×
事件

神戸市灘区で刃物男!名前や顔画像、コンビニどこか判明(ローソン篠原本町店)警官拳銃3発発砲で容疑者確保

9月22日(木)の未明、兵庫県神戸市灘区にあるコンビニで、刃物を持った男が暴れる事件が発生。

その後に駆け付けた警察が容疑者を銃撃し、身柄を確保しました。

刃物による事件が全国で多数起きている中、深夜の事件はなぜ起きたのか?

神戸市灘区のコンビニで刃物男が暴れる

この事件がおきていたとされるのは、2022年9月22日(木)の午前1時45分ごろのこと。

現場となったのは、兵庫県神戸市灘区にあるコンビニエンスストアで、男性店員からの110番通報から発覚。

「客と揉めている。店で暴れて物を壊された」

通報によって警察官が現場に駆け付けると、40歳くらいの男がカッターナイフを振り回しながら警官に近づいてきました。

 

警察官は拳銃を構えて「刃物を捨てろ、撃つぞ」と警告しましたが、男が応じずに突っ込んできたため、拳銃3発を発砲し銃弾の少なくとも1発が下腹部に命中しました。

これによって男は確保され、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されましたが、病院で治療のために一時的に釈放されています。
※重傷とみられるものの意識はあり命に別状なし。

参照:警察官が3発発砲 コンビニでカッターを振り回す男の下腹部に命中、重傷か… 兵庫県警

スポンサーリンク


カッターナイフ持ち暴れる男、犯行動機がヤバイ

この事件で暴れていた容疑者の男は当時酒に酔っていたとされていて、コンビニの店員は次のように通報をしていたようです。

「レジ対応が遅れて酒に酔った男性客が怒りだし、もめている」

110番で臨場した県警第1機動パトロール隊員3人が男性を発見し、巡査部長(43)が拳銃を構えて「刃物を捨てろ。撃つぞ」と警告したが、男性が向かってきたため、威嚇射撃をせずに発砲したとされていて、隊員らに怪我はなかったものの、一連の行動に関して同隊の阿部哲也副隊長が次のようにコメントしたようです。

「刃物を持って警察官に向かってくる犯人を逮捕するために拳銃を使用した。詳細は現在確認中」

※県警は「検証を行い発砲が適切だったか判断したい」と述べています。

これらは拳銃の使用に必要な手順を踏んでいないとしたものによるコメントのようですが、素早い確保ができなかった場合は犠牲者が出ていた可能性が。。

 

神戸市灘区、刃物男の事件現場コンビニどこか判明

事件がおきていたのは下記の場所にあるコンビニですが、酒に酔っての犯行で「覚えていない」と供述する容疑者が多いため、うやむやにされることなくしっかりと一番重い処罰を受けるのが望まれています。(殺人未遂)

ローソン篠原本町店:兵庫県神戸市灘区篠原本町5-19-2

スポンサーリンク




コンビニのカッターナイフ男の名前や顔画像

事件をおこした人物について現時点では名前や詳しい情報は明らかになっていません。

名前:不明
年齢:40代?
性別:男
職業:不明
住所:不明
負傷:下腹部に銃創で重傷(命に別状なし)
罪状:公務執行妨害(3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金)

逮捕罪状は公務執行妨害ですが、器物損壊や殺人未遂などが科される可能性も。

 

刃物男に対しての警察官銃撃に賛否両論の声?

凶器を携帯し、警告を無視しての突進を受けて発砲。正しい判断ですし、犯人の命に別状はないとのことなので、きちんと罪を償って欲しいです。居合わせた店員さん、お客さんをはじめ、発砲した警察官の方のケアもしっかりしていただけたらと思います。

発泡して一々警察官が問題にされるなら何の為に拳銃所持してるの?使わないにら要らないし、撃たないと犯人に思われるなら全く意味はないし抑止力にもならない。刃物持って暴れてるんだから、怪我人が出る前に撃って制圧をどんどんすれば良い。

自分自身を守る為にも発砲は必要です。その度に発砲の是非を検証してたら、実際現場に立つ警察官にしてみれば少なからず躊躇する時間が生まれ、判断が遅れるケースもあると思う。

これは問題ないでしょう。刃物というのは実は銃より素早いのです。どういうことかと言うと刃物の方が正確に狙うポイントにいくということや隠し持った状態から瞬間的に取り出せるのです。

威嚇射撃しなかったから発砲は違法。容疑者は無罪とする。なんて馬鹿な判定がされないことを願います。実際に合った判決で外国人に警官が襲われて暴力を振るった後に逃走、逃走する犯人に発砲して逮捕したが、裁判で背後から発砲するのは違法、犯人は無罪。として税金で治療したうえに国に帰っていったという事例があります。前例に照会して今回も無罪とか言わないでください

批判覚悟で書きます。一般市民と違い警察官は色んな訓練を受けてると思います。カッターナイフに拳銃ですか?警棒でも阻止出来たんじゃないかなって思いました。拳銃の流れ弾で他の人が怪我や命を落とす危険性もあったと思います。通報で駆けつけたなら尚更です。発泡するより他に阻止する方法あったと思います。

警察官の職務執行が慎重であるべきという点は大前提として、「凶器を持って警察官に向かってきた」事実があれば、拳銃を用いた応戦は問題ないと考えます。相手がすごい使い手だった場合、特殊警棒や刺股をすり抜け、被害が拡大する恐れがありますからね。