×
事件

【嘘】豊中市岡町南の通り魔は自作自演、会社員男性の名前や顔画像経歴、狂気の犯行がヤバイ!

豊中市岡町南 通り魔

12月20日の深夜、大阪府豊中市岡町南の路上で帰宅途中だった会社員の男性が、路上で見知らぬ人物に後ろから刃物で刺される事件が発生しました。

犯人は現場から逃走していると考えられ、警察がその行方を追っています。

墨田区立花の化学工場
【閲覧注意】墨田区立花の第一化学工業所で火事!どこか判明で爆発や火の勢いがヤバイ!化学薬品の身体影響は12月27日の午前10時ごろ、東京・墨田区立花にある「第一化学工業所」の工場から火が出ていると通報があり、現場に消防車50台以上が出動して消火活動にあたっています。爆発音なども響いており、近所の住民は避難を開始しています。...
服部真輝
服部真輝の顔画像経歴、豊中市小曽根で放火殺人未遂の犯人は自作自演!現場アパートどこか特定11月30日午前11時すぎ、豊中市小曽根1丁目にある2階建てアパートから火が出ているのが発見され、駆け付けた消防がいいんが左胸を刺された40代と思われる男性を発見。犯人は現場から逃走していたとされていましたが、本人の自作自演と判明...

豊中市岡町南で深夜の通り魔事件

この事件がおきたのは、2022年12月20日(火)の午前1時20分ごろのこととされており、現場となったのは大阪府豊中市岡町南の路上。

「後方から近づいて来た何者かに刺された」

と被害にあった会社員男性(50)から警察に通報があったことから事件が発覚。

通報により警察と消防が現場に駆けつけたところ、男性は右腰の後ろのあたりに刃物が刺さったままの状態で発見され、病院に搬送されていますが意識はあり、命に別状はないとされています。

男性は帰宅途中で、当時現場付近は人通りが少なかったとされており、警察は殺人未遂事件として逃げた人物の行方を追っています。

参照:帰宅途中の男性が路上で襲われる 刃物刺さったまま搬送 容疑者逃走中 殺人未遂容疑で捜査開始 大阪・豊中市の住宅街

スポンサーリンク


豊中市の逃走中の通り魔の正体や逃走経路は

この事件で犯人については、被害者の男性が突然後ろから襲われたために顔などを目撃していないとされています。

男性は当時飲酒して帰宅途中であったようで、阪急岡町駅から自宅まで歩いていたところをいきなり背後から刺されたとしています。

このことから警察は周辺の防犯カメラなど当時の状況を調べるとともに、殺人未遂事件として、逃げた人物の行方を追っていますが、現時点では特徴などは判明していません。

凶器となる包丁が刺さったままであることから、凶器を持っての逃走はしていないと考えられますが、予備の凶器や別の刃物を持って犯行に及ぶ可能性もあり、注意が必要です。

通り魔、豊中市岡町南2丁目の事件現場どこか

事件がおきたのは下記の地域であるようですが、詳しい場所については確認中です。

スポンサーリンク


自作自演と判明!会社員男性の名前や顔画像経歴は

刃物で刺されたとされていた男性、当時刃物は腰部分に刺さっており刃が全て埋もれて柄部分だけが見えている状態であったようです。

集中治療室で治療を受けるなど重傷でしたが、回復した男が警察に対し「て次のように説明をしているようです。

「通報はウソだった。自分で自分を刺した。」

名前:不明
年齢:50歳
性別:男性
職業:会社員
住所:愛知県豊中市
負傷:右腰に刃物による負傷

また、男が倒れていた現場では近くの防犯カメラに逃走する人物が映っておらず、近所でも目撃情報や声を聞いた人もいないため、男が自作自演をしていたとみて、動機や刃物を準備した経緯など裏付け捜査が進められています。

「仕事に疲れて自分でやった。自殺と思われないよう、ナイフを壁にあてて自分でもたれて背中に刺した」

捜査が進み、男が8月にナイフを購入していたことも確認したことから、自作自演だったと結論付け、今後、偽計業務妨害などの疑いも視野に男性を調べる方針としています。

深夜の町中での通り魔事件に不安の声

本人が通報したようなので、命に別状はないのでしょうか。記事だけでは、通り魔的犯行なのか、金銭目的なのか、怨恨なのか、わかりませんね。『男性は右腰に刃物が刺さったままの状態で病院に搬送されました。』ドラマとか映画で見る「出血するから抜くな!」というヤツですね。

