事故

無水硫酸流出の富士化学工業どこで危険・影響は?煙たち込める現場映像ヤバイ!上市町郷柿沢の製薬会社の医薬品工場で事故

7月19日(月)の午前、富山県上市町にある医薬品工場で無水硫酸が流出する事故がおきていたことが明らかになりました。

この流出による影響は一夜明けても収まらず、町などが周囲の住民に注意を呼び掛ける事態となっています。

現場付近は立ち上る煙に包まれていますが、流出した「無水硫酸」の身体への影響、収束は?

富山県上市町の医薬品工場から無水硫酸が流出

この事故がおきたのは、2021年7月19日(月)の午前10時ごろのことであったとされています。

町内にある医薬品工場「富士化学工業」でタンクローリーから工場に送り込む際に無水硫酸が漏れ出し、同日の午後1時30分ごろに、異変に気付いた住民から町に「工場から煙が上がっている」と町へ連絡があったことから、その後に町から警察と消防に通報がされ事態が公に。

立ち上る煙は勢いが衰えず、一日経過した20日になっても無水硫酸の排煙作業や流出を食い止めるための対応に追われており、収束はまだ見えていません。

町や警察は周辺住民に対して、家の窓を閉めて不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

スポンサーリンク


無水硫酸流出の原因は何?危険性は?

今回の無水硫酸の流出事故について、工場側はタンクローリー車から工場に無水硫酸を送り込む最中、何らかの原因で漏れはじめたということで原因は判明していません。

また、現場は無水硫酸による煙が充満していて、タンクローリーに近づくことが困難であるようで、外に漏れ出さないようタンクローリーにブルーシートを巻くなどの対応が続けられています。
 
無水硫酸は刺激臭があり、霧状になったものを大量に吸い込むとせき込む恐れがあるとしており、工場の責任者が以下のように述べています。

富士化学工業 総務部 堀田真司主任

「煙は刺激臭はあるが、そこまで危険ではありませんし、空気中に拡散しておりますし、念のため地域住民の方には窓を閉めるように注意喚起しようとしております」

 
また、同じく町も調査中としながらも「すぐに有毒なものとは聞いていない」といったコメントを出しており、今のところ怪我人や体調不良を訴える人はいないとされています。

スポンサーリンク




無水硫酸流出の富士化学工業はどこ?

事故がおきた工場がある現場は、住所や現場情報などから下記の場所とされています。

富士化学工業(株) 生産本部製造部製造第5課
富山県中新川郡上市町郷柿沢

 

スポンサーリンク




工場からの薬品流出事故にネットの反応は

無水硫酸って水分に触れると硫酸になるから、大変危険です。無水硫酸の漏洩事故なんてあまり聞いたことがない。

町の緊急情報が通報されたのは午後5時30分ころでしたよ。遅すぎませんか。家族が外出していて急に苦しくなって咳き込んだと言っていました。

昨日の夜の段階で、近所の住民の方は「知らなかった」と言っていますが、すぐ情報を出さなければいけない案件では?危険です。

風下側に住まれている方々は相当不安でしょうね。今のところ健康被害が出ていないと言っていたが長期的にはどうなんでしょうか。作業される方、熱中症にも気を付けて。

通報が1時半だとしたら、警察はなにしてたの?近隣保育園を利用している保護者なんだけど、お迎え行った16時すぎには、園には情報は来ていなかった。

10時頃からと書いてありますが9時にはもう白煙のようなものが工場から上がっているのを見ました。この工場は昔から夜間になると異臭のする白煙のようなもをよく排出しているようで近隣の住民の間では不安視する声を多く耳にします。近くにはふわふわドームなど子供の遊具ある公園もあるので、これを機に県と町は抜き打ちで環境調査をしっかり行なって指導していただきたいです。

富士化学工学が速やかに関係各所に報告せず放置していたことが今回の対応の遅れの原因だと思います。会社の劇薬を扱う意識の低さ、危機管理のなさ、事故放置の体質も今回の件ではっきりわかりました。こういった万一の事が起こった時の管理体制の甘さを行政が指導すべきだと思います。直ちに人体に影響がなければ問題ないという認識もいかがなものかと。発生から12時間以上も経過しているのにまだモクモクと煙が上がっています。周辺の農作物、地下水、動物、地球環境への影響などを忘れているように感じます。近隣住民は時々得体の知れない異臭や煙や水蒸気を見ていてとても不安です。

~こちらも読まれています~
×