県栗原市築館字荒田沢にあるため池で、小学生の男の子で10歳と6歳の2人がため池に転落し、約30分後に救出されるもこのうち1人が心肺停止の状態に。

また、当時近くを偶然通りかかっていて助けに入った、60代男性も病院に運ばれましたが、意識はあり命に別状はありません。

スポンサーリンク


佐々木楓くん死亡、、ため池転落事故の原因は何?

この事故で当時最初に転落したのは6歳の男の子であるとされており、その兄である10歳の男の子が助けに入るも救助が難航、それを見た通行人の60代男性が救助にあたっていました。

死亡したのは栗原市内に住む佐々木楓くん(6)で、小学5年生の兄(10)は意識もあり命に別条はありません。

当時友人ら6人ほどのグループで釣りをしていたところ転落事故がおきており、現場となったため池は市が管理するため池で、周辺には柵や注意喚起の看板はなく、立ち入りを規制する目的で打たれていたくいは、老朽化で多くが倒れていたようですが、釣りスポットとして地域では知られた場所であったようです。

近所の女性

「子どもたちだけで釣りに来ていることもあり、危ないと思っていた。こんな事故が起きて残念だ」

 

栗原市築館、小学生溺死事故のため池はどこ?

今回の事故がおきたのは、「築館総合運動公園」の脇にあるため池であったようです。

ため池の多くはその形状から、一度落ちると誰かの手助けなくは上がることが難しい形状となっているところが多く、こうした死亡事故が何度も起きています。

宮城県栗原市築館荒田沢

スポンサーリンク




死亡した佐々木楓くんについて

死亡した佐々木楓くんについて、小学1年生となっていたようですが、入学式はまだで4月11日に入学を予定していたとされています。

名前:佐々木 楓(ささき ふう)
年齢:6歳
性別:男の子
職業:小学生(1年生)
学校:不明
住所:宮城県栗原市
死因:溺死

 

ため池でおきた幼い子供の死亡事故にネットの声は

今回の事故はおこるべくしておきた事故だと思う。ため池とはいえ釣りスポットとして地域民が利用していて、危険性はわかっていたのに対策を怠っているし、浮き輪の一つでも常備しておけばまだ救えた命だった。

本当に怖い。過保護すぎるほど過保護で良いと思う。小学生のうちは友達に誘われて、、危険な目にあうこともある。帽子が飛ばされてもとりにいくなと教えてます。帽子が道路や川に落ちても絶対に放置しろと。自分らで取りに行かずに大人に助けを求める。または帽子は新しいのを買えば良いと。

自分が子供の頃も、近づいたらダメと言われても楽しそうに見えるし、柵があったら越えたくなるし、本当に危ないこともたくさんしていたと思う。そして、何度も知らないおじさんおばさんに怒られてた。他所様の子供を叱るのは勇気がいるけど、危ないなと思ったら頑張って声をかけたいと思う。

土手になって道路から高くなってますが、柵が無いため池だったようです。柵や金網があっても、ため池で遊んで事故になるケースは後を絶ちません。家庭内の躾だけでなく、ため池が多数存在する自治体の小学校では標語なども使って、「ため池では、絶対に遊んではいけません。」と指導した方が良いと考えます。

親御さんも辛いけどお兄ちゃんが今一番ショックを受けてると思うと胸が苦しくなります。弟を助けようと必死だったにしろ池に自ら入るなんてとても怖かったでしょうし、目の前で弟を失い、弟を失い悲しんでいる両親の姿を見るのもとても辛いと思います。お兄ちゃんの心のケアをしてあげてほしいです。

ニュースを見た時に何で柵がないんだって思いました。地域の方が釣りをする場所だったとの事で、柵がないのも仕方がなかったのかな。亡くなった子を助けようとしたお兄ちゃんも、一緒にいた友達も凄く傷ついていると思います。責めたりせずに心のケアをしてあげてもらいたいです。

世の中体験してからでは手遅れなことが多すぎる。大人でさえ立ち入り禁止区域廃墟に入ったり、釣りが禁止されているところにわざわざ船で行ったり、河川敷でゴルフクラブのドライバーをぶっ叩いたりしている。好奇心いっぱいの子どもたちが、嘘つきの大人の言うことを聞くはずがない。金網を張るなどの安全対策は必要だが国は予算が少ないからやってくれない。そもそも自分たちの子供は放課後に学校のグラウンドは部活動に占領されて使えないことが多い。公園も基本的にサッカーやドッジボールなども禁止だ、幼い子供も遊ぶから当然と言えば当然なのだが小学生もサッカーやるのなら部活に入るしか方法がない、しかもレギュラーになるしかない。本当に息が詰まる。