×
MENU
事件

左沢桃子の顔画像判明で動機がヤバイ!渋谷区円山町の火災ホテルどこか特定 当時の映像が衝撃

8月23日(火)に東京都渋谷区にあるホテルでおきた火災で、火元の部屋にいた女が放火の疑いで逮捕されました。

現場は狭いエリアの密集地域で危険な状況にあった火災、、その動機とは何だったのか?

渋谷区円山町でホテルの客室燃える火災発生

この事件は、8月23日(火)の午後1時半ごろにおきていたとされています。

東京都渋谷区円山町にある4階建てのホテル客室から火が出て、消防車などが多くが駆け付けて消火作業にあたっていました。

火元はホテルの2階の一室で、当時この部屋の宿泊客が病院に搬送され一酸化炭素中毒で入院していましたが、その後の捜査でこの人物が放火した犯人であったことが判明しました。

現住建造物等放火罪で逮捕されたのは、無職の女、左沢桃子 容疑者(30)で、部屋の中で、何らかの方法で火をつけた疑いがもたれています。

参照:渋谷のホテル…宿泊客が放火か 「死にたかった」病院に搬送された30歳の女逮捕

スポンサーリンク


渋谷区円山町の火災当時の映像・画像が衝撃

火事が起きた当時、現場は大混乱となっていました。

スポンサーリンク




左沢桃子が放火のホテルどこか判明、渋谷区円山町

火事がおきたのは、「ホテルシェヌー」であったようです。

このあたりはかなり狭い場所で建物が密集した地域なので、火災が大きく延焼しなかったのは不幸中の幸い。

スポンサーリンク




左沢桃子の顔画像や経歴、動機がヤバイ!

逮捕された左沢容疑者に関して判明しているのは次の情報。

名前:左沢 桃子
年齢:30歳
性別:女
職業:無職
住所:不明
罪状:現住建造物等放火罪(死刑または無期懲役もしくは5年以上の懲役)

人が住む建物への放火はかなり重い罰則が科せられます。

事件当時、容疑者は部屋の出入り口付近で倒れていたところを救助されていて、犯行動機について「よく覚えていません」と否認する一方で、「死にたかった」などと話しているとされています。

また、左沢容疑者は事件当日、友人の男性と部屋を利用していて、男性は出火のおよそ1時間前に1人でホテルを出るのが防犯カメラに映っていました。

 

左沢桃子の自分勝手な犯行にネットの声

本当に自分勝手だと思います。生きていたら死にたくなる程の思いをする時もあるかもしれませんが、人に迷惑をかけたり巻き込んだりということは、やらないようにしてほしいですね。こう言うと死ぬ方はそんな事考える余裕は無いとか 死んで行く人が可哀想だとか言われますが、巻き込まれて亡くなったり 後遺症が残ったり メンタルやられたりして生きなければいけない人達は?って聞きたくなります。自殺もその年齢や理由で気の毒だと胸が痛むことも多々ありますが、周りが止めてもその人が選んだのならば運命と思うしかないように思います。

すごい迷惑。誰かが自殺したと聞くとなんで一人で抱え込んでいたんだろう、とか残念に思うけど、こういうの見ると、他人を巻き込むよりはマシな選択なのかもしれない。もちろん死なないのが一番。

死にたいと本気で思う人は、自分の事しか考えてないので、ホテルで火事出しても周りに迷惑かけるとか頭にありません。電車に飛び込む人もかなり迷惑ですがそれと同じ…自己中な人がこのごろ多い。なんで独りで静かに死ねないのでしょうね…

死ぬなら、人に迷惑かけない死に方で。死にたいなら死ぬことを止める必要はない。死ぬ権利も人間にはあるはず。私も昔は自殺するぐらいならという考えでしたが死ぬ自由は絶対にあっても良いと思う。でもひとつだけ言わせて欲しい生きたくても生きれない人もいることを考えてくれれば何か変わるのかとも思います。

個室ビデオ店の放火事件や京アニ事件を思い出すな。放火するような人間を治療するのもアホらしいね。放火の罪は重いし、結局死ねなくて余計辛い人生を過ごすことになっただけだね。

男友達とラブホ行くことってありなのか。しかも男友達に先に帰られてとか。何があったのか。30歳なんだからもっとしっかりしてよ