事故

呉市安浦町安登の事故現場判明。JR呉線、死亡の中学生名前は?列車と衝突は事故か自殺か。

1月19日(火)の朝、広島県を走るJR呉線の踏切内で、男子中学生(14)が列車と接触し死亡する事故が発生しました。

まだ若い命が失われてしまった事故、当時何がおきていたのか。

※追加情報
死亡した男子中学生の身元が判明したようです。

スポンサーリンク

JR呉線、中学2年生男子が列車と衝突し死亡

この事故がおきたのは、2021年1月19日(火)の午前8時ごろのこと。

広島県呉市安浦町のJR呉線の踏切で、近くに住む中学2年生の男子生徒(14)が下りの普通列車にはねられる事故が発生、男子生徒は全身を強く打つなどし、その場で死亡が確認されました。

この事故当時、列車には約90人ほどの乗客が乗っていましたが、けが人などはおらず、事故によりJR呉線の上下線は2時間近く運転を見合わせ、およそ1000人に影響が出ました。

スポンサーリンク


14歳の少年死亡、列車の人身事故発生の原因は?

人身事故となった列車は、JR呉線糸崎駅発、広島駅行きの下り普通電車。

当時電車を運転していた運転士は以下のようにコメントをしています。

「直前に人が遮断機をくぐって踏切内に入ってきた」「非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」

また、男子中学生は制服ではなく私服姿だったとされており、警察は現場の状況や運転手の話などから、事故と自殺の両面から原因を調べています。

スポンサーリンク




呉市安浦町安登、列車事故の現場はどこ?

事故は、呉市安浦町安登のJR呉線安登―安芸川尻間にある、跡条第2踏切内で発生しています。

スポンサーリンク




死亡の中学生誰か判明、山根章寛さん。

死亡した中学生男子は、事故現場近くに住む少年で、誰であったのかその身元も判明しているようですが、名前などの情報はでていません。

また、事故にあった当時は私服であったようですが、制服の学校であることが示唆されています。

現場から近くの中学校としては、「呉市立安浦中学校」「呉市立川尻中学校」の2校があります。

※追加情報
死亡した男子中学生の身元が判明したようです。

名前:山根 章寛
年齢:14歳
職業:学生(中学2年)
性別:男性
死因:全身を強く打ったことによるショック死

※追加情報
その後、現場の状況などから、山根さんが踏切を渡り切ろうとした際に、はねられた可能性が高いとみてさらに調べが進められています。

スポンサーリンク




14歳中学生の死亡事故にネットの声は

いたましい、、急いで渡ろうとしてはねられたのか、それとも、思うところがあって
自ら命を絶ったのか、、いずれにしてもこんなニュースは見たくない物だ。。

中学二年生……まだ自殺と決まったわけじゃないけれど、状況的にそうなのかな。
こんなまだまだ未来ある子供たちが自ら命を終わらせることを選択してしまう。
それが今の日本という国なんですよね。物は豊かになれど、心はどんどん寂びしくなる。

悲しいね…。中学生が自ら死を選ばなきゃいけない社会。大人になればいくらでも
世界が広くて逃げ場のあるって分かるんだけど、このぐらいの歳の子は学校が世界の全てだからね。
何とかして、大切な命を守りきれないものかと思う。

見通しの良い踏み切りで直前に飛び出してきて私服。自殺かなと思ってしまいます。
我が子が死ぬほど苦しんで、電車で傷ついて死んでしまったのかと思うと涙が出ます。
誰か1人でも心の支えになれなかったのかと悲しくなります。
いつか死ななくて良かったと思えるときがくるので死なないでほしい。

午前8時頃と言うとまだ通勤通学時間帯ですね。線路の傍の国道が駅に向かう通勤通学路にもなってるから、
もしかしたら直接目撃した人もいるんじゃないかな。通学で急いでいたのか自殺なのかは判らないけど。
死にたくなったら家族とも学校とも決別できる国の施設作らない?本人が会いたいというまで会わなくていいやつ。
助けてもまた同じ日常があるなら助けを求めようとは思わないんじゃないかな

事故現場近くに住んでいます。パトカー、救急車、消防車の数が多く、ビックりしました。
警察官も30人以上いたでしょうか?現場には青いビニールシートが貼られ、立ち入り禁止。
当初、小学生ではないかの情報がありましたが、中学生でした。
学校があるのに、私服だったとは、自殺かも?痛ましい事故でした。

~こちらも読まれています~
×