×
事件

SNS特定で顔画像!瀬川結菜さん笑顔が可愛い女子大学生、殺害遺棄の小野勇の自宅どこか判明

瀬川結菜

10月8日の午後、北海道札幌市東区にあるアパート一室から、大学生の瀬川結菜さん(22)が遺体で発見されました。

自宅アパートに死体を遺棄した容疑で同日に小野勇 容疑者(53)が逮捕されています。

殺害された瀬川さんとの接点や事件の経緯は何だったのか。。

女子大学生の瀬川結菜さんが殺害され遺棄される

事件が発覚したのは2022年10月8日(土)の午後2時過ぎごろとされています。

死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、北海道札幌市東区に住む無職の男、小野勇 容疑者(53)で、自宅アパートの1室に北海道小樽市末広町に住む大学生の女性、瀬川結菜さん(22)の遺体を放置した死体遺棄の疑い。

遺体で発見された瀬川さんについて、死因は頸部を圧迫されたことによる窒息死(司法解剖の結果)であることが判明しており、小野容疑者が殺害に関しても供述を始めているとしています。

参照:女子大生を死体遺棄した疑い 53歳の男 再逮捕 死因は窒息死 殺害ほのめかす供述 札幌市

車庫の背景などが地図や報道の映像と一致しています。

※毎日のようにあった投稿が逮捕されたとされる10月8日から止まっています。

スポンサーリンク


小野勇の犯行動機や事件経緯、瀬川さん監禁の末殺害?

この事件について、殺害された瀬川さんは小樽市内で家族と同居していましたが、10月3日の昼ごろに自宅を出た後に連絡が取れなくなっていて、10月7日になって瀬川さんの家族が「連絡が取れない」と小樽市内の交番に通報をしたとされています。

その後に警察などが捜査をしていますが、家族や知人の話などから小野容疑者の存在が浮上したため、10月8日なって事情を聴くために小野容疑者の自宅を訪れたところ、ナイフを所持していたのが発覚し、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕しています。

遺体が発見された経緯については、逮捕と同日、瀬川さん監禁の疑いで捜索差し押さえ令状が出たため、小野容疑者の自宅を捜索したところ、瀬川さんの遺体が発見されています。

瀬川さんの死亡推定比は10月4日ごろとされており、死因は頸部を圧迫されたことによる窒息死。

2人の関係についてはまだ明らかにされていませんが大きく年が離れていることから小野容疑者が瀬川さんを一方的に襲った可能性が考えられます。

ただ、家族や知人などから小野容疑者にたどり着いていることを考えると何かしら接点があった可能性も。

※追加情報
新たな情報として次のような声が出ているようです。

「交友関係はなくSNS上で知り合ったとみられています。援助交際のような関係でもないようだ。瀬川さんは自殺願望を抱えていたようで、周囲にも悩みを打ち明けていた。嘱託殺人だったのではないかとみられています」

 

瀬川結菜さんの遺体発見、小野勇の自宅どこか特定

事件がおきたのは下記の場所にある建物で、警察などの捜査員が倉庫(駐車場?)部分を捜索している様子が映されていました。

北海道札幌市東区北45条東15丁目

スポンサーリンク




瀬川結菜さんと小野勇の顔画像や経歴について

殺害された瀬川さんについて、通っていた大学の案内に出ている方であったようです。

HBC北海道放送、大学の案内より


名前:瀬川 結菜(せがわ ゆいな)
年齢:22歳
性別:女性
職業:大学生
大学:日本医療大学
住所:北海道小樽市
死因:頸部圧迫による窒息死

 
小野勇
名前:小野 勇(おの いさむ)
年齢:53歳
性別:男
職業:無職
住所:北海道札幌市東区北45条東15丁目
罪状:死体遺棄、銃刀法違反
3年以下の懲役、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
※殺人の容疑でも捜査中(死刑又は無期若しくは五年以上の懲役)

※SNSに事件前後なども投稿していたといった情報が

※地図や報道で出た車庫の背景と一致しています。
※顔画像などはInstagramに載っているようです。

 

札幌市で大学生が殺害遺棄された事件にネットの声

家族や知人の話などから小野容疑者が浮上した、という事から二人には以前から何らかの関係が有ったと思える。家族を初め周囲の関係者が、二人の関係に危機感を感じていたのであれば、何とか未然に防げなかったのだろうか。被害者のご冥福を祈ります。

名前や顔画像の有無について色々意見があるけれど、名前や顔画像があることでそのそんな凄惨な事件を起こさないよう巻き込まれないようにと意識に強く刻まれる。ただ被害者だけでなく、容疑者の情報をもっと出すべき。

まったく状況は分かりませんが、とにかく異常者と関わらないように自己防衛の意識を高めに生活しましょう。警察は事件が起きてからしか動けません。自分が傷つけられて初めて警察は動きます。でもそれでは遅いのです。小さい事件であれば、捜査はほぼ行われず泣き寝入りで終わります。まずは事件に巻き込まれないように異常者の見極め力を日ごろから鍛えて、異常者に近づかないように気を付けるしかありません。

何故、被害者は実名公表され顔写真を大学のパンフレットから引用して公表されなければならないのか判らない。加害者の写真を掲載するならまだ判るが。これだけで、どこの大学か判ってしまう。実際、見れてしまった。大学のパンフレットに出るくらいだから成績優秀者だったと思う。気の毒である。被害者名や顔写真は非公表の方が良いのではと思う。被害者のご冥福お祈りします。

22歳と55歳の接点は何だったのか?キチンと究明して、後日伝えて欲しい。ここから学ぶものがある可能性もある。あくまで例えばですが、もし仮に被害者がパパ活をしていたなら、いかに危ない活動なのかを訴求することも可能ですし、犯罪者との接点を究明することで、今後同じような被害を減らす訴求も可能ではあるが、被害者への配慮は必要、情報の出し方、タイミングは検討が必要。犯罪に巻き込まれやすい職業、活動、接点について分析されたデータがあっても良いと思う。個々のリスク管理のためにも。何も情報もなく選択するのは今どきではないなと感じる