×
事件

長野市居町で通り魔どこか現場特定で逃走の犯人正体!バットで殴られ流血、、

9月11日(日)の夜、長野県長野市の路上で、市内に住む50代男性が後ろから棒のようなもので殴られる事件が発生。

町中でおきた通り魔事件、、警察が傷害事件として逃げた犯人の行方を追っています。

長野市居町の路上で通り魔事件

この事件がおきていたのは、2022年9月11日(日)の午後9時すぎごろ、長野県長野市居町の路上を歩いて帰宅していた、竹刀に住む50代男性からの通報で事態が判明。

「棒のようなもので襲われた」

被害にあった男性は、バットで頭と左ひじを殴られ頭から出血し肘には打撲のあとがあっとことから、何度も殴られたと思われる傷があり、通報によって警察や消防が駆け付けて男性は市内の病院に搬送されて治療を受けており、命に別状はありませんでした。

突如男性を襲った犯人は、現場から徒歩で逃走をしており現在も警察がその行方を追っています。

参照:後ろから襲われ男性けが 棒のようなもので頭など殴られ出血 犯人は徒歩で逃走

スポンサーリンク


逃走の通り魔、正体は誰?特徴や防犯カメラ

犯人の特徴については現時点で明らかにされておらず、性別なども不明のようです。(背格好から男の可能性?)

殴っていた棒のようなものはバットであったとされいて、それで頭部などを殴っている時点で強い殺意があったことがうかがえますが、怨恨であるか無差別の通り魔であるのか、強盗目的だったのか、その目的によってはまだ次の被害者が出る可能性も。。

現場は防犯カメラなどがなさそうなので、特定には難しいかもしれませんが、徒歩であることから、ある程度地理に詳しく近場に住んでいる人物の可能性が高いのではないかと考えられます。

 

長野市居町、通り魔事件の現場どこか判明

事件がおきたのは、守田公園が近くにある場所の近くで、大通りから一本住宅地へ入った狭い路地であり、道路上で街灯も少なく夜間は車や人通りは少ない場所。

長野県長野市居町

スポンサーリンク




街中でおきた通り魔事件にネットの声

頭をバットで殴って殺人未遂にならないのは、裁判に勝てないからだろうか。 それとも加害者保護の原則が働くからだろうか。

強盗でも恫喝的なものではなくて、いきなり襲われ殴られただけ?暗い道で背後からそっと来られたら誰でも防ぎようがない。早い犯人逮捕を期待します。

通常、何かの恨みでこういうケースはありえるが、通り魔的だと本当に恐いです

個人的な恨みなのか、銀行のATMを出てきたところだったのかで他の人の身構え方も変わってくるので詳細早よ。

近くの変質者をすぐにあたってほしいですね。徒歩で逃走とは 限られてるかもしれません。早く逮捕されて安心したいです。