×
MENU
事件

大塩衣与さん強盗殺人の正体!狛江市駒井町の現場どこか判明で携帯に住所、三重県23歳自衛官の男名前誰?

大塩衣與

1月19日の夕方、東京都狛江市にある住宅で住民である高齢女性、大塩衣与さん(90)が手を縛られて亡くなっているのが発見された事件。

強盗殺人事件として警察が捜査を続けていますが、新たな情報が明らかになってきました。

関東で多発している凶悪な強盗事件との関連も考えられているこの事件、犯人の正体とは。

狛江市駒井町の住宅で大塩衣与さんが殺害される

この事件が明らかになったのは2023年1月19日(木)の午後5時半ごろのこと、現場となったのは東京都狛江市駒井町の住宅でした。

当時、この住宅を訪れた警察が室内の地下1階で手を結束バンドによって縛られて意識のない大塩衣与さん(90)を発見しました。

大塩さんは頭から血を流して死亡しているのがその後に確認されています。

現場となった住宅は玄関の鍵が開いており、1階と2階が荒らされていて、何者かが住宅に押し入り物色した形跡があるということで、警視庁は強盗殺人事件として犯人の行方を追っています。

高齢女性の強盗殺人 午前中に女性1人で外出する姿(2023年1月20日)

参照:両手を“結束バンドのようなもの”で縛られ…90歳女性が遺体で発見 警視庁が強盗殺人事件として捜査 東京・狛江市

スポンサーリンク


複数の犯行グループか?標的示す情報判明も遅く

殺害された大塩さんは、頭からの出血のほか、左ひじが開放骨折していることから犯人から暴行を受けていたと考えられています。

当時、大塩さんは息子夫婦と孫2人と暮らしていましたが、家族は午前8時15分ごろ外出しており留守にしていたさなかに起きた事件。。

また大塩さんについては午前10時半ごろに自宅の前を1人で歩いている姿を近隣住民に目撃されていて、この事件は午後5時すぎに発覚していることから、その間に被害に遭ったと考えられています。

 
この事件に関しては別の事件で逮捕されていた男が所持していた携帯電話の履歴から、強盗の標的を示す情報が発見されたことから、県警が同日の午後2時45分ごろ、警視庁に対して連絡をしていました。

「(大塩さん方が)強盗などで狙われているのではないか」

これによって同日午後5時10分過ぎに警視庁調布署員が、家族と共に大塩さん方を訪れたところ地下1階で手を前で縛られて意識のない大塩さんを発見して事件が発覚しています。

強盗殺人の被害、、狛江市駒井町の現場どこか判明

事件がおきたのは下記の場所にある住宅で、1月19日の午前10時半~午後5時あたりが犯行時刻と考えられていることから目撃情報などが求められています。

また、この近辺では不審人物の目撃情報が近日でもあったという情報が出ています。

東京都狛江市駒井町3丁目

スポンサーリンク




連続強盗致傷事件に自衛官が関与?

今回の事件で大塩さん宅が狙われているとした情報について、1月12日の午後7時半ごろに千葉県大網白里市にあるリサイクルショップに男らが押し入って、店主の男性(76)を殴りつけて金品を強奪しようとした事件の犯人の関与がありました。

千葉の事件は運転役を含む男ら3人組で、そのうちの1人が1月14日に出頭していて、その人物が三重県内の自衛官(23)であったことが判明しています。

押収した自衛官の携帯電話を解析したところ、SNSのやり取りのなかに「狛江の住宅に強盗に入る」と東京都狛江市の高齢女性宅が強盗などの標的となっている主旨の内容が残っていました。

この自衛官はすでに逮捕されていたことから今回の強盗殺人の犯人とは別と考えられますが、犯行グループの一員であった可能性が高いと思われます。

 
また、関東近隣で3人組による強盗事件が多発していますが、その中で進展があったようで、事件に関与しているとみられる男らを2022年12月に渋谷区内で起きた窃盗事件の容疑者として逮捕していたことが判明しています。

