MENU
事故

刈谷市松栄町、児童7人重軽傷どこか現場特定、画像は。トラックと乗用車衝突し児童の列に、、朝日小学校の生徒が緊急搬送、誰?

車が児童の列に突っ込む事故がまたおきてしまいました。

10月12日(火)の朝、愛知県刈谷市の交差点で、乗用車が登校中の小学生の列に突っ込みました。

この事故で3人が重軽傷を負って緊急搬送されています。

刈谷市松栄町でトラックと乗用車の事故、児童巻き込まれる

事故がおきたのは、2021年10月12日(火)の午前7時50分ごろのこと。

愛知県刈谷市松栄町3丁目を走る、国道419号側道の交差点で、直進のトラックと左から来た乗用車が衝突する事故が発生し、この事故のはずみで、乗用車が歩道にいた登校中の朝日小学校に通う児童の列に突っ込みました。

この事故で女子児童3人が重軽傷を負ったとされていますが、いずれも命に別条はないとしています。

※このほか児童4人が病院で手当てを受けたといった情報も出ています。

スポンサーリンク


小学生3人が重軽傷、事故の原因は何?

この事故がおきた原因として、現場は信号のない三差路の交差点であったことから、乗用車が左折しようとした際に安全確認が十分でないまま行ったためにトラックとぶつかったとみられています。

乗用車とトラックの運転手については怪我などの情報はでていないことや現場の状況から、スピードはそこまで出ていなかったと思われ、はずみで児童の列に突っ込んだといった情報がありますが、衝突を避けるためにとさにハンドルを切って児童の列に突っ込んだ可能性も考えられます。

双方の運転手の身元などについては現時点では不明となっています。

※追加情報
当時小学生は6歳から12歳までの男女8人で登校していて、交差点で一時停止した乗用車に道を譲ろうと歩道で立ち止まっており、乗用車は一時停止をして左折しようとした際に大型トラックと衝突し、そのはずみで歩道の児童の列に突っ込み、ガレージの壁に衝突して止まったようです。

12歳の女子児童が足の骨を折る重傷を負ったほか、6人が軽いケガをしましたが、命に別条はないということです。

スポンサーリンク




刈谷市松栄町でトラックと乗用車の事故、児童巻き込まれる

事故があった現場の状況については詳しい情報がでていませんが、信号や横断歩道などもないT字路になっている場所であるということから下記の歩道橋がある現場のどちらか側が事故の現場と考えられます。

愛知県刈谷市松栄町3丁目

スポンサーリンク




重軽傷女子児童3人の名前や身元は?刈谷市立朝日小学校

事故に巻き込まれた女子児童3名について、「刈谷市立朝日小学校」の生徒であることは明らかとなっていますが、詳しい身元については判明していません。

集団登校をしている最中の事故であったようで、学校までは徒歩で約10分ほどの距離の場所。

 

登校中の惨劇、、ネットの反応や意見は

事故の詳しい状況が不明なのですが、過去にドライブレコーダーの映像を2万件以上見た中から、このような歩道に乗り上げるような事故が起きる時、かなりの確率で、乗り上げる車両の運転者がアクセルを踏んだ状態で衝突しています。あの大津の園児が亡くなった事故も、直進車がアクセルを踏んだ状態に強引な右折を行った為発生したと考えられます。交差点は事故が多い場所です、合流しようとしている車両や、右折しようとしている車両などが見えている場合、万が一の場合に備えてアクセルオフで走行し、このような二次災害的な事故にならないようにして下さい。

またしても起きてしまった登下校中の事故。亡くなる児童がいなかったのが不幸中の幸い。今一度、通学路の安全対策の徹底をお願いします。

なんで一日24時間ある中で、児童の登下校するたかだか1時間ぐらいの間に車が児童めがけて突っ込むものだと驚愕する。もはや確率論を逸脱した事故の多さだと思う。

重大な後遺症が残っても生きているなら命に別状はないそうです。それを知って以来命に別状はない、に安心できなくなりました。どうかみんな元気に回復しますように!!

命に別状が無いとはいえ後遺症などが無いことを強く望みます。痛かったろうに。どちらの立場も明日は我が身です。危険な通学路もまだまだ散見するので、しっかりとした安全対策ができるように行政にも運転者にもしっかりと対処してほしいです。

左折するときに乗用車は左右確認を怠ったのかな。きちんと左右確認はして欲しいです。女子児童の誰もお亡くなりになっていなくて良かったです。早く怪我が治り日常生活に戻れるように願います。しかし、通学路は信号機のない道は通らないように学校側も変更したらいいのにって思います。女子児童の心のケアをきちんとしてあげて欲しいです。

朝は急いでいる車も多いからか、凄くスピードを上げていたり、交差点にも突っ込みそうな勢いのトラックなど、ヒヤヒヤしながら子供達を見送っています。このようなニュースを見ると、また子供達が犠牲になったと胸を痛めると同時に、保護者として毎日の見送りも気を引き締めていかねば。子供達のケガが一日でも早く快復するよう、願っています。

 
※こちらは詳しい情報が判明次第、追加・更新していきます。
 

~こちらも読まれています~
×