事故

淡路市岩屋沖、水上バイク事故で死亡男女3人は誰で名前や身元特定は。現場判明、消波ブロックに衝突の事故原因は何?

兵庫県の海上で、ついに大きな事故が起きてしまいました。

9月15日(水)の夕方、兵庫県淡路市の海上で水上バイクによる事故があり、男女3人の死亡が確認されました。

3人は全員が水上バイクに乗っていたとされていますが、なぜこのような事故がおきたのか?

淡路市岩屋沖で水上バイク事故、男女3人が死亡

この事故がおきたのは、2021年9月15日(水)の午後4時過ぎのこととされています。

兵庫県淡路市岩屋の沿岸にいた女性からの118番通報があったことから。

「無人の水上バイク1台が漂流している」
「海上を3人乗りの水上バイクがすごい勢いで走行し、ドーンという衝突音がした」

通報を受けて県警淡路署や第5管区海上保安本部(神戸市)が現場付近を調べたところ、近くの岸壁にある消波ブロック付近で男性2人と女性1人が倒れているのが発見されたものの、いずれもその場で死亡が確認されています。

スポンサーリンク


淡路島沖、水上バイク事故の原因は何?

事故がおきた現場は明石海峡付近、淡路島北部の岸壁で水上バイクの走行は禁止されていない海域であったようです。

消波ブロックには衝突痕があり、水上バイクの船首付近の船底部分が大きくえぐれ、操縦席が大破していたことなどから現場の北側から岸壁に接近してきたのではないかと考えられています。

また、乗っていた水上バイクは3人乗りの大型のものであったとされています。

「事故の前に3人乗りの水上バイクが猛スピードで走っていた」といった目撃情報があったことから、事故の原因はスピードを出しすぎての操縦ミスであった可能性が高いと思われます。

水上バイク事故死の男女3人は誰?名前や身元は

死亡した男女3人の内、男性1人は消波ブロックの波打ち際に浮いていたのが発見されており、他の男女2人はブロックの間に挟まって倒れているのが見つかっています。

発見された3人はTシャツに短パンなど水着姿で、頭や顔に傷があったとされていますが遺体の損傷具合はかなり激しく、その場で死亡が確認できるほどだったことから、事故の衝撃がかなりのものであったと思われます。

身元に関しては、いずれも成人とみられるものの身元を示す所持品はなく、水上バイクの船舶番号から所有者情報を調べているようです。

※追加情報
今回の事故で死亡したのは神戸市兵庫区に住む35歳の男性、神戸市長田区に住む29歳の女性、神戸市長田区に住む28歳の男性だとわかりました。

スポンサーリンク




淡路市岩屋沖、水上バイク3人死亡事故の現場はどこ?

事故がおきた現場は、映像などからすると「淡路警察署」の裏側の海岸ではないかと思われます。

 


スポンサーリンク




男女3人死亡事故にネットの反応は冷ややか

まあ、自業自得だから仕方ない。死亡した人もリスクを把握しての事故だから本望では。他の人が巻き込まれなかったことが幸い。

水上バイクに全く良いイメージがわかないんですが。プライベートビーチならまだしも、海水浴場とかでやってると本当に邪魔だし煩い。死者が出てお気の毒とは思うが、同時にはしゃぎ過ぎたんじゃない?と思ってしまう。

亡くなられたのはお悔やみを申し上げますが定員もエリアも守らず航行してたわけですよね。普段からの乗り方も容易に想像できますね…他の方々を巻き込まなくてよかったですよ。

マナーやモラル、ルールも守れないから事故が起きる。猪苗代湖も、琵琶湖の時もそう。車も。もっと、厳しく、法律を明確化、厳罰化する必要があると個人的には思います。亡くなった人には申し訳ないですが、赤の他人を巻き込まなくて良かった。

スピード出しすぎて、単独事故起こすのは仕方がないと思いますが。遊泳区域でシュノーケルやSUP(スタンドアップ・パドルボード)の近くでの暴走、シジミ取り漁の船近く暴走は現行犯でなくても映像をもとに取り締まれるようにして早急になくすべきです。船の違反は罰金高額ですよすぐやめるように!

調子に乗ってしまいましたね。水上バイクはとてもスピードが出ます。そして車の様にブレーキなどは有りません。急旋回して止まるしかありませんが、操縦者は「あっ!!」と思った時には体が固まり、そのままスルスルと吸い込まれる様に衝突したのでしょう。まさか、自分の運転で友人・親族を巻き込むとは思ってなかったでしょう・・・。危険運転をして調子に乗っている方々!明日は我が身だよ。

この人たちがどうだったかは知らんが、淡路の岩屋~東浦で釣りをしていると岸壁沿いを猛スピードで駆け抜けたり、岸壁に向かって突進しUターンで釣り人に海水をかけるようなあほが良くいる。水上バイク・プレジャーボートの免許要件を厳格化するとともに沿岸1Kmは帰航時以外は航行禁止・帰港時は時速10キロ以下に法整備すべき。

~こちらも読まれています~
×