事故

安藤弘樹の顔画像と会社はどこ?佐藤ひさ子さんが名古屋市南区内田橋一丁目でクレーン車にひかれ死亡。。

11月の3連休も最後の日となる11月23日(月)の午前、名古屋市南区の交差点で、81歳の女性がクレーン車にはねられ死亡する事故が発生しました。

死亡事故はなぜ起きてしまったのか、、事故現場や事故当時の状況などを調べてみました。

スポンサーリンク

名古屋市南区内田橋一丁目で死亡事故

この事故がおきたのは、2020年11月23日(月)の午前11時半ごろのこと。

名古屋市南区内田橋一丁目にある交差点で、横断歩道を渡っていた佐藤ひさ子さん(81)が、右折してきたクレーン車にはねられました。

佐藤さんはすぐに病院に搬送されましたが、事故の際に頭などを強く打っており、まもなく死亡しました。。

この事故でクレーン車を運転していた中川区の会社員の男、安藤弘樹 容疑者(55)が、過失運転致傷の現行犯で逮捕されています。

スポンサーリンク


横断歩道上での死亡事故、、事故の原因は何?

事故は、右折してきた車が横断歩道を渡っていた佐藤さんをひいた形でおきたということで、両方とも信号は青であったと思われます。

このことから、警察でもすでにある程度の予測はついているようですが、警察は安藤容疑者の前方不注意が事故の原因とみて、今後、容疑を過失運転致死に切り替えて調べる方針を出しています。

横断歩道や、交差点でのこうした巻き込み型の事故は多発しており、信号のあり方についても議論されている部分です。

また、人と自動車のみならず、自転車やバイクなどすべてに言えることで、それぞれが別の信号によって通行することが一番事故を軽減することができそうですが、時間的な問題などが課題です。

スポンサーリンク




佐藤ひさ子さん死亡事故の現場はどこ?

事故があったのは、愛知県名古屋市南区内田橋一丁目の交差点の横断歩道上です。

スポンサーリンク




勤務の会社は「株式会社松原興業」か?

安藤容疑者が運転をしていたクレーン車に「株式会社松原興業」といった文字が入っており、会社員ということでこちらの会社で働いていたのではないかと思われます。

会社としては、杭打設・杭引抜工事・桟橋架設工事・ 山留支保工の仮設・解体工事など各種工事を請け負っている会社のようです。

スポンサーリンク




安藤弘樹 容疑者の顔画像や情報は?

安藤容疑者については顔画像などの情報は公開されておらず、SNSでも同姓同名の方が多いため判明はしていません。

名前:安藤 弘樹(あんどう ひろき)
年齢:55歳
性別:男
職業:会社員
住所:愛知県名古屋市中川区

▼罪状:過失運転致傷⇒過失運転致死?
7年以下の懲役・禁固、または100万円以下の罰金

通常の車はもちろん、クレーン車という大きく特殊な車を運転する上で、通常よりもより注意をもった運転が必要ですが、一瞬の油断が事故につながる車の運転。。

故意ではないとは思いますが、車を運転するということは人の命が簡単に奪えてしまうものを扱っているといった意識を、今一度持って安全運転を心がけて欲しいです。

スポンサーリンク


交差点での死亡事故にネットの声は、、

対向の直進車に気をとられ、前方不注意で右折してから横断歩道の歩行者に気づいて慌てて止まる事はよくあります。他人事ではない事故ですね。

歩行者目線になっちゃうけれども横断歩道を横断している最中にクレーン車の接触って避けようがないと思う。
まして高齢者であれば、とっさに俊敏に避ける事も出来なかったでしょう…怖いなと率直に感じる。

自分が横断歩道で、クレーン車みたいのが右折して来たら運転席の運転手を見て、アイコンタクトできたら先に渡ってしまう意志を見せて、
先に渡っちゃうけどできないときは、先に行かせちゃうな。万一気付いて無かったら死ぬのはこちらだから。

車両と歩行者であっても、お互い安全に気をつけなければなりません。
しかし、今回の事故のように、高齢で思うように身体の動かない歩行者もいらっしゃるのですから、
運転者には細心の注意と余裕を持った運転を心がけていただきたいものです。

信号機の無い横断歩道で横断したい歩行者がいるときに停止すると、対向車が全然停まってくれない動画がドラレコで撮れます。
この動画を取り締まりに使って貰えるように出来ないでしょうかね。
そして動画提供者が反則金の1割とか貰えるようにすれば、停まらない世の中はチョットは変わるような気がします。

東海三県で信号機の無い横断歩道で停止しないで通り過ぎる率は90%以上に感じる。
わたし自身も街路樹の影や西日などで横断歩道待ちの歩行者に気付かずに通り過ぎてしまう事が有りとても自戒の念に駆られる事が有る。
わたし自身はそういう思いも有り、交通ルールを如何に守りながら安全運転に気を付けて運転する様にしている。
不幸な事故がこれ以上増えない様に祈願致します。

~こちらも読まれています~
×