事件関連の情報

牧佑馬の顔画像特定!テレ東「YOUは何しに」担当社員がタクシー運転手に暴行で逮捕!

タクシー運転手を押し倒すなどして暴行を加え、頭にケガを負わせたとして、テレビ東京社員、牧佑馬 容疑者(28)が現行犯逮捕される事件が発生していたことが判明しました。

また、その社員は「YOUは何しに日本へ?」の担当ディレクターであったとして話題を呼んでいます。

今回、この不祥事をおこした社員について情報を調べてみました。

スポンサーリンク


テレビ東京社員によるタクシー運転手暴行事件発生!

事件が起こったのは2月29日の午後11時40分ごろのこととされています。

テレビ東京制作局所属の牧佑馬 容疑者(28)は東京の目黒区にて、乗車していたタクシー運転手に対して因縁をつけて数回蹴るなどし、ケガをさせた疑いが持たれています。

タクシー運転手に対する暴行事件が近年増加傾向にある中、再び起きてしまった事件。。

そのとき何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク


牧佑馬容疑者がタクシー運転手に暴行で大ケガをさせた経緯

警視庁の調べによると、牧容疑者はタクシーに乗車中、突然因縁をつけて、男性を車の外に呼び出して尻などを蹴ったとされています。

しかし、負傷をしている個所として、頭部を8針縫うほどのケガを負っているため、別の暴行を加えている可能性が高いです。

 
犯行動機に関しては、同時酒に酔っていたとされるため、酒に酔って気が大きくなって犯行に及んだと思われます。

牧容疑者は取り調べに対して「覚えていない」と供述しており、こうした事件が起こった際のお決まりのフレーズとなりつつあります。。

 
今回の事件に対して、テレビ東京はこうコメントしています。

「被害者の方にお詫(わ)び申し上げるとともに、新型コロナウイルスに社会全体で対応している時に、社員がこのような事件を起こしたことを極めて遺憾に思う。警察などの調べを待って厳正に対処する」

スポンサーリンク


タクシー運転手暴行事件の現場となった場所はどこ?

事件が起きた現場は、東京都目黒区大橋の路上とされています。

詳しい場所は出ていませんが、現場は高架下であると思われます。

スポンサーリンク


牧佑馬容疑者の顔画像と情報は?

牧容疑者の情報については業界人ということもあり、SNSなどでも自ら発信をしているものもあってすでに画像などが特定されています。

名前:牧佑馬(まき ゆうま)
年齢:28歳
住所:東京都
職業:テレビ東京社員(ディレクター)

スポンサーリンク


テレビ局のエリート社員による暴行事件にネットは怒りの声

理由は簡単。マスゴミ連中は何をしても許されると思ってるから。つまりは傲慢なのよ、誰に対しても。
周りの住民の迷惑顧みず脚立使ったり他人の敷地に平気でカメラの場所取ったり、騒いだりするでしょ?
報道の自由と騒ぐのはいいけど、だからといってやっていい事じゃない。逆に不法侵入などの法に触れている。
法に触れていようが、他人に迷惑かけようが、それ以上に報道の自由が優先されるもんじゃないんだから。勘違いしてんだな。

お金も職もあった一時期タクシー利用することもあったが、運転手の人がハズレの時は事故が怖くて途中で降りることもあった。
しばらくしてからお酒も控えるようになって。なるべく使わずに10キロまでだったら歩くようになった。
このテレ東の人は論外だが、優良ドライバー表示できて料金上乗せできるようにするとか出来ないかね。

お願いです、酒に飲まれて人にからむ、暴力ふるう方は飲まないで下さい。酔って自分を失う、覚えが無い、どこそこかまわず寝る。
たまに道で寝ていてひかれて死亡っなんてニュースが有りますが、人に不幸を振りまいてるだけです。アルコールもかなり人に迷惑かける率高い。

私はタクシードライバーです。私も理不尽な被害の経験が多々あります。公共の交通機関に位置づけられたタクシー業界。
路線バス、電車、の運転手には愚行をせず、何故タクシードライバーにだけやりたい放題なのか?同じ旅客運送業なのに!
酔って乗車しても構わないが、理性を失って自己欲求を全面に押し出すなら、乗車しないで欲しい、私も仕事中で無理にトラブルを起こす為に運送していない。

不特定多数のお客様を乗せて仕事していますが、不可抗力なトラブルがつきもの。今回の事件が無くなる事を切に思う。

どうしてお酒は禁止されないの?お酒で酔って暴力的になる人や飲酒運転で事故起こすなど、日常的に報道されてる非常に危険なドラッグだよ?
大麻が危険と言われ規制されてる国なんだから、お酒はもっともっと厳しく規制するべき。

スポンサーリンク


最後に

酒による事件がまた発生していしまいました。

こういった傷害事件に関わらず、酒による事件や事故などは非常に多くなっています。

未成年に対しては年齢制限などを設けてはいるものの、入手しようと思えばいくらでも可能なため、それほど大きな成果は出ていないのではないかと思われます。

それよりも、大人になってからの事件が多いのではないでしょうか。

こうした事件を減らすためには、酔った際に暴力的な行動がないかなどのチェックをして許可制にする。といったような、大きな改革が必要となるかもしれません。

現状はいろいろな理由で難しいかもしれませんが、こうした意識をもっておくことで、事件を減らしたいですね。。

~こちらも読まれています~