MENU
事故

調布、つつじヶ丘駅前交番にトラック突っ込む!死亡運転手は誰で名前は?現場どこか判明で映像・画像が衝撃。ガソリン漏れ騒然

10月8日(金)の夜、東京都調布市のつつじケ丘駅前交番にトラックが突っ込む事故がおきていました。

この事故でトラックを運転していた50代男性が死亡する事態となっており、事故後に現場周辺は騒然とした状況に。。

トラックによる死亡事故の原因は何だったのか?

調布市、つつじヶ丘駅前交番にトラックが突っ込む

この事故がおきたのは、2021年10月8日(金)の午後8時40分ごろのこと。

東京都調布市にある、警視庁調布署つつじケ丘駅前交番(西つつじケ丘3丁目)に、3tトラックが突っ込む事故がおきました。

トラックには男性2人が乗っており、運転席にいた50代くらいの男性が死亡、助手席の10代後半の男性は病院に運ばれるも命に別状はありません。また当時交番には警察官2人がいましたが、幸い怪我もなく無事でした。

痛ましい死亡事故、、原因はなんだったのか?

スポンサーリンク


交番にトラックが、、事故の原因は何で会社どこ?

当時トラックは、片側2車線の直線道路(甲州街道)を西方向に走行中でセンターライン寄りを走行していたとされており、何らかの原因でハンドル操作を誤ったことでハンドル操作を誤って、道路左側に面した交番の外壁に突っ込んだとみられています。

また、当時トラックには荷台に土砂が積まれていましたが、現場に土砂が散乱し「ガソリンが漏れている」と周囲に注意が呼び掛けられており、かなりの混乱状況にあったようです。

何が原因だったのかは現時点で不明ですが、こうした事故では急病などの可能性もあります。

トラックに関して、映像を見る限りでは『産業廃棄物収集運搬車 〇〇番号 第125688号』といった文字が見えており、この情報から産廃業者について検索をすると、足立区にある「株式会社中村建設」の情報が出てきますが、確証は得られていません。

スポンサーリンク




事故の現場はどこ?つつじヶ丘駅前交番

事故があったのは下記の場所にある交番で、地図から見ても曲がり角部分にバリケードを作っていることから、事故が起きやすい現場ではあるようです。

トラックはこれによって少しそれて交番に突っ込んだため、警察官に怪我がなかったと思われます。

警視庁調布警察署 つつじケ丘駅前交番
東京都調布市西つつじケ丘3丁目

スポンサーリンク




死亡の50代運転手と10代男性の名前や身元は?

-運転手-
名前:不明
年齢:50代
性別:男性
職業:不明(建設会社社員?)
会社:不明(建設会社?)
住所:不明
死因:胸を強く打ったことによるショック死か

-助手席-
名前:不明
年齢:10代
性別:男性
職業:不明(建設会社社員?)
会社:不明(建設会社?)
住所:不明
怪我:意識不明の重体(命に別状はなし)

スポンサーリンク




交番にトラック衝突の衝撃事故にネットの反応は

先日のタクシー事故のように急病の発症が原因か・・兆候のない発作などは怖いですね。フレンチのレストランに急いでいたのとは訳が違う・・

これはどうなんだろう?ひょっとしたら交番に突っ込む前に心肺停止していた可能性ないのかな?そうだとしたら交番で他に被害者が出なくてよかったとも言える。

甲州街道と駅ロータリーから出てくる交差点のところ。その時間は駅からの人、塾の帰りの子がたくさん信号待ちをしてるところ。しかも歩道のコーナーにはコンクリートでガードしてある。きっとその前から体調にいへんがあったのでしょう。周りのかたが巻き込まれなかったのが不幸中の幸い。

このような事故が何故か頻発していますね。お察しの方も居られると思いますが…今後も必ず増加します。ウォーキングもこれから先、車道避けた方がいいと思います。

運転操作を誤ったとありますが、なぜ誤ったのかが気になりますね。咄嗟的な病気なのですかね…命を落とされたのは残念というほかありません。助手席の10代の男性は別記事で意識不明とありましたがこの記事では命に別状がないということなので助かってよかったです。詳細もわかりそうですね。

急性の心疾患か脳疾患が疑われますね。*同級生が自宅で脳幹出血で倒れた時の事を遺族から後で聞いたけど、あっという間だったらしい。自宅にいて急に倒れて、「救急車を呼んでくれ・・・」が最後の言葉になったらしい。彼の年齢は当時50歳になったばかり。年末の30日で、少し遅ければ奥さんの実家へ帰る運転途中だったかもしれない。大惨事にならなくて良かったと思う。

~こちらも読まれています~
×