事故

有田和俊さん死亡、鳥取市商栄町6人死傷の現場どこか特定で事故原因は何?高校生等10代5人の少年が重軽傷

10月19日(火)の深夜、鳥取県鳥取市にある県道で、軽乗用車が対向車線を走っていた普通乗用車に正面衝突する事故を起こし、1人が死亡、5人が重軽傷を負いました。

多数の人が巻き込まれ犠牲になる事故が多発していますが、なぜこのような事故が起きてしまったのか?

鳥取市商栄町で深夜におきた6人死傷の大事故

この事故は、2021年10月19日(火)の午後11時40分頃、鳥取県鳥取市商栄町の交差点付近で「車同士の衝突事故があった」と通行人から119番通報があったことから発覚。

事故の原因は当時、軽乗用車が対向車線を走っていた普通乗用車に正面衝突したことであるとされており、軽乗用車を運転していた鳥取市湯所町に住む団体職員の男性、有田和俊さん(64)が体を強く打つなどして死亡(死因:外傷性窒息)

また、普通乗用車のほうには、鳥取市内に住む会社員や高校生、漁師などの18歳の少年5人が乗っており、2人が腕や指を骨折する大怪我、3人が軽傷と5人が重軽傷を負っていますが、命に別状はないとされています。

スポンサーリンク




鳥取市商栄町で6人死傷の事故、現場はどこ?

事故がおきた現場は下記の場所にある商栄町の交差点部分ですが、事故の後を見る限りはみ出したというよりも逆走に近い状態であったのでは?と考えられます。

鳥取県鳥取市商栄町

 

スポンサーリンク




死亡の有田和俊さんの情報は?

死亡した有田さんの情報については下記の通りで、死因については外傷性ということで病気などでによる死亡ではなかったようですが、事故の直前に何があったのか?はまだ調査中となっているようです。

近年、こうした事故の場合に脳梗塞など突然の病気などが原因となる場合がありますが、そうした際の事故をどのように防ぐのかはまだこれからの課題とされています。

名前:有田 和俊(ありた かずとし)
年齢:64歳
性別:男性
職業:団体職員
職場:不明
住所:鳥取県鳥取市湯所町
死因:外傷性窒息

 

鳥取市内でおきた6人死傷の大事故にネットの声は

ネットの意見としては様々な見方からの意見が出ているようですが、こうした事故などもはっきりとさせるために、すべての車へドライブレコーダーの設置を行っておくべきではないかと思われます。

他の報道で軽乗用車側がセンターラインを越えたとありました。真相は調査中だと思いますが、憶測のコメントはいかがなものでしょう。

直前までうちの家族と一緒でした。明け方電話がきて見たらこんな事に。心臓が悪い人だったから意識なくしたのか。キチンと調べてください。大雨でしたよね、昨夜遅く。

両車両とも破損はクラッシャブルゾーンでセーフティーゾーンは確保されているように見受けられるが亡くなったと報じられているので報道するなら原因をもう少し掘り下げて報道してほしいかな。

深夜時間帯で、目撃者が多くないと思う中、軽自動車がはみ出したということだから、ドラレコなり少年側の何人かがそう主張して矛盾が無かったか、のいずれかでしょうかね。普通車も決して大きく無さそうなので、相手が軽自動車じゃなかったら、死者が出ていたかもしれない。ペラペラのフレームと車内空間を大きく確保するためにこういう場面での犠牲があるということを踏まえて選ばないといけない、最近のスーパーハイト軽自動車。

鳥取は高齢ドライバーも多く、若い人も運転マナーも悪い。右左折時にウインカーを出さないか曲がると同時にウインカーを出すなんて当たり前。前々日の朝、鳥取市内で左ブラインドカーブに差し掛かったら対向車が逆走して来て正面衝突するとこだった。通勤ラッシュの左折信号待ちで連なってる長蛇の車列を一気に抜いて直進したかったのだろうが、見通し悪いカーブで反対車線を走るなんて…常識有る運転を心掛けて欲しいものです。

18歳で免許取り立ての若者が雷雨の激しかった時間にドライブですか···。死人に口なしですから何とも言えませんが、軽自動車は対向車線にハミ出したんじゃなく、右折しようと曲がり始めたところに、若者の車が直進して衝突したんじゃないのかな?早く周辺の防犯カメラなどから原因を究明をしなくてはなりませんね。

~こちらも読まれています~
×