×
事件

新宿駅近くの路上、あおり自転車の男がヤバイ!モザイクなしフル映像の公開やその正体は

新宿駅 あおり自転車

12月21日の昼頃、東京都の新宿駅近くの路上で自転車に乗った人物が車の窓ガラスを叩くなどの凶行を行っていました。

その際のドライブレコーダーの映像が流出したことで話題となっています。

ドライブレコーダーやスマホなど、映像の共有が簡易になったことであおり運転や事件などの映像が簡単に確認できるようになったことで、こうした事件の映像は多く流れるようになりましたが、当時何がおきていたのか?

新宿駅近くの路上で自転車の暴力男の犯行がヤバイ

この事件がおきていたのは、2022年12月21日(水)の正午過ぎとされています。

現場となったのは東京都の新宿駅近くの路上とされており、当時道路を走行中だった車の横につけた自転車に乗っていた男が、窓ガラスなどを怒声をあげながら何度も何度も執拗に叩く姿が目撃されました。

参照:自転車で数百メートル追跡  激怒し車の窓たたき続ける

スポンサーリンク


新宿、暴行男の正体や事件の動機は何か?

この事件で車の窓ガラスを怒声をあげながら叩いていた男の正体については、現時点で明らかにはなっていませんが、映像がしっかりとのこされていることから特定までには時間の問題と考えられます。

また、犯行動機に関しては明らかになっていませんが、車の運転手は次のように述べています。

「この少し前に、交差点で鉢合わせになったことで、怒らせてしまったのではないか」

この事件を目撃したのは、車に乗っていた運転手の男性だけではなく、後ろを走行していた車や、映像にも近くでその現場を目撃した人の姿が見られます。

全ての映像が出ていないため、どちらがきっかけ?といったことは不明ですが、どちらにしても怒声を挙げて凶行は事実であるため、処分は免れないと思われます。

新宿、暴行男の犯行にネットでは意見割れる

これはその鉢合わせた現場の動画見ないと、検証できないな。自動車と自転車が鉢合わせたというと、これは自動車と自転車の接触未遂だったということになるから、状況次第では自動車側の過失となるかもしれない。

個人的な意見ですが、日本において自転車が車道を走るのは無理がある。車を運転しているとロードバイクなどは邪魔でしょうがない。ヨーロッパなど完璧に自転車と自動車が綺麗に両立した道路でないと今後、社会問題になる。

映像も見たが、鉢合わせた時の映像がないから何とも言えない。想像の域だが、車側の行動にもなんらか要因はあったんだろうと思う。そうじゃないとわざわざ追いかけてまでキレないんじゃないかと思った。ちなみに独断と偏見で好き放題書かせてもらうと、赤系統の車は横柄な運転するのが多く感じる。特にワインレッド+指定ナンバー+ワンボックス系はかなり警戒する。自己顕示欲強そうなイメージ。勿論みんながみんなとは言わないし、あくまで個人の感想ですが。

ここまでに至った経緯も分からないので、自転車側の方がもしこの前に九死に一生の体験をして激怒している可能性もあるかもしれませんが、それにしてもやり過ぎだし、自転車もドラレコつけたらいいと思う。自分の身は自分しか守れないし潔白も自分でしないと。車の方も恐怖だったと思いますが、スマホで撮る余裕がすごいなぁと思いました。私なら怖くて撮れないかも。でも、証拠って本当に大事ですよね。

一方的なキリトリ動画では車の運転者は被害者か加害者かはわからない。自転車に乗っている方は、あたかも直前にひとつ間違えばスマホ動画を撮っている車に殺されかねない危険な目に遭わされかのようにストレートに怒りを表している。煽り運転の暴力行為を思わせるようなキリトリ動画だけを放送することは果たして真実を報道しているのだろうか、報道と言えるのだろうか、甚だ疑問に思われメディアの無責任さを感じる。

先日、赤信号から青信号に変わっても前の車が進まないので、軽くクラクションを鳴らした。それでも動かず、今度は長目にクラクションした。スマホか何かに集中していたのかも。やっと動き出したが、その後その車が転回して、しつこく追いかけてきた(転回禁止の道)。110番通報も考えたが、たまたまあった交番の前に停車した。ドアはフルロック。相手は私の前に被せるように止まったが、交番に気付き冷静になったのか、速やかに立ち去った。いざという時、頼りになるのは警察です。