×
MENU
事故

西岡洸さん死亡事故の現場画像は?文星芸術大で作品制作中に電動工具グラインダーの火花引火で重い火傷。死因は蘇生後脳症なぜ?

2021年12月22日(水)栃木県宇都宮市にある芸術大学「文星芸術大学」の女子学生が、電気工具を使って作品を制作していた際に火の粉が飛び散り服に燃え移り大火傷を負う事故がおきていました。

懸命な治療が続けられていましたが、12月30日に亡くなられたことが判明しました。

大学での死亡事故はなぜ起きてしまったのか?

文星芸術大の女子学生、西岡洸さんが死亡。作品制作中の事故で

この事故がおきたのは、2021年12月22日(水)の午後2時10分ごろのことだったとされています。

栃木県宇都宮市にある芸術大学「文星芸術大学」の美術学部3年である女子学生の西岡洸さん(21)が、授業中に作品制作を行っていた際に電気工具を利用していましたが、飛び散った火花が服に引火する事故が発生しました。

火が消えた後、西岡さんは病院に運ばれましたが大火傷を負っており、治療が進められていましたが12月30日(木)に死亡したことが明らかになりました。

まだ21歳という若さでの亡くなることになった死亡事故の原因は何だったのか。

スポンサーリンク


電動工具グラインダーの火花が服に引火なぜ?

この事故は鉄板などを切るための電動工具、グラインダーを利用していた際に起きたとされています。

※下記はグラインダーの例で実際のものと差異がある可能性があります。

授業中だったといった情報もでていますが、事故当時に西岡さんが1人で作業をしていたのか、周囲に人がいたのかなど、詳しい状況は分かっていないとされています。

※それでいつ、どのように発見されたのかのなぜか情報が伏せられています。

下記の動画は衣服に火が付いた際の再現動画の例。

スポンサーリンク




蘇生後脳症とはどのような病気(症状)?

蘇生後脳症は、「低酸素脳症」とも言われるようで、心肺停止の蘇生後に生じる脳の損傷のことで、心肺停止となった患者さんの心拍が再開したとしても、約7割がこの蘇生後脳症で命を落とすといわれています。

また、そうならなかった場合でも脳に障害が残って、寝たきりの状態になることも少なくないとされています。

心肺停止の原因は様々ですが、先日の大阪で起きた25人が死亡した放火事件の容疑者、谷本盛雄(61)が死亡したのも一酸化炭素(CO)中毒による蘇生後脳症だったとされています。

 

西岡さんが通っていた大学とはどこ?文星芸術大

死亡した西岡さんが事故にあったのは、文星芸術大学での授業中とされています。

文星芸術大学
栃木県宇都宮市上戸祭4丁目

スポンサーリンク




事故で亡くなられた西岡洸さんについて

現時点で判明している情報は下記の通り。

名前:西岡 洸(にしおか たける)
年齢:21歳
性別:女性
職業:大学生(3年生)
学校:文星芸術大学
住所:栃木県宇都宮市
死因:蘇生後脳症(低酸素脳症)
※重度の火傷で一度心肺停止になっていたか

 

大学生死亡の事故にネットの声は

フリースとか燃えやすい服を着ていたのかな。難燃処理されているものがもっと出回ればいいのに。あと、危険性をニュースなどでもっと取り上げてほしい。

作品を作るために必要な工程ならば、それについて勉強しなければ。また教えなければ。芸術系の学校など縁がないですが、学校とはそういう場なのでは。

グラインダーのような回転工具は過去に建設現場でも火事やボヤが多数起きていて使用禁止の現場も多い。使用には服装や周囲の状況などに細心の注意が必要です。ご冥福をお祈りいたします。

火花が出る作業で石油化学繊維着てたらそりゃ燃える。最低でも綿の作業着を着用するもんだし、グラインダーは資格もいる。その辺疎かにしてたら、学校か個人か、どっちに責任が行くんだろう。

うちの会社ではグラインダーや溶接等火花が飛ぶ作業をする時は必ず保護具の着用と二人作業で行い、一人は火花による着火·延焼を防ぐ為に監視や消火器準備するのが作業ルールになってるんだけど。この学校ではその辺りどうなってたのか気になります。

作品制作に夢中になり、周りにだれもおらず発見が遅れて亡くなる…ということが昔身近にありました。それからは危険な機械を扱う時はアーティストが何と言おうが管理している方と必ず一緒にやるということを徹底しています。どうかこのような事故がなくなりますように…。

着衣に引火って 当時どんな服装だったのか?芸大で鉄板切る作業なら 当然作業服と呼ばれるものに着替えていると思うが、作業服なら鋳物がはねても引火などしない。化繊物のフリースとか、まさかファー巻いてる状態で作業していたならジャングルジム燃やした工業大生と同じ知識レベルだぞ。指導教授はどんな指導をしていたのか??

ガスコンロ等で調理をしている際に、毛羽立てた起毛の素材の衣服で「表面フラッシュ現象」で衣服に火が移ってやけどを負ったりするけど、そう言った類の事故だろうか。グラインダーで起こる火花も高温の金属なわけで、充分火災の原因になりますね。大学構内で実習として作業を行う際には、指導する大学側に安全を確保する責任はあると思うので、作業に際して服装等の留意点を指導していたかが問題になりそう。まさか自宅でこの手の作業してたわけでは無いよね?下手したら火災起こすし。