事故

新座市の事故現場判明、映像・画像。中渡瀬シゲ子さん中渡瀬薫弘さん死亡の車両事故原因は。総合運動公園前交差点で、、

2月6日(土)の午後、埼玉県新座市で、乗用車が壁にぶつかる事故があり、乗っていた2人が死亡しました。

現場はほぼ直線の道路、いったい何がおきていたのk。

スポンサーリンク

埼玉県新座市の交差点で車が衝突事故、、2人が死亡

この事故がおきたのは、2021年2月6日(土)の午後2時ごろのこと。

埼玉県新座市あたごの交差点で、軽乗用車がブロックフェンスに衝突し、運転していた78歳の女性、中渡瀬シゲ子さんと、その80歳の夫、薫弘さんが、意識不明の重体で病院へ搬送されました。

その後、病院で2人の死亡が確認されています。

この事故で、歩道などにいて巻きこまれた人はいないとされています。

なぜ、このような事故がおきてしまったのか。

スポンサーリンク


死亡事故の原因は何?

2人が亡くなってしまうといった悲しい事故はなぜ起きたのか?

事故がおきる少し前、事故をおこした軽乗用車は、縁石に乗り上げて、歩道を100mほど走っていたとされています。

この時点ですでに異常な事態となっていましたが、そのまま走行を続け丁字路となっていた交差点で、ブロックフェンスにぶつかって亡くなられています。

路上にブレーキの跡は見つかっていないと言うことで、車の状態からもある程度のスピードが出た状態で衝突をしたと思われます。

100mほどあればブレーキを踏んで一時停止をすることは可能だったと思われますが、なぜそうしなかったのか?事故を起こす前に運転をしていたシゲ子さんが、何かしらの事情で運転を正常にできない状態にあった可能性が考えられます。

近年、高齢者の運転操作ミスによる事故も増えていますが、運転中に病気などによって意識を失って事故を起こした例もいくつか出ています。

今回の事故もそうした背景があった可能性があります。

スポンサーリンク




新座市、中渡瀬さん夫婦の事故が起きた現場はどこ?

事故がおきた現場は、新座市総合運動公園前を通る道路から交差点にかけての場所。

スポンサーリンク




高齢者の死亡事故にネットの声は

亡くなった方には申し訳ないけど、巻き込まれた人が
いないだけでも良かった。高齢者の免許更新の厳格化を望みます。

巻き込まれた人がいなかったのが不幸中の幸いですね。ただ家族の方は辛いでしょうね。
どういった原因かは分かりませんが、高齢者に対しての免許更新は今以上に審査が必要と感じます。

高齢者が車を運転していたら普段から危険な兆候はあったはずなのに、
「もう少し、もう少し」と免許返納を先送りしているうちに取り返しのつかない事故を起こす。
事故の前日に免許返納できるなら誰も苦労はしないよ。何故早めに運転を辞めなかったのか。
その時点で判断力が低下している。第三者を巻き込まなかったことだけはよかったと思う。

高齢のご夫婦で軽に乗ってるって、見方によっては微笑ましくもあり、
また色々な状況で大変な中で頑張っていたのかもしれないし、、、
他人の怪我は無かったからまだよかったけど、
2人の命が一瞬にして奪われてしまったのはとても気の毒です。ご冥福を。

高齢者夫婦だけで生活しているとやはり車は必需でしょうが、、とても危険です。
高齢者は動体視力も腕や足のあざ下げの筋力も衰えている。免許更新を本当に安易に考えてはならないですよ。
まだ運転できそうでしょうではこの様にご本人たちの命までも一瞬で…。いつまでも事故は仕方ない…でいいのか。

ご近所さんにも高齢者ドライバーが多くいます。きっと、その方達は
「自分は大丈夫」と思っていることでしょう。ご近所さんと言っても赤の他人、
「免許証を返納したらいかがですか?」などとはとても言えません。
もう、法律で言い聞かせてもらえませんかね…

~こちらも読まれています~
×