MENU
事故

木ノ本昊輝くん(13)死亡の現場どこ?鹿児島市五ヶ別府町で水難事故の原因は何?永田川滝つぼで友人ら6人と遊び中に溺死、、

また、川での水難事故によって若い命が失われてしまいました。。

9月18日(土)の夕方、鹿児島県鹿児島市を流れる川で遊んでいた中学生の男子が溺れる事故がおき、その後に死亡が確認されました。

夏場に川や海での水難事故は増加しますが、今回の事故の原因なんだったのか。

鹿児島市五ヶ別府町、中学生男子が滝つぼで溺れて死亡

この事故がおきたのは、2021年9月18日(土)の午後4時ごろのこと。

鹿児島県鹿児島市五ヶ別府町を流れる永田川の滝つぼで「友人が溺れている」と消防に通報があったことから事態が発覚。

通報を受けて現場に駆け付けた消防や警察が捜索したところ、約30分後に鹿児島市に住む中学2年生の男児、木ノ本昊輝さん(13)が、滝つぼの底に沈んでいるのが発見され、病院に搬送されるも約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

スポンサーリンク


川で溺死、、中学生死亡の原因は何?

今回の事故が起きた原因や経緯について警察などが詳しく調査をしていますが、現状では不明となっています。

ただ、事故がおきたのは滝つぼであるとのことで、滝つぼ周辺は川の流れが緩くなっているように見えて、滝の真下は思っているよりも危険な場所であることが多いです。

上からの水の流れで下が深くなっていることはもちろん、滝の下部分は水流も特殊な状態となっており、たくさんの泡によって浮力も減りそのまま沈んでしまう可能性があります。

これは救命胴衣などを付けていても危険なことがあるとされているくらいで、高い場所から滝壺に飛び込んでいくといったのは自殺行為ともいえる非常に危険な行為。

過去に同様の事故も全国各地で起きており、注意がされているにも関わらず毎年のように事故が起きてしまいます。。

スポンサーリンク




鹿児島、13歳男子中学生死亡事故の現場はどこ?

事故がおきたのは、鹿児島市五ヶ別府町を流れる永田川の滝つぼであったとされていますが、詳しい場所は確認中。

※下記地図では中央の赤線の部分が川となっています。
鹿児島市五ヶ別府町

※滝つぼは水深約2.5m、幅13mほどでとされています。

スポンサーリンク




木ノ本昊輝くんの情報について

死亡した、木ノ本昊輝くんについて判明しているのは以下の情報。

名前:木ノ本 昊輝(きのもとこうき)
年齢:13歳
性別:男の子
職業:中学生(2年生)
学校:不明
住所:鹿児島県鹿児島市
死因:溺死

当時、友人5人(併せて6人)で遊びに訪れていたようです。

スポンサーリンク




中学生、川での死亡事故にネットの声は

子供の頃遊んでた事を思い返すと何度も死にかけた事がある。誰だって死にかけたとか、ちょっとのズレで死ぬかもしれないという経験あると思う。ほとんどの人が笑い話しにできて大人になるけど、運悪く大人になれなかった子もでてくる。たまたまが怖いけど、大人の言うことを聞かない年齢ではなかなか防げない。

学生時代に滝を見に行った時、親子連れが川辺で遊んでいて、子供が川にはまって滝壺にグイグイ流されていったのを目撃したことある。その時は父親が泳いで救出したけど、もしも子供さんだけなら危なかった。滝壺の近くは急に深くなってたりするから、滝の近くで川遊びは絶対してはいけない。

地元に住んでいても、子どもたちには行かないように言い聞かせていました。学校でも危険な場所として指導があったのではないかと思いますが…何年か前も事故で亡くなった方がいらっしゃいますし…もう少し学校や親子で話し合う機会をもうけてほしいです。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

台風の日になぜわざわざ川に行ったのか。雨降ってなかったの?事件性はないのか。水辺の事故は証拠が残りにくいから捜査が難航すると、最近ジェットスキーのひき逃げの事件でも言ってたし。きちんと調べた方がいい。

自分はこの場所に行ったことはないが、聞く話では滑り台のようになっていて、飛び込む子どもが結構いるという。足がつったりしてそのまま沈んだのかもしれない。くしくも、今日この場所からさほど遠くないところに来たが、亡くなった中学生の冥福を祈る。

もう、暑さの盛りも過ぎて滝壺の水温なんて、結構冷たいんじゃないのかね?冷たさで筋肉が硬直して、思うように動けなかったり力が入らない、とかも起き得るから
もう、シーズン的に止めた方が良いように思う。

若い命が失われることほど哀しいことはない。決して一つの命を軽んじるつもりはないが、この一つの命の尊さによる抑止力により、他の若い命が、守られたと感じずにはいられない。この年頃はダメと言われていること、他の人がしていないことに強い興味を示して、トライしてしまう。それは親のしつけや先生の教育でどうにかなるもんじゃない。

~こちらも読まれています~
×