×
事故

大垣市牧野町事故どこか特定!高校生は誰?軽乗用車タンクローリー衝突、現場映像・画像

3月19日(土)の昼過ぎ、岐阜県大垣市の県道で、軽乗用車が大型トラック(タンクローリー)と衝突する事故が発生。

この事故で、軽乗用車に同乗していた高校生(17)が意識不明の重体となっています。

凄惨な事故となってしまったこの事故の原因とは何だったのか?

大垣市牧野町、軽乗用車とタンクローリーの衝突事故

この事故がおきたのは、2022年3月19日(土)の午後2時15分ごろのこと。

事故現場となったのは岐阜県大垣市牧野町の片側2車線となる県道216号線上で、左側の車線を走っていた軽乗用車が右の車線変更した際、右車線を走行中だったタンクローリーと衝突しました。

この事故によって、軽乗用車を運転していた男性(44)が頭や手などに軽傷、同乗していた高校生の息子(17)が意識不明の重体となっており、大型トラックの男性運転手(26)に怪我はありませんでした。

スポンサーリンク


2人負傷の交通事故の原因は無理な車線変更?

この事故がおきた原因についてはまだ明らかとなっておらず、警察などが詳しい原因を調べるとしています。

ただ現場の状況などから、軽乗用車が車線を変更する際の後方確認を怠った可能性や、それぞれの車の速度差によるものであると考えらえています。

 

大垣市牧野町の事故現場はどこ?

岐阜県大垣市牧野町:県道216号線

 
大垣市牧野町

スポンサーリンク




意識不明の高校生や運転手の身元は誰?

-高校生-
名前:不明
年齢:17歳
性別:男性
職業:高校生
学校:不明
住所:岐阜県大垣市
負傷:不明(意識不明の重体)

-軽乗用車運転手-
名前:不明
年齢:44歳
性別:男性
職業:警備会社
住所:岐阜県大垣市
負傷:軽傷(頭や手などの怪我)

-タンクローリー運転手-
名前:不明
年齢:26歳
性別:男性
職業:運転手
住所:大阪府大阪市
負傷:なし

 

車の重大事故にネットの声は様々

距離感の無いドライバーもドラレコで記録が残れば違反対象として警察に連絡すれば検挙出来る仕組みが確立すれば良いと思う。交差点付近のオレンジ色車線内の車線変更違反。合流する場合、こちらの速度も距離もお構いなしの割り込みが酷い奴。明らかな速度超過の車。これらのドライバー(車)が居ないと事故は格段に少なくなります。

片側二車線の道を走っていて、前の車と特段大きく車間距離をとっていたわけでもないのに、別車線から突然前に割り込んでくる車は珍しくはないけどね、、、ただ時々そんな車に「赤ちゃんが乗ってます」みたいなステッカーが貼ってあるのを見ると、、、その車の運転手はなに考えてんだろう?って思う。

確定的なことは言えませんが、この形態の事故は、車線変更側の不確認、加速不足、急な合流が主因が多い。さらにノーウインカー、軽に複数乗員、慣れた道が関わった可能性がある。この運転では、99回事故ならなくて後続のクラクションで済んでも、1回ドシると一生重荷の重大事故。日常からの念入り確認、早め指示器、前方の交通状況の遠見などの習慣付けが大事で、自分や家族、荷物を守る運転になります。

二車線の一般道で右側を走ってたら、左からウインカーも出さずに急ハンドルで前に入ってこられてしかもブレーキ踏まれて追突しそうだった経験があります。ブレーキ踏んだのは、直近の交差点で右折したかったからのようで、すぐ曲がっていきましたが、しばらく心臓ドキドキでした。この事故は何が原因かわかりませんが、車線変更や右左折でよく見てない車は、周りに助けられてるだけでいつ事故起こしてもおかしくない。

頻繁に車を運転するドライバーさんなら分かるはずだけど、バックミラーとサイドミラーでは後方車が確認出来ない(し辛い)死角があります。だから合流などもそうだけど、短時間で車線変更する際には目視も必要。あと追い越す側も左側の車を見ていればこっちに来そうがどうかは大体分かる。左側の車が前の車に近付いて詰まりそうな時、それと合流がある場所なんかは怪しいですね。常に周りに気を配りどの車がどうしたくどのように動こうとしているか考えていれば、事故を起こすことも事故やトラブルに巻き込まれることもかなり少なくなると思います。

例え、ある程度余裕もって右ウィンカー出してたとしても、タンクローリーの運転手がそれを見ていたとは限らない。よく見かけるのが車線変更時の合図のウィンカー、出さないか、変更しながら一瞬点滅させるだけの車。その一瞬を後ろの車が必ず目にするとは限りません。ルール上は、車線変更する際は、変更先の後方の車との距離などを確認→変更する3秒前にウィンカー出して、再度後方確認した上で車線変更し、完全に隣の車線に移ってから合図を止める。何の為のルールなのかを考えたら、自己中な車線変更なんて出来ないはず。