×
事件

紺野叶志郎くん虐待死、内田正也の素顔判明で現場どこか特定や否認の理由。鶴見区汐入町3丁目アパート

2018年1月に神奈川県横浜市鶴見区のアパートで、同居していた女性の長男(当時4歳)に対して暴行して死亡させたとして、横浜市に住む男(30)が逮捕されました。

またおきていたシングルマザーとその交際相手による事件、犯行動機や容疑者の正体とは、、

鶴見区汐入町3丁目のアパートで4歳児虐待の末死亡か

この事件は、2018年1月23日(火)の午前10時ごろのこととされており、神奈川県鶴見区汐入町3丁目にあるアパート一室でおきていたとされています。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、横浜市緑区に住む職業不詳の男、内田正也 容疑者(30)で、当時アパートに同居していた女性の長男である紺野叶志郎くん(4)に暴行し、2日後の25日に急性硬膜下血腫などで死亡させた疑いがもたれています。

病院から「虐待の可能性が疑われる」と県警に通報があったことから、紺野叶志郎くんが病院に搬送された直後から警察による捜査が進んでいましたが、4年半経過してから逮捕で当時は何が行われていたのか?

参考:4歳児死亡、同居の男を傷害致死容疑で逮捕 「暴行してない」と否認

スポンサーリンク


交際相手の息子殺害?内田正也の犯行動機や否認の理由

逮捕された内田容疑者は、「暴行していません」と容疑を否認していて動機などは明らかになっていません。

事件当時、内田容疑者は「子どもが遊んでいた部屋からドスンという音がして、子どもの意識がなくなった」と自ら119番をしており、搬送された東京都内の病院から「虐待の疑いがある」と通報があり、県警が捜査していた。

母親は当時、仕事で外出しており、家には内田容疑者と叶志郎ちゃんの2人きりで、内田容疑者は県警に「(叶志郎ちゃんが)自分で跳びはねて転んで頭をうった」などと説明していました。

また、この家庭をめぐっては、横浜市の児童相談所も一時関与していたとされています。

 

鶴見区汐入町3丁目、紺野叶志郎くん虐待の現場どこか

事件がおきたのは、汐入公園の近くにあるエリアで首都高速の神奈川1号横羽線の近くですが、詳細な場所は不明となっています。

内田容疑者が逮捕された際は、横浜市緑区に住んでいたようで事件後に引っ越しなどしたと考えられます。

スポンサーリンク




内田正也 容疑者の顔画像判明で経歴や余罪は

逮捕された内田容疑者の顔画像が公開されており、腕には刺青が入っているのが確認できます。

近年はだいぶ緩和されてきているものの、刺青やその服装などからどのような人物であったかはある程度想像がつきそうなもの。


名前:内田 正也
年齢:30歳
性別:男
職業:不詳
住所:神奈川県横浜市緑区
罪状:傷害致死(3年以上の有期懲役)

 

虐待死、、紺野叶志郎くんの情報や母親について

死亡した叶志郎くんについてはんめいしているのは次の情報

名前:紺野 叶志郎(こんの きょうしろう)
年齢:4歳
性別:男の子
死因:急性硬膜下血腫(外傷性くも膜下出血)
※頭部に何らかの方法で衝撃を加えられた疑い

紺野君の養育を巡っては、児童相談所も一時介入していたようですが、防げなかった事件の原因は、、

また、内田容疑者は紺野叶志郎くんの母親と交際しており当時は同居をしていたようですが、母親の女性が仕事で出かけていた際におきたとされています。

-母親-
名前:不明(紺野●●)
年齢:不明
性別:女性
職業:不明
住所:不明(当時:神奈川県横浜市鶴見区汐入町3丁目)

スポンサーリンク




シングルマザーと交際者と子供の事件にネットの意見は

小学生でもそれ以下の小さい子供でも、ひとり親になって、その交際相手が現れると、自分のひとり親を取られると感じて、敵対心を持ち余計に懐かない、虐待に繋がってるように思います。そんな関係を築こうとしてるのなら、子どもを全力で守る決意と行動力に自信が無かったら、1人で懸命に働いて育てる方が幸せになれそうな気がします。子供が幸せにしてくれる気がします。

自分の本当の父親じゃない(それも両腕タトゥー、もしかしたら上半紙とかにも刺青あるかもしれなくて怖い)男性が突然同居となり、父親的なことをしてるならまだしも暴力をしてくるとか他人ながら酷すぎると思う。このような事案が本当に毎年多いのだが何故殺人罪とかのような厳罰とならないのだろう。アメリカのように少しでも虐待案件と疑われただけで逮捕されるような法改正をしないのか。

まだ4歳の子供に暴行だなんて…。痛かっただろうし、とても怖かっただろう。他の方も書かれていますが、本当、こういう事件って無くならないな…と思いました。正直、母親がこの男と知り合わなければ、少なくとも男の子は亡くなる事はなかったのかな。とか考えると何か悔やまれます。母親については書かれていないので分からないけれど、子供が暴行されてる時に助けようとしたのかな…ちょっと気になりました。

冷たい言い方だけど、もう無理なんだと思う。母親の前に女になって我が子を守らない時点では…。仮に親権が父親になっても、新しいアイテが出来てその人が虐待したら同じ事。親が守らないで周囲から隠したら、助けられない。虐待する人は隠そうとするんだし。

こういう事件があると、いつも児相の手落ちが指摘されるが法改正して、児相にもう少し権限を持たせたり、幼児虐待を扱うプロ的な人材を育て増やすことをしないとダメだと思う  役所とは言え、定期的に人事異動で配置換えされてしまうと このような専門的な仕事は担えないと思う。

「離婚後の親権者は母」。という 裁判官の短絡的な判断が このような事例を無数に発生させている。裁判官の猛省を求める。世間知らず 現場知らず の裁判官を何とかして欲しい 最高裁さま。死亡以上の不幸が 有るだろうか 最高裁さま。