×
MENU
事件

橋本晃典の顔画像、わいせつベビーシッター懲役20年!5~11歳男児20人性的被害ヤバイ!キッズライン

ベビシッターとして保育中、男児20人以上(犯行は50件以上)に対してわいせつな行為を繰り返していたとして逮捕された、橋本晃典 被告(31)に対して懲役20年の判決が下されました。

東京地裁(古玉正紀裁判長)、8月30日(火)懲役20年(求刑懲役25年)の実刑判決言い渡していますが、これに対し弁護士側は悪質ではないとして懲役10年を求めており、その理由や弁護士の名前は。。

ベビーシッターによる幼児や少年狙った卑劣な犯罪に懲役20年

この事件は2015年8月~2019年12月に、東京都内などで当時5~11歳の男児20人に以上が、元ベビーシッターの男に性的暴行を加えられた事件。

元ベビーシッターで無職の橋本晃典 被告(31)はベビーシッターの派遣先や、ボランティアとして参加したキャンプ場などで男の子に対し性的暴行を加えた強制性交や強制わいせつの罪などに問われていました。

この事件で橋本被告は56の事件に問われており、東京地裁(古玉正紀裁判長)が2022年8月30日(火)に、懲役20年(求刑・懲役25年)の実刑判決を言い渡しました。

参照:男児20人に性的暴行や強制わいせつ 元ベビーシッターの男に懲役20年の実刑判決 東京地裁

スポンサーリンク


橋本晃典のヤバすぎる犯行内容

橋本被告は事件当時、5歳~11歳までの幼児少年に対しての犯行は判明しているだけで20人以上。

検察側は橋本被告が2015年~2019年の4年余りだけでも強制性交の罪で22件、強制わいせつの罪で14件、わいせつ行為を携帯電話で撮影するなどした児童ポルノ禁止法違反の罪で20件で起訴しています。

都内などで当時5~11歳の男児20人に対し、下半身を触ったり、その行為をスマートフォンで撮影したりするなどしており、ベビーシッターの派遣先や、ボランティアとして参加したキャンプ場など性的暴行を加えた強制性交や強制わいせつを行ったとされています。

逮捕当時の映像

 

橋本晃典擁護の弁護士主張がヤバイ

この事件(裁判)で、検察側は保育士の資格がある被告はシッターの依頼を受けた家庭などでわいせつ行為を繰り返したと指摘していて次のように主張して懲役25年の求刑をしていました。

「保護者から託された機会を悪用し、多数の被害者に回復困難な精神的苦痛を負わせた。厳罰をもって臨む必要がある」
「幼い子供を性的欲求の餌食とした。再犯の可能が高く、徹底した矯正教育を施す必要がある」
「常習性は極めて顕著、保育士の立場に乗じ子どもの未熟さにつけこんだ卑劣な犯行で被害者も多く悪質だ」

 
これに対して弁護士側や橋本晃典は、18人への事件は認めたものの、残る2人については「スキンシップだった」などと起訴内容を否認しており、次のような一部無罪を主張するなど、懲役10年が相当と主張しています。

「性的な意図はなかった」「スキンシップの一環だった」「極めて悪質とまでは言えない」
「橋本被告がアルコール依存症の母親から虐待を受けていたことや中学生のときにインターネットで知り合った男性から性的虐待を受けたことなどが影響しているとして情状酌量を求める」

スポンサーリンク




橋本晃典の顔画像や経歴余罪や前科について

名前:橋本 晃典
年齢:31歳
性別:男
職業:無職(元ベビーシッター)
住所:不明
罪状:強制性交、強制わいせつ、児童ポルノ禁止法違反

 

悪質な犯行にネットでも怒りの声多数

内容もさる事ながら犯行が放置されてきた期間の長さと被害者数の多さから気になっていた判決です。求刑に対して5年の減刑は今の日本では限界なのかなと……被告が自分の不遇な幼少期を動機に並べ立てていて、個人的には反省が感じられなかった様に伺えましたが、それらをどう判断するかは裁判官次第、残念です。

悪質だと思うけど違うの?へぇ、知らなかったわ。20人以上の子供にトラウマ植え付けて悪質ではないと。去勢させてあげたら?再犯するだろうし。こんな奴一生刑務所の中にいろよ。子供が犠牲になってるのに日本の法律って甘すぎる。外国見習って法律改正しろよ。被害者に過酷で被告人に甘いってどんな法律だよ。

なるほど、弁護士はこの犯罪を悪質とは思ってないようなので、自分の子供達を橋本晃典に安心して預けられると考えているということですね。最近、お金で何でもする弁護士が増えているけれど、弁護士は本来容疑者が一方的に不利になることを防ぐためにあったもので、犯罪をなかったことにすることではないのだが、幼稚園からもう一度勉強をし直したほうがよいのでは?

性犯罪者や幼児や児童への猥褻に関する法律が軽すぎる。諸外国に比べても特別遅れている法のジャンルだと思います。ここまで多発しているのに法の見直しがないのには疑問しかない。これに着目して声を上げる政治家はいないのでしょうか。そんなにも法を改正する必要性に目を背けことを先延ばしにする理由はなんなのでしょうか。性犯罪に巻き込まれた子供や被害者、その家族が弱者として無念の人生を送る事をもっと意識して欲しい。

>「極めて悪質とまでは言えない」いや言えないことはないと思うが。性犯罪は全てが快楽目的で自己中心的な犯行だ。当然すべて悪質だし、その犯行は犯人にしてみれば「楽しかった思い出」だろう。最初から悪いことだと自覚した上で犯行に及んでいるはずだし、逆に再犯しない理由が無いように思える。極端な意見というわけではなく、科学的去勢や最低でもGPS埋め込みくらいはしてもいいと思う。加害者の人権より、次の被害者の人権が踏みにじられないことを優先してほしい。