事故

長野県東御市の県道事故どこ?4人乗サイドカー付き大型バイクとトラック衝突で3人が重軽傷、運転手の名前誰で事故原因は何?

オリンピックも開始し、連休の最終日となった7月25日(日)の午後、長野県東御市の県道でサイドカー付きの大型バイクと普通トラックが衝突、3人が重軽傷を負う事故が発生していました。

怪我をした中には幼い子供も含まれており、なぜこのような事故が起きてしまったのか?

長野県東御市、バイクとトラック衝突し3人重軽傷

この事故がおきたのは、2021年7月25日(日)の午後1時45分ごろのこと。

長野県東御市にある県道で、サイドカー付きの4人乗りの大型バイクとトラックが衝突し、この事故でバイクを運転していた男性(52)とサイドカーに乗っていた女性(38)が骨折の大怪我、バイクの後部座席に乗っていた小学生の男児(6)が頭に軽い怪我をしました。

※サイドカーに乗っていた小学生の女児(10)に怪我はなし。

特殊なバイクでの事故であったため、この事故に多くの注目が集まっています。

スポンサーリンク


バイクとトラックの事故、原因は何?

この事故の原因として、現場検証をした警察は県道を右折しようとした普通トラックと、後方から追い越そうとした大型バイクが衝突したものとみて、さらに詳しい原因を調べるとしています。

通常のバイクではなく、サイドカーを付けたバイクであり、また乗っているのも小さな子供がいるとはいえ4人といった定員いっぱいの状態、そのようないつもとは違う状況であっても、いつも通りの追い越しをしようとしたことが事故の原因の可能性が考えられます。

※もしくはトラック側の指示器なしでの右折?(ただ減速はするはずなので見落としなどの可能性も?)

スポンサーリンク




大型バイクで4人乗りは大丈夫?

大型バイクにサイドカーをつけて最大4人まで乗れるといったものはあるようで、またバイクの後部座席に乗る人物に関しては年齢制限はないとされています。

※ヘルメットなどを被る義務があるため、あまり小さいとそのヘルメットがないために乗れないといった状況も。

ただ、小学校低学年などだと捕まる力もそこまで強くないですし、力尽きて寝てしまうといったことも考えられるため、バイクに固定できるようなものがなければ後部座席へ乗せるのは推奨されない方法。

下記は参考画像↓(※事故のバイクとは関係ありません)

スポンサーリンク




長野県東御市、事故の現場はどこ?

トラックと大型バイクの衝突事故があった現場について、事故の現場については詳しい場所は判明していません。

 

バイク事故の運転手は誰?けが人は?

この事故に関連した怪我などは下記の通り。

-バイクの運転手-
名前:不明
年齢:52歳
性別:男性
職業:医師
職場:不明
住所:山梨県北杜市
怪我:骨折(重傷)

-サイドカーの女性-
名前:不明
年齢:38歳
性別:女性
職業:不明
職場:不明
住所:山梨県北杜市
怪我:骨折(重傷)

-バイク後部座席の男児-
名前:不明
年齢:6歳
性別:男児
職業:小学生(1-2年生?)
学校:不明
住所:山梨県北杜市
怪我:頭部に軽い怪我

-サイドカーの女児-
名前:不明
年齢:10歳
性別:女児
職業:小学生(4-5年生?)
学校:不明
住所:山梨県北杜市
怪我:怪我はなし

-トラックの運転手-
名前:不明
年齢:58歳
性別:男性
職業:会社員
職場:不明
住所:東御市
怪我:怪我はなし

スポンサーリンク




連休最後の日曜日に行楽で事故?ネットの声は

右左折の指示機でてるのに、出てる方から追い抜く人が多いよね。特に左折指示機だしてるのに、無理やり隙間に入ってくる原付きが多いこと。

サイドカーってそもそも何人乗りなの4人も乗るなら車にすればよかったのにね…

4人乗車のサイドカー付きバイクもあるけど、3人乗車タイプなら定員オーバーですね。それに、トラックが交差点かは分からないが右折しようとしてたなら、指示器は出てたはず。それを追い越そうとするなんて、トラックドライバーもいい迷惑ですね。

サイドカー付きバイクで無理な追い越しとかするから事故ってしまう。挙句にはバイクは自分勝手な運転をする輩が多い、と言う評判になってしまう。勘弁して欲しい。

サイドカー付きの大型バイク。子ども含め、自分以外に3人いるのに追い越しとか考えられん…バイクなんて守るものは何にもないのに。ていうか、普段からそんな運転ばかりしてたんだろうな。医師になるほど勉強は出来たんだろうけど、社会的な偏差値は最低という典型的な例。

それでなくてもコロナ禍で医者は大変なのに・・・お金はあるのか目立つサイドカーで他県に行楽。。。4連休でもできるだけ外出しないようにって医師会も言ってなかったっけ?で、事故って同業者に世話になる。医者にもいろいろなお人がいるようで。

~こちらも読まれています~
×