事故

品川区荏原、スポーツカー炎上の現場判明!中原街道で走行中に乗用車が炎上!原因は何?

2月5日(金)の午後、東京都品川区の路上で、乗用車(スポーツカータイプ)から突然火が出て、車体が炎上する事故が発生していました。

スポンサーリンク

品川区荏原、スポーツカーが路上で突如炎上

この事故がおきたのは、2021年2月5日(金)の午後3時過ぎのこと。

品川区荏原の中原街道で「車が燃えている」と110番通報があったことから、事故が判明。

乗用車(スポーツカータイプ)が走行していたところ、車体の後方にあるエンジンルームから煙が出ていたため、車の運転手男性が路上に停車させました。

その後、すぐに車から出火、火は一時、激しく燃え上がっていたものの、10分後にはほぼ消し止められており、運転手の男性や、近くにいた人物などにも怪我はないとされています。

乗用車の路上炎上事故、原因は何?

今回の事故、車が突如炎上するといった事故は、一定数起こる可能性があるようですが、今回乗っていたのはイギリス製のスポーツカー「マクラーレン」であったとされています。

このタイプの車の炎上理由としては、その構造上の問題であるとされていますが、通常の乗用車でも自身での改造(配線関連)などによって思わぬ事故を誘発してしまうこともあるとされています。

スポンサーリンク


品川区の乗用車炎上の事故現場はどこ?

炎上事故がおきた場所は、こちらの交差点であったようです。

東京都品川区荏原2丁目

スポンサーリンク




路上でおきた車両火災にネットの意見は

海外の動画でも上がっていますがランボと同じでマクラーレンも燃えやすそうですね。
普通に考えて吹かしまくるとか扱いの問題だとは思いますが、燃料系の設計思想とかだと危ないですね。

メーカーが加入してる製造物賠償責任の補償事案と思われます、
もし免責事項に抵触してても車両保険で塡補されます。
(マクラーレンのオーナーなら車両保険くらい加入してるでしょう)。

高級外車が燃えると良くニュースになりますが、新しい日本車でも車両火災はあります。
このマクラーレンは構造上の問題かも知れませんが、修理工場に時々入って来るのは素人による
カーナビやカーオーディオの配線によるケーブルからの発煙、
発火が多いです。車の電気をなめてると痛い目に遭いますよ。

エンジンの温度上昇に、吸排気冷却が追いついていない状態。
都内、法定速度の環境で必要以上に回転数を上げるとこうなる。
急加速、空吹かしをしたくなるのは分かるが高くつきますな。

金持ちには、屁でもないんだろうけど、マクラーレンとかフェラーリとか
ランボールニーギとかよく燃えるね。消火器積んでるのも多い。
NSX,GT-Rは燃えたのきいたことないなぁ。値段がちがうか?
セブン、スカG、Z、スープラ、GT-O、燃えたことなかったけどなぁ。

海外の高級スポーツカーなどは、燃料系統や燃料タンクの位置などが、
一般車とは異なっている為、半年に1回は必ず専用の整備工場で整備をしないと
炎上又は爆発する危険性が伴っています。リスクのある乗り物です。

~こちらも読まれています~
×