事故

札幌市中央区北2条西14丁目、死亡事故どこか判明で現場画像ヤバイ!事故の2人誰で身元は?原因は何?信号無視と速度超過か

6月3日(木)の午後、北海道札幌市中央区の交差点で車同士による死亡事故が発生。

なぜこのような事故がおきたのか?

札幌市中央区の交差点で2名死傷の交通事故

この事故がおきたのは、2021年6月3日(木)の午後1時20分ごろのこと。

事故があったのは、北海道札幌市中央区北2条西14丁目の交差点で、乗用車とワゴン車が出合い頭に衝突するその瞬間がドライブレコーダーに映されていました。

この事故で、乗用車を運転していた70代男性が、意識朦朧の状態で病院に搬送されましたが、その後に死亡が確認されています。

また、のワゴン車を運転していた40代女性は、胸付近を骨折している疑いがあるして重傷ですが、命に別状はないようです。

交差点での出会いがしらの事故は、なぜおきてしまったのか?

スポンサーリンク


乗用車が赤信号を無視?ワゴン車はスピード違反?

この事故が起きた、死亡した男性が乗っていた乗用車側の信号は赤であったようですが、なぜか徐々に交差点に出てきた様子が映されていました。

その後、交差点にワゴン車が入ってきていますが、映像から見るとかなりのスピードが出ている様子が捉えられており、後続の車の動きをみると、そのスピード差はかなりあったようです。

※現場付近は制限速度50kmで、実際どのくらいのスピードが出ていたかの情報はまだ不明。

 
事故の原因は乗用車側が、赤信号での交差点侵入にしたことにあったようですが、挙動がおかしかったことからブレーキから足が離れたりしていた可能性が考えられます。

ワゴン車のほうはノーブレーキで突っ込んでいた様子から、前方不注意はあったと思われます。

スポンサーリンク




札幌市、死亡事故の現場はどこ?

事故がおきたのは、札幌市中央区北2条西14丁目にある下記の交差点。

スポンサーリンク




札幌市交差点での死傷事故の男女2人は誰?

今回の事故、双方の身元については現時点では明らかにされていません。

死亡したのは、乗用車に乗った70代の男性で赤信号を進んで交差点に出てしまったほうの車です。

重傷とされる怪我を負ったのは、青信号なもののスピードを出した状態でワゴン車で交差点に入ってきたほうが、40代女性とされています。

事故の原因と、責任については警察などの現場検証などから、明らかになっていくと思われますが、死亡するまでに至る事故は大体がスピード出しすぎでおきるため、走る凶器とも呼ばれる車を運転するのであれば、しっかりとルールを守って安全運転をする必要があります。

スポンサーリンク




衝撃の死亡事故にネットの反応は

音もクリアに録れているけど、ワゴン車が急ブレーキを踏んだ様子もないし結構なスピードが出ている感じ。それにしても、何で信号を無視して出てきたのか…。

信号無視とスピードの出し過ぎ….安全運転って、意識が欠けてる2台が最悪のタイミングで出会った結果だと思う!

乗用車側が赤信号で止まっていたのに、歩行者がいなくなったら走り出した。そこに、青信号で走行していたワゴン車がスピード緩めることなく、走行してきて衝突した感じです。自動車側の反対車線の、赤信号で止まっていた車のドライブレコーダーに、一部始終映っていました。衝突音も、かなり大きかったです。

カローラの動きは有り得ないので論外として、ミニバンも街中にしてはスピード出し過ぎかな。確かこの道路は50km/h制限の規制区間。カローラがトロトロ出てきてから衝突まで4秒程ある。速度控え目で周りが視界に入っていれば、減速出来てここまで激しい衝突にならなかったかもしれない。

赤信号で出て来る方も方だけど、あんなスピード超過で走行して来てブレーキの制御もできないミニバンの運転者も運転者だろ。まして回避ハンドルも切らずに一直線に衝突してってるけど、ちゃんと前見て運転してた?はっきり言えばどっちも運転不適合者だわ。

セレナは70km/hはでてそうだけど、前方をよく見てたら、カローラがノロノロ出てくるのは認識できたとも思える。カローラがセレナと同じ速度で走ってきてら回避しようがないと思う。あの速度とタイミングだと自動ブレーキも全く効いてないですね。それにしても札幌はこの前のフーガとプロボックスの事故といい、一般道でスピードの出てる事故が目立ちますね。皆様ご安全に。

信号無視なんだか勘違いか分からないけど、セダンのミスが要因だとしても、やっぱりワゴンも飛ばしすぎだと思う。高齢ドライバーの多い今、制限速度守るのって大事だよなと思う今日この頃です。自分のじーちゃんばーちゃんが運転してるような車がたくさん走ってると思うと、いつ飛び出してくるやら分からないし、そんな中ではとても怖くて飛ばせません。

~こちらも読まれています~
×