事故

港区台場、右直事故の現場特定!映像・画像。事故の原因や運転手は誰?交通違反多発地域で起きた事故か。

1月24日の午前、東京都港区台場にある交差点で車2台の衝突し、2人が怪我をする事故が発生しました。

現場となったのは、道幅も広い道路でおきた事故、原因はなんだったのか?

スポンサーリンク

港区台場の交差点で右直事故?交通事故の原因は

この事故がおきたのは、2021年1月24日(日)の午前10時半過ぎのこととされています。

港区台場の交差点で、右折しようとする車と直進してきた車が衝突する事故発生の通報がありました。

この事故で、運転手の男性2人が病院に搬送されたものの、命に別条はないとされています。

事故原因は、「右直事故」ではないか?とされており、警視庁が、事故原因などをくわしく調べています。

スポンサーリンク




港区台場、右直事故の現場はどこ?

事故があったのは、お台場海浜公園駅駅からすぐの場所にある「海浜公園入口」交差点。

 
▼事故の車

スポンサーリンク


交差点での事故、運転手は誰?安否は?

今回の事故、現時点ではどちらが原因での事故かはまだ調査中となっています。

また、事故で怪我をした運転手についても情報は出ていないものの、命の別状のある怪我はしていないとされています。

スポンサーリンク




交通マナーの悪化で事故多発、、現状にネットの声は

直進が赤でも無視することがある。右折が無理に曲がることもある。ウインカーださない車もある。
そりゃ、事故るだろって運転がおおい。最近、急いでいる車が多い。

当事者同士のみ知る事。ただ、この数年信号機の有る交差点で右折が出来ない事が多く、
回り道をしても右折を避ける様に心掛けている。“直進は神”のつもりか、黄色でフル加速、
矢印が出ていても迂闊に進入出来ない事がほぼ毎日見られる。黄色で止まれる運転を!

大概の事故は自重することで回避できると思う。ちょっとボーっとした瞬間
ヒヤッとしたことあるけれど、無理に行かないのと、信号変わりそうなら加速ではなく、
アクセルオフで様子見ておけば、割と安全に行ける。距離にもよるけど、
ちょっと急いだくらいじゃ30分も早く着くことはない。あと眠気を感じたら止まって休憩が大事。

自車以外の他車の動きは一切信用しません。われ先にって人が多いしだったら譲ってやり過ごした方が安全。
車幅すら分かってないドライバー、内輪差が分からないのかやたらと大回りするドライバー
それこそアクセルとブレーキを踏み間違えるドライバー 色々なドライバー が居る御時世。
他人の運転は一切信じません。常に危険回避運転を心がけて居ます。昔はマナーが良かった。
ハザードサンキューなんて流行る前は必ず手を挙げ会釈をしていたそんな時代の方が良かった。

警察や行政庁はいつまで手をこまねいているのか。右折事故を防ぐためにはアメリカのように
まず矢印青信号で右折車を行かせ、その後で直進を行かせる。
これで黄色で突っ切ろうとする直進車と右折車の衝突事故を防ぐことができる。
もちろん右折レーンを設けられない狭い道路でこの方式の導入は難しいが
ハイスピードでの右折vs直進事故の多くは広い道路で起きているので実効性は高いはず。

待てない、見ない、見ても目先だけ、守ら無い、考え無い、無意味にはみ出す、無意味に膨らむ、
無意味に急ぐ、無意味にブレーキ踏む、直前までウインカー着けない、こんなドライバーだらけ、
近くで昨日も今日も追突事故見た、これぐらいの事故でニュースになるのかって感じ、この事故も考えない、
見ない、待てないとこうなるし後色んな事で厄介な事になる、どっちの過失か分からんけど。
直進赤なら止まって待つ、青なら直進車見て確認して待つ、シンプルに少し待った方が早いしが分からないの。

 
※こちらはまだ不明点も多いため、引き続き調査中。

~こちらも読まれています~
×