MENU
事故

東急東横線で線路陥没の現場どこか特定!日吉駅近くで点検中に穴。現場映像・画像、原因は何?復旧はいつ?東横線、目黒線が運休

12月13日(月)の午後、神奈川県横浜市港北区を走る、東急東横線の日吉駅付近の線路で、上り線の枕木下の地面に穴が空いているのが発見されました。

この点検・整備による復旧作業のため、東横線や目黒線の一部で運休となっています。

電車が運休となるまでの事態、どのような状況なのか?

東急東横線の日吉駅近くの線路陥没で電車が運休

この状況が明らかになったのは、2021年12月13日(月)の午後2時45分頃のこと。

神奈川県横浜市港北区を走る東急東横線の「日吉駅」から元住吉駅方面に向け、約80mほど離れた地点にある線路に穴が空いているのが発見されました。

発見されたのは線路上に引かれた枕木の下にある地面に空いていた直径50~60cmほどの穴で、安全点検中の職員がいち早く見つけました。

これにより怪我人などは確認されていませんが、東横線が「武蔵小杉~菊名駅間」で、目黒線が「武蔵小杉~日吉駅間」で上下線ともそれぞれ運休となっています。

スポンサーリンク


日吉駅近くの線路陥没で現場映像や画像拡散

 

東急東横線、線路陥没の現場はどこ?

現場となっているのは下記の場所で、日吉駅からすぐ目の前の距離です。

東急東横線:日吉駅
神奈川県横浜市港北区日吉港北区

スポンサーリンク




東急電鉄、東急東横線、東急目黒線など復旧はいつ?

現状ではまだどちらも復旧の見込みは立っていないようなので、振り替え輸送などを利用して移動するのがよさそうです。

 

線路上の穴、電車運休にネットの反応は

これはただ事ならない。この区間、近くにハザードマップの警戒区域があるし、川もある。慎重に点検して欲しい。

長年の間、この区間は高架だと思い込んでいたが、築堤上の軌道を高架っぽい防音壁で囲んでいるだけなんだね。

陥没は恐いですね。この箇所だけでなく、他も緊急点検でしょうから、緊急対応の保線の皆様お疲れ様です。寒い中、夜間の作業までと影響しますが、ご安全に作業ください。お疲れ様です!

×