犯人の詳細は出ていませんが、3人組で複数のグループを作って組織的に犯罪を行っている可能性が考えられます。

千葉県の強盗致傷事件で23歳自衛官逮捕 男の携帯が狛江事件発覚のきっかけに(2023年1月20日)

多発する凶悪な連続強盗事件にネットの声

組織的かつ命令系統がしっかりしているということでドラマのように元自衛官が関与していると思ったらまさかの現役自衛官とは。日本を守る人が強盗殺人ではやりきれない。早くそこに至った原因を調べて重い処罰をしてほしい。

この自衛官の職種がどういうものかは分からないが、訓練を受けた人間が犯罪行為に加担するのは恐怖を感じる。犯罪件数は年々減少しているにもかかわらず、昔より犯罪に対する備えが必要だと日々の生活の中で感じる事が多い。ちなみに訓練を受けた人間が犯罪を犯した際、受ける刑罰はどうなるのか気になる。また、こういうニュースを見るたびに肩書などで相手を判断することは控えようと思う。

連日発生している強盗事件と関連性があり組織的な犯罪だとすれば殺人事件にまでなってしまった事が非常に残念です。関連動画で拝見しましたが被害者の資産情報等の個人情報までもが出回っている様です。高齢者や資産家や人目に付きにくい立地等入念に計画されており犯行時も携帯電話で指示を受けながら等の情報もありかなり悪質です。1日も早い逮捕と組織の解体、厳罰を望みます。

黒いカッコした怪しい3人組が車に乗ってる、うろついていたら取り敢えず110番してもいいと思います。間違えててもいい、所持品検査くらいしても問題ないだろう。この犯人は捕まったら死刑は免れないと思う。犯人も死ぬ覚悟で犯罪犯してくるので殺すのも厭わない。あらゆる手を使ってでも早期解決をしてもらいたい。

日本も凶悪犯が増えてきた印象です。比較的若い年齢層20代〜30代の凶行が増えている実感があります。もちろん40代以降もあるでしょうが。。金のためなら命も奪うような恐ろしい犯行が増えていく世の中になりつつあるのでしょうか。ネット社会で人間関係もさらに希薄になり、人との関わりが昔より面倒くさくなって他人のことはどうでもいいなどと思いやりのない世の中になっているのも実感します。一方で闇サイトで互いに知らない者同士が結びついて冷酷な事件を引き起こすケースは、知らない者同士だからこそ大胆な冷酷な行動に発展しやすい心理もあるのかもしれません。

2021の犯罪白書によると、検挙された刑法犯の再犯者率が49.1%で過去最悪になったとある。これは、犯罪を犯した人間が自由に生活して、新たに犯罪を行なったということであり、もし、長く懲役に行っていれば、新たな被害者は生まれなかった可能性があると言えるのでは。この強盗殺人を含めた様々な犯罪の犯行メンバーの犯罪歴はどのようになっているのか。執行猶予や短い刑期、保釈によって犯人が新たな犯罪を犯す。そこには新たな被害者がいるわけで、もし、その犯人らがいなければ失われることのなかった命や財産があるだろうに。中には二桁にも及ぶ犯罪歴を持つ人間が普通に生活をして、新たな犯罪を犯しているとも聞く。もはや更生を目的とした刑罰ではなく、自分の犯した犯罪に対する応報刑として重く厳しい刑罰を科していくべきだと思う。過去の判例と平等にする必要なんてない。

今回被害にあった女性の情報が犯罪グループの中で出回っていた可能性が高いらしいです。僕の祖母も一人暮らしをしているのですが、一度特殊詐欺の電話に取り合ってしまってから、そういった情報が出回っているのか色々なパターンの詐欺電話が掛かって来るようになりました。詐欺だけではなく、貴金属を破格で買い叩いたり100均で売ってる物を1000円で売りつけてきたりと色々被害に合うようになりました。恐らく一人暮らしの高齢女性の情報が出回っているんだと思います。父や叔父叔母が週一以上のペースで様子を見に行ったり、リモートの防犯カメラを付けるなど色々対策はしていますが、いつか強盗被害に合うのではないかと心配です。皆さんもお気をつけて