知り合いのヤクザのおっちゃんが言ってたな。「刃物は切っても人は死なない。刺さないと死なないが刺さったままなら簡単に死なない。指して抜くと出血多量で死ぬんやで」ってでも、そのおっちゃんは怖くて人を殺せないよって笑ってたな。

最近豊中市事件多いな。この前あった放火殺人未遂は自作自演だったようだが、今は防犯カメラがここそこにあるので中々犯人が逃げ切るのは難しいとは思うけどそんなことよりこっちは殺されたら終わりやもんな。通り魔やったらやりきれん。

日本も治安悪くなったな。世界に比べれば自販機や金銭的犯罪は少ないとは思うけど、ここまで不景気と生活困難者が増えると金銭的犯罪も増えてくる。今回はそうでは無さそうですが、逆に怖いのは目的がはっきりしない犯罪である。恨みつらみがあるのか、それとも無差別なのかで大きく変わってきます。男女問わず夜道の一人歩きは危険になってきます。そして田舎ほど防犯カメラ等が少ないので抑止力が少ない田舎も安全とは言えないだろう。

この頃、豊中市の事件が多いような気がします。地元で、こんな事件とはあまり関係の無いような市で子育て等では人気のある街です。実家や親戚が近くに住んでいて心配です。背後から刺された方が命に別状がなくて良かったです。犯人はまたわからず怖いです。

夜の寂しい道では、無意識にフラフラ歩いていちゃいけないんだな。いつ誰が物陰から現れるかわからなくなった。このような通りすがりの犯行に備えて、女性の護身術教室とかあるけど、成人男性でもそうしたものの体得や防犯グッズ揃えるとか、何か考えないと1人で夜道は歩けないのかも知れない。暮だから、宴会も多い。このような物騒なやつに備えて無防備での帰り道では、極力用心しよう。

その後の自作自演判明で呆れの声

11月30日にも豊中市の防災速報で、マンションで火災発生と胸に刺傷のある男性が発見されたという通知がきて、周辺に注意してくださいってなってた。怖いなと思ってたけど、その後、12月16日にそれが狂言だったことがわかったときたんだが、そのあとにまた12月20日にこの事件。関係があるのかないのかはいまんところ不明だけど自分に注目をあびたいのかなんなのか。精神面も見る必要がありそうだ。

現場付近は古くからの住宅街で、生活道路の道幅もあまり広くなく、夜には地元住民以外の人通りはほとんどない所です。そんな場所で刃物を持った人物がうろうろしているのは怖いなと思っていましたが、狂言と知ってある意味ほっとしました。しかし最近豊中では事件や事故が多いので少し心配です。

小曽根の殺人未遂事件といい、今回の事件といい、豊中どうした…。悶々としていたところに小曽根の事件を見て、触発されたんでしょうかね。自殺自体そもそも本当にやってはいけないことですが、まして人身事故や自作自演など他人に迷惑をかけるようなものは以ての外です。

その1週間前には小曽根で自作自演の殺人未遂事件、その後これ、地元住民からしたら〇にたければ勝手に〇んでくれとしか思えない。解決するまで住民はどれだけ不安か。

服部真輝
服部真輝の顔画像経歴、豊中市小曽根で放火殺人未遂の犯人は自作自演!現場アパートどこか特定11月30日午前11時すぎ、豊中市小曽根1丁目にある2階建てアパートから火が出ているのが発見され、駆け付けた消防がいいんが左胸を刺された40代と思われる男性を発見。犯人は現場から逃走していたとされていましたが、本人の自作自演と判明...
墨田区立花の化学工場
【閲覧注意】墨田区立花の第一化学工業所で火事!どこか判明で爆発や火の勢いがヤバイ!化学薬品の身体影響は12月27日の午前10時ごろ、東京・墨田区立花にある「第一化学工業所」の工場から火が出ていると通報があり、現場に消防車50台以上が出動して消火活動にあたっています。爆発音なども響いており、近所の住民は避難を開始しています。...