×
MENU
事件

寺内正孝がヤバイ!防犯カメラに事件映像、小学4年生女児(10)の首つかみ全治1週間の怪我、、浅草新仲見世商店街

東京都の浅草にある商店街で、小学4年生の女の子(10)の首をつかんで負傷させたとして無職の男が(64)が逮捕されました。

幼い子供へ暴行を加えた衝撃の理由とは、、容疑者の素顔が明らかになりました。

浅草の新仲見世商店街でトラブル、小学生女児負傷

トラブル(事件)がおきたのは、2022年6月9日(木)の午後4時半ごろとされています。

現場となったのは東京都台東区浅草にある新仲見世商店街の路上で、当時母親と買い物に来ていた小学4年生の女の子(10)が、無職男に首をつかまれて全治1週間の怪我を負いました。

この事件で傷害の疑いで逮捕されたのは、群馬県桐生市に住む無職の男、寺内正孝 容疑者(64)

なぜそのような凶行を行ったのか?寺内容疑者と少女の間に当時何がおきていたか証言が出ています。

参考:小4女児の首つかんだ64歳男が逮捕 自転車ぶつかり謝罪されるも…にらみつけて右手を首に

スポンサーリンク


寺内正孝の犯行動機、容疑否認の理由がヤバイ

事件が起きた日、女の子は浅草の商店街に母親と自転車で買い物に来ていて、自転車で商店街の路上を走行中、前にを歩いていた寺内容疑者らを発見。

女の子は寺内容疑者らをよけようと右へハンドルを切るも、前から別の歩行者が来たためハンドルを左へ戻したところ、自転車のタイヤが前を歩いていた寺内容疑者の左足にぶつかりました。

その場で女の子は「すみません」と謝りましたが、寺内容疑者は女の子をにらみつけ、右手で首をつかみ全治1週間となる怪我を負わせています。

寺内容疑者は当時近くで友人と酒を飲んでいて、この行為に友人が止めに入ったとされています。

逮捕された寺内容疑者は次のように容疑を否認していますが、負傷している事実や友人が止めるほどの行為だったこと、逮捕まで2か月ほどの時間があることから警察側も証拠をそろえての逮捕であると考えられ、証言は虚偽であると思われます。

「とっさにあご付近を触ったが、ケガはさせていない」

 

台東区浅草の新仲見世商店街、事件現場どこか判明

事件がおきたのは下記の場所だったようです。

地図で見ると幅がある程度あるように見えますが、店が開いていて人が多い状況では、かなり狭く感じると思われます。

スポンサーリンク




寺内正孝の顔画像や経歴、犯行の様子が防犯カメラに

名前:寺内 正孝
年齢:64歳
性別:男
職業:無職
住所:群馬県桐生市
罪状:傷害(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

 
当初、自転車がぶつかった際に寺内容疑者は、一緒にいた友人とともに立ち去ろうとするそぶりを見せましたが、10mほど歩きふいに振り返って女の子をにらみつけると、そのまま近づいていき、女の子のアゴの付近をつかんでち「のどわ」をしたような状態になったようです。

異変に気付き近づいてく中で友人は制止しようとしましたが、寺内容疑者はそれを振り払っての犯行であることから、害そうとする強固な意志があったと考えらえます。

友人と通行人の男性に引きはがされた寺内容疑者は、そのままその場を立ち去り、その後も別の友人と酒を飲んでいて浅草を出たのは午後9時頃だったとされています。

事件後、女の子と一緒にいた母親が110番通報して事件が発覚した際に女の子は首をねんざしていて、全治一週間と診断されていて、これにより警視庁浅草署は暴行ではなく、傷害事件として、捜査をしていました。

 
また、寺内容疑者は顔を自分の方に向けさせようとしたといった主張をして容疑を否認していますが、商店街の防犯カメラに、右手で「のどわ」をする様子が映っていたようです。

 

自転車のマナーについてネットでは争論も

事件とは別に、商店街など人が多い場所では自転車を降りるなどのマナーが求められますが、そうした行動をする人はあまりおらず、こうしたトラブルになることも多くあるようです。

また、、横断歩道や駐輪場でも降りて押して歩くことを言われていますが、守っている人の姿を見かけるほうがまれな状況、自転車側のマナー、ルールを守るように小さなころからの学びが必要とされています。

スポンサーリンク




小学生女児の首つかむ暴行、犯行にネットでは双方擁護の意見

確かに自転車に当てられたらイラッとはするけど、相手が謝ってるなら仕方ないと受け止めるべき…どれだけお酒を飲んでても謝ってる相手に危害を加えるのは絶対にしてはいけない!女の子は相当ショックだっただろうと思うし、今後自転車に乗りたくないとかにならないで欲しいですね…。女の子の取った行動は本当に素晴らしい事!謝れない人も多い世の中で、本当に素晴らしい事だと思うから、これからもその心を忘れずにいて欲しい!

トラウマになりますよ。私も小学生の頃、習い事の帰り自転車で信号を待っていたのですが、少し坂のようになっていて足をついて待っていてもずるずる後ろに下がってきてしまうので、元の位置まで戻ったところ、横に立っていた中年夫婦のおじさんの方に自転車を横蹴りされ倒れました。「信号無視しようとしたやろボケェ!」と怒鳴り散らされ、違いますと泣きながら言うとおばさんからは「正直に言いなさいよ。図太い子やな」と言われ…学校や名前も聞かれ、申し訳ありませんでしたと謝罪させられました。親には言えなかった。転んだと言った。私はそれ以来自転車乗れなくなりました。

新仲は自転車を乗っての通行を禁止にして欲しい!ROXの所からは自転車について書かれているが松屋側の方からや途中は何もないのでこの事件をきっかけに歩いての通行のみにして欲しい。

手を出した人が悪いのはもちろんだがいくら外国銀観光客が少なくなったとはいえ新仲見世商店街って平日でも結構人がいるのに自転車乗っていたとかその親子もどうかと思う。他の人も指摘しているようにぶつかってきたら警察呼んだ方が良いですね。歩いているときに危ない乗り方する人に遭遇するので気になりました。

人身事故で警察呼んだ方が合法的にダメージ与えられると思うよ。自転車だと自賠責保険も入ってないことが多いだろうからね。まあ、この爺さんの場合は怒りを発散できるきっかけがあれば良かったんだろうが。そして女子供にしか強く出れないタイプだろう。これが強面の兄ちゃんにぶつけられたならおとなしく引き下がったんだろうなあ。

商店街を我が物顔で走行する自転車の人って、危機管理とか持たないのかしら?!あくまで歩行者優先だし、自転車走行禁止してると思うのに。手を出したオッサンも悪いけど、禁止されているであろう商店街の自転車走行でぶつかった子どもと親に責任あるでしょ。