×
事件

バルボサがヤバイ!堺市母娘殺人でブラジルへ逃走の夫の飛んでも言い訳!潜伏先発覚は

2022年8月24日(水)の午前9時頃、大阪府堺市東区日置荘西町にあるマンション一室で、住人の荒牧愛美さん(29)と、娘のリリィちゃん(3)が殺害されているのが発見された事件。

その後に行方不明となっていた夫について捜索が行われていましたが、事件発覚から1週間後8月31日になってようやく情報が公開されました。

しかし、その情報はすでに遅く海外逃亡を許す形に。。

堺市母娘殺人の容疑者?ブラジル国籍の夫を指名手配

事件の発覚は2022年8月24日(水)午前9時頃、大阪府堺市東区日置荘西町にあるマンションの一室から住人荒牧愛美さん(29)と、娘のリリィちゃん(3)が血を流して倒れているのが発見されたことから。

同日深夜に「娘夫婦と22日の夕方から連絡が取れない」と親族から警察に通報があり警察が現場を訪れて室内に入ったところ、血を流して死亡していた2人の姿が、、

遺体は上半身に複数の刺し傷があり、強い恨みを持って念入りに殺害されていました。

当時、事件後から行方不明になっているブラジル国籍の夫(33)が母娘の殺害に関わった疑いが強まったとして、警察が事件発覚から1週間後となる8月31日になって殺人容疑で指名手配を行いました。

スポンサーリンク


顔画像公開もすでにブラジルへ国際逃亡か

殺人容疑で指名手配されたのは、住居・職業不詳の男、バルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者(33)で警察はこの人物について氏名や顔画像などを公開して情報提供を呼びかけています。

しかし、事件発覚からすでに1週間以上が経過しており、バルボサ容疑者がすでにブラジルに向けて出国しているといった情報がでているようです。

これを受けて警察は今後、国際手配も視野に入れて捜査するとしています。

参照:警察が『行方不明の夫』バルボサ・ロブソン容疑者(33)を殺人容疑で指名手配 ブラジルに向けて出国 29歳母親と3歳女児殺害事件 大阪・堺市

 

バルボサ容疑者の犯行から逃走までの時系列

▼8月20~21日
・殺害時刻
荒牧愛美さんとリリィちゃんが殺害されたのは、8月20日午後4時ごろ~8月21日午前10時32分ごろまでの間と考えられています。

▼8月22日
・勤め先への電話
バルボサ容疑者は8月22日の朝に勤務先へ「事故に遭い2週間休む」と連絡した後に消息を絶っています。

・逃走に利用?近くの駅から自転車
夫のものとみられる自転車を自宅からおよそ1km離れた駅で発見

▼8月24日
・親族から警察へ通報
8月24日の午前1時15分ごろに警察へ親族が通報

・母娘2人の遺体発見
自宅は施錠されていたため午前9時ごろにベランダの窓ガラスを割って部屋の中に入ったところ2人の変わり果てた姿が、、

・行方不明の夫の捜索
遺体発見直後から同居していた夫が行方不明になっており捜索

▼8月31日
・不明の夫を殺人容疑で指名手配
行方不明となっていたバルボサ容疑者の氏名や顔画像を公開して指名手配もすでに海外へ逃走済み

スポンサーリンク




バルボサ・アンデルソン・ロブソンの顔画像や経歴

全国指名手配をしていますがすでに容疑者は国外逃亡をしているのが判明しているとしています。

ただ、この逃亡したタイミングが事件発覚前なのか、それとも事件発覚後なのかで警察側の行動に対する声が変わってきます。

こうした事件では、仮に殺人事件などが起こって容疑者が逃亡しても、すぐに犯人の顔画像などの公開を行わないなど、新たな犠牲者待ちの対応が多いためそうした行動に不満や怒りの声が上がっています。

※追加情報
22日の夜に、成田空港から出国したことが防犯カメラの映像などで確認されたことが判明

-父親-
名前:バルボサ・アンデルソン・ロブソン
年齢:33歳
性別:男
国籍:ブラジル
職業:会社員?
職場:工場
住所:大阪府堺市東区日置荘西町7丁目

大阪府堺市東区日置荘西町7丁目

 

ブラジル国内で潜伏、親族もヤバイ

バルボサ容疑者の弟:

