×
事故

椎名淳一さん死亡の工場どこか判明。茨城県筑西市向上野の資源リサイクル工場でスクリューに巻き込まれる。グラスウール再生工場

1月14日(金)夜、茨城県筑西市向上野にある資源リサイクル工場で、作業員が機械に巻き込まれる事故が発生。

この事故で、会社員の男性(57)が心肺停止で死亡が確認されています。

茨城、筑西市の資源リサイクル工場で死亡事故

この事故は2022年1月14日(金)の午後6時半頃に起きたとされています。

茨城県筑西市向上野にある資源リサイクル工場で、作業員が機械に巻き込まれたといった119番通報がありました。

通報をしたのは事故にあった同僚で、巻き込まれたのは茨城県古河市仁連に住む会社員の男性、椎名淳一さん(57)で、通報によりかけつけた救急隊などによって心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認されています。

工場などでの死亡事故は度々おきていますが、その死因は凄惨なものとなりやすく、、事故の原因はなんだったのか?

スポンサーリンク


椎名さん死亡事故、作業機械のスクリューに巻き込まれ

この事故の原因として、現場は断熱材などに使うグラスウールの再生工場であり、椎名さんは当時一人で作業中に裁断済みのグラスウールを集める機械のスクリュー部分に足から巻き込まれたとみられています。

現場の機械などがどのような状況にあったかなどは不明なものの、人がこうした大きな機械には巻き込まれたらひとたまりもなく、発見時にどのような状態であったのかは想像するに恐怖。。

 

筑西市、事故の現場となった工場はどこ?

事故がおきた現場について、グラスウールなどの断熱材を扱う工場であったということで、下記の場所が該当しています。

茨城県筑西市向上野100

スポンサーリンク




死亡した椎名淳一さんについて

死亡した椎名さんについて判明しているのは以下の情報。

名前:椎名 淳一
年齢:57歳
性別:男性
職業:会社員(作業員)
住所:茨城県県古河市仁連
死因:心肺停止(怪我の状況は不明)

 

工場で起きてしまった凄惨な死亡事故にネットの声は

人件費削減なのかわからないが危険な作業をひとりてやらせる企業が多いよね。

最近こういう事故多いように見えるけど、報道されてないだけで死亡事故は多発してるんだな。労働災害調べればその多さに驚くだろう。

なんと気の毒な・・・ここのところ、似たような人為的な安全確認不足やミスによる死亡事故の記事を度々目にしているような気がする。慣れた作業やルーティンほどくれぐれも気をつけてほしいものだと思う。特にこのように巻き込まれたりした場合、人間の力では抗いようがない機械などを扱う際には。

心肺停止、その後死亡・・・というのは事故の状況からしてもう人の姿形ではなく如何に凄惨な事故であったかが伺える。そんな危険な作業場で安全に関するコンプラはどうなっていたのだろう。工場側は作業員の不注意云々では済まされない。そんな危険な作業を巻き込まれてもおかしくない状況でさせていた事を重く受け止めて頂きたい。

毎月どこかで作業員が落ちる巻き込まれる挟まれる。以前、古新聞回収のトラックに運ぶ作業もしてたが、新聞潰すローラー見てて「これ間違って入ったら」と怖い想像した事ある。現実にあるのが恐ろしい。

作業員の不注意や設備の不備などで発生する巻き込まれ事故は相手が機械故に手加減せず、死亡事故に至るケースが非常に多い。先週もアスファルト製造工場でメンテ中の作業員が突然動き出したミキサーで2名が亡くなった痛ましい事故があったばかりだ。事故防止のためにも作業員のそばには緊急時の際に即座に機械が停止するスイッチと、必ず2名以上で作業することを労働基準法で定めるべき。ほかに人の声で緊急停止するシステムも開発してほしい。

写真屋でバイトしていた時、時々フィルムが流れず機械内でストップしてしまうことが。印画紙と違いフィルムが感光すればお客の写真はなかったものになる。だから全く光のない暗幕を被って手探りで機会内からフィルムを取り出すのだ。複雑な回転系のマシンの中は、一歩間違えばどこか指を落としてしまう可能性も。だからワンオペの時などに発生したらお客に遅いと怒られてもメーカーのサービスマンか店長が来るまでじっと手を出さずに我慢していた。マシンは本当に怖いから。