×
MENU
事件

【画像判明】寝屋川市立和光小学校校長の田中太が懲戒免職!名前や学校特定で飲酒運転は常習か

大阪府の教育委員会が7月29日に道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された、大阪府寝屋川市立小学校の男性校長(58)について懲戒免職処分にしたことを明らかにしました。

生徒だけでなく、教師の模範ともあるべき人物による悪質な犯行、逮捕された人物の名前や学校などが判明し、大きな注目を集めています。

寝屋川市立小学校校長が飲酒運転で逮捕・懲戒免職

2022年7月29日(金)に大阪府の教育委員会が発表した内容に驚きの声が上がっています。

その内容は、大阪府寝屋川市立小学校の男性校長(58)が、2022年6月9日に飲酒運転をして、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕され、懲戒免職処分されたことが発表されたため。

校長は当時、学校の勤務後に車で自宅への帰宅途中、大阪府摂津市内にあるパチンコ店に立ち寄り、スーパーやコンビニで買った500mlと350mlの缶ビール計4本を駐車場などで飲みました。

その後、午後10時20分頃にアルコールがまだ残っている状態で駐車場から車に乗って出たところ、パトカーに呼び止められて、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出されがことから現行犯逮捕されていました。

スポンサーリンク


寝屋川市立和光小学校の校長、田中太と判明

飲酒運転で現行犯逮捕され、懲戒免職となた校長について、寝屋川市立和光小学校の校長、田中太であったことが明らかになりました。

大阪府HPより

田中太元校長は、大阪の教育委員会の聞き取りに対して、2021年10月頃にも2度、飲酒運転をしたと説明をしており「深く反省している」と言葉のみの反省の弁を述べていました。

 
この事態を受けて寝屋川市の広瀬市長がTwitterで次のようなお知らせを出していました。

スポンサーリンク




寝屋川市立和光小学校はどこ?

田中太が元校長として勤務していたのは、寝屋川市立和光小学校でした。

寝屋川市立和光小学校:大阪府寝屋川市黒原橘町30−1

 

田中太 元校長の顔画像や経歴は?

田中元校長に関して判明してる情報は下記のもので、また顔画像についても色々と広報活動などの場に出ていたために残っていたようです。
⇒ 参考

名前:田中 太
年齢:58歳
性別:男
職業:公務員(元校長)
学校:寝屋川市立和光小学校
住所:不明
罪状:酒気帯び運転(3年以下の懲役か50万円以下の罰金)
処分:懲戒免職

逮捕された以前にも飲酒運転をしていたようですが、その際に逮捕されていたのかは不明で、そうした行動を繰り返していたことからも常習であった可能性は非常に高いと考えられます。

58歳、定年を間近で控えての懲戒免職処分、飲酒運転という人の命を奪うことになるような大きな犯罪を犯していることから、打倒ではあるものの、なぜそのような犯罪に行為に走ったのか?

スポンサーリンク




小学校校長の飲酒運転懲戒免職にネットでは擁護の声も

残業を月に100時間しても、1円ももらえない職業。若者がブラック認定し、だれも成り手にはならない職業。残業は膨大だが、それを懸命にこなしても、1円ももらえない職業。それが教職。それが校長。アル中にならない校長を生み出す努力が必要。結局は、国の対策が必要。

学校管理者が飲酒運転で逮捕、懲戒免職。このような場合、勤務していた職場の教職員も、教委からの事情聴取がなされたであろうことは十分推測できる。率先垂範すべき立場の人間がルールを守れなかった職場にいたという経歴が、在籍していた教職員のキャリアに影響が及ばないことを祈るのみです。

(1)懲戒免職は、退職金も出ないので、あまりに厳しすぎると思う。とくに、人身事故などで他人の命を奪ったわけではないのだから。(2)せめて、退職金は支給される諭旨免職が妥当と思う。審査請求(不服申し立て)をして、それでも懲戒免職が維持されるなら、取消訴訟を提起したらよいと思う。なにげに、認められる可能性は高いと思う。

飲酒運転を擁護している人物がいるのが正気を疑う。罰則が甘いからそうした事件を起こすし、結果的に被害が出ていないから~とか言っている時点で自分もするといっているようなもので、犯罪者予備軍の可能性が高くなる。万引き(窃盗・強盗)くらいで退学に~とか言っているモンペと同じ心理だろう。

飲酒運転で捕まるのはほんの氷山の一角では無いかと思います。どんな立場の人であれ飲酒運転は厳禁です。これをゼロにするには運転免許証取得者全員の自覚が必要不可欠・・しかし全員は不可能でしょう・・飲酒を検知するとエンジンがかからないようなシステムなど課題はたくさんありますが、そのような対策をしない限り飲酒運転はゼロにはならないと思います。

今の教育現場に昔の面影が無く、校長の立場は複雑で重圧だと思います。パチンコ店駐車場でビール飲んで飲酒運転逮捕とは、既にアル中で精神的に末期状態でしょう。コロナ禍より学校で学ぶだけでなくオンライン授業も増え、子供の学力も体力も低下し、校長に心労が絶えなかったと想像します。それでも飲酒運転だけは許されない行為であり、人身事故を未然に防いだパトロール巡回には感謝です。