×
事件

犯人の鮮明画像公開!宮台真司さん襲撃犯特定に一歩前進か?ペットボトルからDNA採取。八王子市南大沢キャンパス

殺人未遂事件

11月29日(火)の夕方、東京都八王子市南大沢1丁目にある「東京都立大学南大沢キャンパス」で、大学教授の男性、宮台真司さん(63)が男の刃物で切り付けられる時間が発生しました。

現場から犯人は逃走しており、注意が呼びかけられています。

東京都立大学教授、男に刃物で首を切りつけられる

この事件は2022年11月29日(火)の午後4時15分ごろにあった通報から判明。

「男の人が切りつけられた」

現場となったのは、東京都八王子市南大沢1丁目にある「東京都立大学の南大沢キャンパス」で切り付けられたのは、同大学で教授をしている男性、社会学者の宮台真司さん(63)

宮台さんは男に刃物で首付近を切りつけられましたが、病院に搬送されて意識はあり、命に別条はないとみられています。

犯人の男は現場から逃走をしており、警察がその行方を追っています。

参照:東京都立大教授の宮台真司さん、大学で切りつけられ負傷 男が逃走

スポンサーリンク


通り魔?殺人未遂事件の経緯と犯人の逃走経路

この事件で被害にあったのは大学教授の宮台真司さんで、当時キャンパス内の路上にいたところを突然後ろから頭を殴られたうえ、刃物のようなもので首を切りつけられています。

通り魔などの可能性も高いですが、現場が大学のキャンパスといった場所を考えると、宮台さんを狙っての計画的な犯行である可能性が高いのではないかと考えられます。

ただ、キャンパスから逃走する男の姿が目撃されていて、事件現場には刃物などが残されていないことから、犯人が刃物を持って逃走している可能性や、無差別であった可能性もあるため、注意が必要です。

警視庁は殺人未遂の疑いで行方を捜査しています。

※逃走経路などどの方面に逃げたのかなどは公表されていません。

殺人未遂事件の現場、南大沢キャンパス

事件がおきたのは下記の場所にある大学内のキャンパス路上ですが、ここは南大沢駅からも直通の道ができており、周辺は集合住宅団地が密集している場所で、無差別の犯行の場合は二次被害が出る可能性があり、非常に危険です。

東京都立大学 南大沢キャンパス:東京都八王子市南大沢1丁目1

スポンサーリンク




逃走、殺人未遂犯の顔画像や特徴

逃走している殺人犯について目撃者の情報から次の情報が判明しています。

名前:不明
年齢:20~30代くらい
性別:男
身長:180cm~190cm
体型:短髪でがっしりとした体型
服装:黒っぽいジャンパーにズボン、白いスニーカー、オレンジ色っぽいニット帽子
凶器:刃物(リュックも所持)
罪状:殺人未遂(死刑または無期もしくは5年以上の懲役)

顔画像などの情報は公開がされていませんが、現場が大学キャンパスで近くには団地や駅もあるため防犯カメラなどに犯人が映っている可能性があります。

また、近くに駅があるために電車を利用して逃走をしている可能性も。

 
※追加情報
12月12日に逃走した犯人の顔画像や映像が公開されましたが、身長がかなり大きめであり目元も映っていることから知っている人がみれば一目でわかるのではないかとおいった特徴が出ています。

南大沢キャンパス

参照:逃走中の男を公開手配 社会学者の宮台真司さん殺人未遂事件 防犯カメラの映像などを公開

被害にあった大学業儒、宮台真司さんについて

名前:宮台 真司
年齢:63歳
性別:男性
職業:大学教授
職場:東京都立大学
負傷:頭部の打撲と首の切り傷(命に別状はなし)

-略歴-
東京都立大学の人文社会学部の教授で社会学などを専門。
東京大学大学院を修了し、東京大学の助手や東京外国語大学の講師などを経て東京都立大学の教授へ。
教育や宗教、それに映画やサブカルチャーなど幅広い社会批評で知られる。

 
事件後に学内の放送で不審者が入ってきているとして教室から出ずに待機するよう呼びかけたとされていて、1時間ほど待機のあとに午後6時前からは集団で帰宅するよう呼びかけられていました。

東京都立大学の南大沢キャンパスで、29日当時は授業が行われていて複数の学生が出席していた中での犯行。

犯人が捕まっていない状況で不安の声も多く出ています。

大学キャンパスでの殺人未遂事件にネットの意見は

被害者がまさか宮台真司だったとは。彼はかなりメディアなど露出も多いし、ただの無差別テロではなくて彼を狙った可能性が高そうですね。以前中央大でも事件があったし、大学って基本的に誰でも入れますから防ぎようがないと言えばないですよね。

被害に遭われた方の快復を祈ります。京王線で逃走中かな?すぐ近くに商業施設もあるし、逃げ込まれたら怖い。あの辺の森や茂みに、凶器を捨てているかもしれない。犯人の特徴が、かなりはっきりしているので、早く捕まると良い。

大学のキャンパスは基本開けっぱなしで誰でも入れるからな。自分の大学のキャンパスも近所のおじさんが来ていたけど、完全に頭がイっちゃってて奇声を発してて、冗談抜きで怖かった思い出がある。自分の場合は私大だから警備員もかなりいてキャンパス内をうろついていたからまだ安心だったけど国公立大学はたくさん警備員を雇えないだろうからな。一刻も早く犯人が捕まってほしい。

背後から頭部を殴られ、首を斬りつけられたのでは、避けるのも反撃するのも難しい。頸動脈を切られていたなら、命にも関わった。 まだ早計だが、思想的な動機が背後にありそうに思える。やり口はプロ的にも見え、命を狙ったというより、懲罰的、警告的?そうなら言論の自由を揺るがす事件と言える。キャンパスは通常出入りが自由で、特に学生風なら警戒もされない。今後の対策を考えるとなかなか大変だと思う。

大学構内に侵入、歩いていた職員の人に後ろから切りつけた。そして刃物を持ったままの逃走という。意図的な傷害だったのだろうか。それとも無差別な行為だろうか。小学校や中学校と違って、確かに大学は比較的自由に構内に入ることができ、さまざまな人らがいるのは事実だ。自分も近所の大学の学食に時々お世話になっている。だが考えてみれば、それはとても無防備で危険ということなのではないか。そんな日本社会であるとは考えたくないけど。