事件関連の情報

田中勝二の顔画像は?スーパー玉出天下茶屋店の殺人未遂、動機がヤバい、、【大阪市西成区】

大阪市西成区の「スーパー玉出」で男性店員が刃物で刺された事件、この犯人とされる72歳の男が逮捕されました。

殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、田中勝二 容疑者(72)で、付近の複数の防犯カメラに映っていたところから調査がされていたようです。

大阪市西成区のスーパー玉出で殺傷事件!犯人は誰?お店の場所はどこ?通り魔?計画的犯行?犯人の逃走経路は、、4月17日の午前、大阪市西成区にある「スーパー玉出 天下茶屋店」で、店員から「誰かが切られた」と119番がありました。 高齢の男が...

スポンサーリンク


大阪市西成区、スーパー玉出殺人未遂事件の犯人逮捕

事件が起きたのは2020年4月17日(金)の午前8時55分ごろのことでした。

田中勝二 容疑者(72)が、大阪市西成区にある「スーパー玉出 天下茶屋店」で、男性店員(73)の左太ももを刃物で刺して殺害しようとしたとされています。

田中容疑者は犯行後に現場から逃走をしており、捜査が続けられていましたが、現場付近の防犯カメラなどの映像から特定され、事件発生から1週間ごとなる4月24日(金)逮捕となったようです。

足を刺された店員は全治1週間以上のケガをしましたが、幸い命に別条はありませんでした。

人を刃物で刺すこともとんでもない事件ですが、その人物が長期間逃亡していたのも恐ろしいですね。。。

田中容疑者の殺人未遂の動機は何?

今回の、犯行動機について田中容疑者は、この店でサラダ油を購入したが、開封後に交換を要求したが断られたので「カっとなって刺した」といった供述をしています。

「クレームを言うので、念のために刃物を持って行った。商品を交換してもらえず、口論になってカッとなって刺した」

…? クレームを言うために念のために刃物を持っていくといった思考回路がよくわかりません。。

刃物を持っていくということは少なくとも危害を加える目的があったということであり、使用するということは相手が死ぬ可能性もあるため、殺意がなかったという主張は認められないでしょう。

スポンサーリンク




殺人未遂犯事件のあったスーパー玉出 天下茶屋店はどこ?

殺人未遂事件があったのは、スーパー玉出 天下茶屋店の出入り口前です。

スーパー玉出 天下茶屋店
〒557-0002 大阪府大阪市西成区太子2丁目2−15

スポンサーリンク




スーパー玉出殺人未遂犯の田中勝二の顔画像は?

名前:田中 勝二(たなか かつじ)
年齢:72歳
性別:男
職業:無色
住所:大阪市西成区萩之茶屋1のビジネスホテル
特徴:頭髪は白髪交じり
服装:灰色のトレーナーに黒のスニーカー

田中容疑者は特定の住居を持たずに、萩之茶屋1丁目にあるビジネスホテルで普段生活をしていたようです。

どのホテルかまでは判明していませんが、この辺りは安いホテルがいくつかあるようです。

ちなみにこの萩之茶屋1丁目から事件現場までは徒歩で歩いても5分ほどの距離です。

▼罪状:殺人未遂
死刑または無期もしくは5年以上の懲役

殺人未遂でもかなり刑は重くなるため、もう生きている間に出てくることはないのではないかと思われます。むしろ出てくるとまた同じような犯行を行う可能性が高く大変危険です。

刃物で刺された従業員は誰?

被害にあった従業員のAさんは73歳で勤務歴15年のベテランスタッフだっ多とされています。

店舗の幹部とされる人物が、Aさんについてこう述べています。

「誰よりも正義感が強くて、これまでも癖のあるお客様とのトラブルでも『まあまあ』といって仲裁に入ってくれ、目下のアルバイト従業員からも慕われていた。家族もいて、日頃から高校生のお孫さんを可愛がっていた」

スポンサーリンク




殺人未遂犯、田中勝二の本当の犯行経緯

下記は、文春オンラインで今回の事件の経緯情報が公開されていました。

田中容疑者は、4月17日の午前6時半に来店しサラダ油を購入し、その3時間後に再び店に現れたようです。

「オラ! 交換しろや。代わりのもん持ってこい」

「レジの若い女性スタッフに『サラダ油の蓋が開いていた』『交換してくれ』って言ってきたんです。
完全な“いちゃもん”で、女性スタッフも困惑していた。

そこにAさんが止めにいくと、『オラ! 交換しろや。代わりのもん持ってこい』『店長呼べ!』と口調が激しくなって、Aさんが『そんなん代えられへん』って言ったらまたガーッと(文句を)言いだしたのです」

押し問答は10分以上続き、Aさんは結局、この迷惑客の要求を飲んだという。

「どうしようもないから、交換してあげようと、新しいサラダ油を持っていったのですが、なぜか犯人は逆切れ。Aさんの顔に唾をかけだした。

店内だと他のお客さんもいるから、Aさんは『表に出てくれ』と言って店の入口へ移動して対応したのですが、その後もしばらくわめいていた。げんなりしたAさんがバックヤードに戻ってきた際、足が血まみれになっていた。

本人は最初蹴られたと思っていたようで、血を見てフラフラになってしまった。血溜まりが出来て、従業員が救急車を呼びました」

これを見ると、最終的に交換に応じるとしたにも関わらず刺しているため、最初から何かしら因縁をつけて殺そうとしていたことがわかります。

スポンサーリンク




スーパー玉出で起きた殺人未遂事件にネットの声は

なるほど、あらかじめ凶器を準備して持って行ったということで、計画性があって悪質と判断されて実刑になる可能性が高いな

昔、何やってた人なんだろうか。暴力団の抗争でも無ければあらかじめ武器を下準備して向かう考えなんてありえない。まして今回はただのスーパー。それも72が73の店員を刺すとか。犯人の思考は仁義なき時代から止まったままなのかな。

こういった人間は刑務所にいればいい。何の罪もない人が正当な対応をして被害を受ける。非常に理不尽だ。防犯の観点から警備員を増やすなどの対策を徹底していってほしい。

正直さ、72年生きてきて、こんな事でカッとなって人を刺すって、事前に刃物用意してる時点でカッとなったからは違うし、余りにも身勝手で理不尽だし、もはや救いようがない。こいつの面倒も税金投入するのは、ちょっと嫌やなぁ。

大阪市西成区のスーパー玉出で殺傷事件!犯人は誰?お店の場所はどこ?通り魔?計画的犯行?犯人の逃走経路は、、4月17日の午前、大阪市西成区にある「スーパー玉出 天下茶屋店」で、店員から「誰かが切られた」と119番がありました。 高齢の男が...
~こちらも読まれています~
×