×
事故

藤川治さん死亡、郡上市長良川鉄道踏切事故の現場どこか判明!車と列車衝突で怪我人など安否や名前は誰?意識不明重体で搬送も

1月4日(火)の午後、岐阜県郡上市内にある踏切内で乗用車と長良川鉄道の列車が衝突する事故が発生しました。

この事故で車に乗っていた男女2人が病院に搬送されています。

現場は雪が回り一面に積もるほどの積雪があった場所、事故の原因は何だったのか?

郡上市、長良川鉄道の踏切で車と列車が衝突事故

事故がおきたのは、2022年1月4日(火)の午後2時40分ごろ、岐阜県郡上市大和町万場にある長良川鉄道の踏切で、乗用車と1両編成の列車が衝突する事故が発生しました。

この事故で、車に乗っていた高齢とみられる男女2人が病院に搬送されており、男性は意識不明の重体、女性は重傷を負っていますが、列車に乗っていた乗客7人と運転士1人に怪我はありません。

※追加情報
その後、乗用車の運転手である大垣市の藤川治さん(74)が死亡したことが判明。

昨今、車と列車の衝突事故は多発しており、今回の事故がおきた原因は何だったのか?

スポンサーリンク


高齢男女2人が重傷、踏切での事故原因は何?

今回起きた事故に関して原因は現在調査中となっています。

現場となった踏切は遮断機がない種類で、警報機はあったものの遮るものはなかったようですが、警報機が鳴っていれば停止することで事故がおきることは防げたと考えられますが、当時は周囲には雪が積もっていた事と事故に関連性があるのかどうか。

当時の様子を列車や車にドライレコーダーなどがあれば状況もわかりますが、現時点ではそれらの情報はでていません。

運転が高齢者だったことから、音が聞こえなかったのか、その場で何かしらのトラブルで足を取られてしまったのか。

 

郡上市、長良川鉄道の踏切事故現場はどこ?

事故がおきた場所は下記の場所であったようで、通常であれば見通しなども悪くない場所ですが、雪のために発見が遅れたのかどうか。

岐阜県郡上市大和町万場

 

スポンサーリンク




長良川鉄道事故の影響で当面は運行停止。復旧はいつ?

事故の影響で列車の運行に大幅な影響がでています。

 

車乗車の夫婦、高齢男女2人の名前誰?身元や安否、藤川治さん死亡

車に乗っていた高齢の夫婦については、事故による怪我出病院に搬送されていますがどちらも危険な状況にあるようですが、詳しい情報は判明していません。

※新情報追加
-夫-
名前:藤川 治(ふじかわ おさむ)
年齢:74歳
性別:男性
職業:不明
住所:岐阜県大垣市
負傷:意識不明の重体

-妻-
名前:不明
年齢:74歳
性別:女性
職業:不明
住所:不明
負傷:重傷

 

乗用車大破、踏切事故にネットの声は

遮断機あっても潜って通る人が居るくらいのゆったりとした路線なんだよなぁ。せめてきちんと車が確認しろ、と思います。

警報機の音が聞えないようでは車を運転するべきではない。鉄道はレールの上を走っているから避けることが出来ないのだ。

雪で音ってかき消されるし、警報機も見えなかったとかありそうだけどやっぱり地方だと窓開けて音確認するってのは必須なんじゃないかな。

たまに田舎道ではあるよね。遮断機を付けるほどでもない、人があまり通らない、車一台がやっと通れる道って。こういうところを使っているのは普段走りなれた人かもしれないので、助手席の人と話したりしながら運転するときちんと確認しないで渡ってしまいそう。

踏切では一時停止して視覚と聴覚で確認する、と教習所では習った気がするけど、窓を開けて音を確認するドライバーは少ないよな。でも、遮断機がない踏切では音の確認も必須だね。

遮断機の設置、不設置の違いはどこが基準なんだろうか?安全の為にも設置してないところにも遮断機設置を進めるべきだと思うが、なんらかの理由で設置困難なら遮断機の機能に匹敵する物(例えば踏み切りの少し前に赤の点滅信号機で注意を促すとか)を設置する様に各自治体で話し合いしてもらいたいものだ。