非常に良い人で殺意はなかったと信じている、しかるべき時にそれが全て明らかにされるべきだ。この世の行いはすべて償われなければならない。

容疑者の親族の知人:
「夫のお母さんがレンタカーで車を借りて迎えに来た」
この男性が親族から聞いた話では、バルボサ容疑者の母親がサンパウロの空港にレンタカーで迎えに来て、カンベにある弟の家に連れて行ったといいます。しかし、ここに現地メディアが殺到したため、すでに別の潜伏先に移ったそうです。

「(バルボサ容疑者は)『愛美さんはずっと離婚したかったし、事件前に離婚の話もした。(離婚は)別に大丈夫。でも、リリィを連れてブラジルに帰る』と。愛美さんはそれを聞いて、家に戻ったときに刺した、包丁で。(Q.愛美さんが刺したと)そうです。『リリィ殺したのは愛美。反撃で愛美を殺しただけ』と」

『リリィちゃんを殺したのは愛美さん。自分にも危害を加えようとしたので、愛美さんを殺した』これが、バルボサ容疑者の主張だそうです。

 
また、バルボサ容疑者が弁護士を雇っており、9月2日に同容疑者が地元当局に出頭して事情を説明するとの見通しを明らかにしています。

弁護士はバルボサ容疑者について「起訴されているわけではなく、被告人ではない」と強調。「この悲しい出来事の解明に協力するため、出頭することを前提に、代理人を通じて警察当局と連絡を取っている」と述べた。

近年、弁護士の存在は本来の意味ではなく、お金で犯罪者の罪を減らすことに注力されることが増えており、問題視する声が大きくなっています。

スポンサーリンク




顔画像公開もすでにブラジルへ国際逃亡か

日本はブラジルとは犯罪人引渡条約を結んでいませんからね(アメリカと韓国のみ締結)。ブラジルに逃げられたら確保は難しいと思います。

今頃全国に指名手配しても容疑者のブラジル出国が分かっているなら後の祭りなのでは?

遅すぎるだろ。逮捕状がない時点でも空港などに手配して出国を阻止できたはず。ブラジルに逃げ込まれたら、死刑制度のある我が国には、例え居場所がわかっていても送還されない。警察はお粗末過ぎる。

こういうのって、まず国外逃亡の逃げ得を許さないために第一に空港を警戒すべきだから、それをしないなんて無能なことはしないよね?それでも逃げられるもんなんだ。海外行かれたら引き渡し条約だの色々面倒になるんでしょ。遺族がそれで不幸な目に遭うことは避けて欲しい。

ブラジルに逃げられたらブラジルでは憲法に「犯罪人引き渡し禁止規定」があるようなので、本人が日本に戻ってこないかぎり日本では処罰できないことにはなる。ただ、ブラジルには代理処罰の規定があるので、代理処罰を請求することはできる。大阪の警察は徹底的に捜査し、せめてブラジルで刑罰を受けさせないと殺された二人が浮かばれない。このまま犯人が逃げおおすことがないようにお願いしたい。

遅いよ。容疑が固まってなくても、重要参考人として、顔と名前は早くから出して国籍には触れないようにするのがいいと思うけど、日本の警察やマスコミがやるのは、いつも逆。前も、ある俳優が、畑の収穫物を盗んだ外国人を捕まえたら許してくれって泣かれたから逃してやったってブログだかインスタに書いてた。私なら、どこの国だろうが泣かれようが何だろうがちゃんと警察に捕まえさせて、外国人だということは書かない。こんなだから〝日本は外国人に甘い〟っていう認識と差別が広まって、真面目に頑張ってる外国人が辛い思いして、結果外国人犯罪が増えることになると思う。

荒牧愛美さんリリィちゃん堺市東区日置荘西町マンション殺人事件どこか特定で不明の夫名前は誰?【素顔】8月24日午前9時すぎ、大阪府堺市東区日置荘西町にある集合住宅マンションの一室で住民の荒牧愛美さん(29)と、娘のリリィちゃん(3)が遺体で発見されました。2人の遺体には上半身に複数の刺し傷があったことから、警察は殺人事件とみて捜査...
荒牧愛美さん美人で可愛いリリィちゃんの写真判明でブラジル国籍夫不明の殺人事件!堺市の現場マンション映像8月24日の午前、大阪府堺市内のマンションで、荒牧愛美さん(29)とその娘のリリィちゃん(3)が殺害されて死体で発見されました。同居していたブラジル国籍の父親(33)が行方不明となっています。...