事故

【事故前映像】くも膜下出血?渋谷区タクシー暴走運転手、相沢平次の顔画像は?佐藤優子さんら6人死傷

1月4日の夜、東京都渋谷区笹塚の国道でタクシーが横断歩道に突っ込み、歩行者6人が死傷した事故。

タクシーを運転していた相沢平次 運転手(73)が事故直前に、くも膜下出血などの脳卒中を起こしていた可能性があることが判明しました。

渋谷区笹塚タクシー事故現場特定!7人死傷、運転手の名前誰で顔画像、会社名は?運転手は事故前から意識朦朧?速報情報です。 1月4日、仕事始めの人も多いこの日、多くの悲しい事故が多発しています。 午後7時頃に東京都渋谷区笹塚の国道2...

スポンサーリンク

渋谷区笹塚、タクシー暴走で7人が死傷の大事故

この事故がおきたのは、2021年1月4日(月)の午後7時過ぎのことで、東京都渋谷区笹塚の国道20号(甲州街道)の下り線で、タクシーが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはねる7人が死傷する大事故が発生しました。

被害にあったのは、小学生ぐらいの男児を含む7人(運転手含め)で、うち女性1名、佐藤優子さん(49)が心肺停止で病院へ搬送されましたが死亡しています。

小学3年生の男児(9)と40代の母親が重症、20~40代の男女3人が怪我をしており、タクシーの運転手も怪我をして入院をしています。
※タクシーの乗客女性は怪我無し。

 
事故をおこしたタクシーを運転していたのは、東京都世田谷区新町1丁目にタクシードライバーの男、相沢平次 運転手(73)で、回復後に自動車運転処罰法違反の疑いで調べられるとしています。

スポンサーリンク


くも膜下出血?乗客らが目撃、事故前の異常運転映像

この事故で、タクシーは横断歩道の前から急加速をしたようで、青信号で横断歩道を渡っていた歩行者らをはねた後、約200m先の中央分離帯付近で停車したとされています。

タクシーに乗っていた女性は、事故前から運転手の意識がもうろうとしていたといった証言をしており、近くの防犯カメラにもふらついた様子で運転する姿が映っていました。

相沢平次 運転手は、事故後に怪我で病院に搬送され、くも膜下出血の疑いで手術を受けていたことが判明し、事故当時にはくも膜下出血による脳卒中が起きていたとされていますが、1月4日朝の点呼の際に異常はなかったとされています。

また、その際の運転の挙動がおかしくなっている様子が、タクシーのドライブレコーダーに映っており、事故後にもおう吐をしていた様子が捉えられていました。

▼事故直前のタクシーの挙動

スポンサーリンク




渋谷区タクシー暴走佐藤優子さんら7人死傷、事故現場はどこ?

事故がおきた現場は、京王の笹塚駅からすぐそばで、「サミットストア 笹塚店」の目の前にある横断歩道上でおきました。

時間帯的にも、場所的にも人が多く通る場所で起きた事故であり、失われてしまった人命は戻ることがなく、被害は甚大です。

スポンサーリンク




暴走タクシー運転手、相沢平次の顔画像と会社はどこ?

タクシーを運転していたのは、73歳の人物であったことが判明していますが、顔画像などの情報は出ておらず年齢的にもSNSなどをしていないのか情報は出てきません。

事故の原因はくも膜下出血による急激な状態悪化によるものであったようですが、これは高齢者・若者関係なく誰にでもいつでも起こりえるものだったようです。

名前:相沢 平次
年齢:73歳
性別:男
職業:タクシー運転手
会社:不明
住所:不明
怪我:軽傷(くも膜下出血による脳卒中で手術)

怪我が回復し次第、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で事情を聞くとされています。

事故をおこしたタクシーを見ると、「東京七福グループ」の東武タクシーではないか?といった情報が出ています。

また、会社には2012年に入社したということで、定年退職後(65歳)で新たな職を得ての出発をしていたのではないかと思われます。

スポンサーリンク




突然の惨劇、、ネットでの反応は

突然発症の疾患を防ぐ事は無理でしょう。。。くも膜下出血は瞬間ですから。
停まるなど人が出来ないことを代わりに車が出来たら防げたのかなと。

わたしは、どんな横断歩道でも、一番前の車が止まったことを確認してから渡るようにしている。
歩道に乗り上げてきたらどうしようもないけど、今回の話は老人だからとかではなく、誰でも起こりうる。

今回の事故は不幸なものだが、報道されないレベルで運転者が急病で事故を起こすことは珍しいことではない。
若くても同じことが起こる可能性もある。だから今回の一件のみで大騒ぎして
規制を強化するように世論を作ることは危険だ。そのために自動運転などの実用化をめざしているのだから。

知り合いが会社に戻る途中で急変し、信号で止まったまま、
そのまま意識を失い結局亡くなってしまったことがあります。
後ろについていた一般車がいつまでたっても動かないので不審に思い降りて行って意識がないのを確認したそうです。
歳だから、タクシーだからという話ではなく誰にでも起こると思わなければなりませんね。
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

くも膜下出血含め、脳疾患や心疾患を運転中に起こすとこういうことは起こり得る…
しかも予見できないものも多い。健康だった人が急に、ということも往々にしてあるので。
だから仕方ない。…では済まされず、何らかの対策は必要。個人の注意には限界があるので、
例えば意識を失って突っ伏すなど姿勢が悪くなったらセンサで感知して自動的にブレーキを掛けるシステムとか。
特にタクシードライバーは高齢者も多く、同じような事例が起きる可能性は高い。

中学生の頃、タクシー運転手だった父と居間で一緒にテレビを見ていると、
突然ふらっと立ち上がり「頭が痛い」と言ったあと突然その場で倒れた、36歳だった。
くも膜下出血になって入院し、意識が戻らない状態で約一ヶ月後に心肺停止した。
昔の人なので酒タバコはやっていたし働きすぎではあったけど、
倒れるまでは健康そのものだった。脳卒中はどんな人にも突然やって来る。
ただ今まで考えたこともなかったけど、父が仕事中でなかったのは不幸中の幸いだったのかもしれない。

渋谷区笹塚タクシー事故現場特定!7人死傷、運転手の名前誰で顔画像、会社名は?運転手は事故前から意識朦朧?速報情報です。 1月4日、仕事始めの人も多いこの日、多くの悲しい事故が多発しています。 午後7時頃に東京都渋谷区笹塚の国道2...
~こちらも読まれています~
×